https://にしてもサイトが保護されない原因と対処方法




https://にしてもサイトが保護されない原因と対処方法について実際に自分が体験しその後対処することができたので今回はその方法について解説していこうと思う。

もちろんhttps://にしても100%サイトの安全性が保障されるわけではないので悪しからず…。

https://にしてもサイトが保護されない状態とは?

上の画像を見て欲しい。

折角httpsにしたのに保護されていない状態になっていることが分かる。

実際はこのサイトのように

鍵付きのアドレスにしたい。

恐らくhttps化しているサイトの目指すところは鍵付きなわけだが、保護されていないと意味がない。
(!の状態で鍵付きだと勘違いしている人も存在する)

https化しているのに鍵付きにならない原因として以下の点が挙げられる。

・(サイトの引っ越しで)古い画像や内部リンクがhttp://のまま

商品リンク先のサイトがhttps化していない

ウィジェットやトップロゴ(記事内以外の部分)がhttps化していない

こんなところだろうか。

一つずつ解決していこう

記事内のhttpをhttpsに変換する

自分はSearch RegexというWPプラグインを使って変換した。

ここでは『http://』を『https://』にしたいわけだからそれぞれ上の画像のように入力する。

すると、記事中でhttp://になっている箇所が結構見つかる。

自分の場合は途中でサイトの引っ越しをしているので、前のアドレスが記事中に残っていたようだ。

Searchした後、問題なければReplace&Saveで置き換えが完了する。

Postcontent(記事内本文検索)の他にも

Comment author(コメントを書いた人の名前)
Comment content(コメント本文)
Post content(記事本文)
Post excerpt(記事抜粋)
Post meta value(記事のメタ情報)
Post title(記事タイトル)
Post URL(記事のパーマリンクURL)

で置き換え作業ができるので試してみると良い
(ここではPostcontentで十分)

置換を実行すると元に戻すことはできないので、必要であればバックアップを行った後で行うと良い。

これで大抵の場合鍵付きのアドレスになるはずなのだが実はもう一つ落とし穴がある。

ウィジェット、ロゴをhttps化する

自分の場合はここが落とし穴で気づくまでかなり時間がかかった。

実はSearch Regexではヘッダーのロゴ画像URLやサイドバー(ウィジェット)の画像URL、リンクURLは置き換えることはできない。

当サイトの場合

この3か所がhttp://のままだった。

ここは手動でhttp化に上書きする必要があるのだが注意が一つ。

自分のサイトの場合、タイトルロゴ画像をhttps://にするためには、同じ画像を再アップロードする必要があった。

ワードプレスのメディアのロゴ画像URLはすでにhttps://になっていても再アップロードしないと反映されない。

そこに気づくまでかなりの時間を要したので注意して欲しい。

特にサイトの引っ越し後http化した人に起こりがちな部分だ。

最後に

http化されていないサイトの検証はGooglechromeの場合F12キーを押して右下の部分のConsole部分で確認できる。

ここで検証していくと大抵の場合記事内以外の部分の画像やリンクURLヒットする。

後は手直ししていくだけだ。

今回のSearch Regex以外にロゴやウィジェットのURLもhttps化してくれるプラグインがあればそちらのほうが便利かもしれない。

今回の修正にはかなり時間がかかったがなるほど終わってみれば納得。

鍵付きのアドレスになった時の安堵と喜びは言うまでもない…。

最後にこの鍵付きURLにならない原因を解説したサイト自体が鍵付きになっていないのには笑った。

灯台下暗しという奴だろうか…。