家族4人が入院…この時期多い『毒草トリカブト誤食』に注意




この時期、特に多い『トリカブト誤食』のニュース。山菜を採る際は細心の注意を払ってください。なんでも食べれるわけではありません。

・秋田県横手市で


出典 amanaimages.com

秋田県横手市で今月23日、山菜をおひたしにして食べた家族4人が、しびれやめまいなどを訴えて入院した。
出典 おひたしに「トリカブト」家族4人がしびれで入院 秋田県 | ハザードラボ

23日夜、おひたしにして60代男性と80代女性に手のしびれやめまい、体がだるくなるなどの症状が出て横手市内の病院に搬送。
出典 横手、トリカブトで食中毒か 家族4人が入院|秋田魁新報電子版

翌24日朝に50代女性と90代男性も入院した。診察した医師が同日、トリカブトによる食中毒の疑いがあるとして、横手保健所に届けた。
出典 横手、トリカブトで食中毒か 家族4人が入院|秋田魁新報電子版

保健所の調査で山菜のなかに有毒のトリカブトが混じっていたことが判明し、食中毒だと断定した。
出典 おひたしに「トリカブト」家族4人がしびれで入院 秋田県 | ハザードラボ

・トリカブトとは?

美しい花を咲かせる毒草
出典 amanaimages.com

ドクウツギやドクゼリと並んで日本三大有毒植物の一つとされ、トリカブトの仲間は日本には約30種が自生している。
出典 トリカブト – Wikipedia

種類によって北海道に生息するもの、本州に生息するものなど様々です。山林によく生えている多年草で、木の陰や、高地の草原、沢筋などの湿気の多い場所に生えやすい
出典 綺麗な花には毒がある!トリカブトの2つの見分け方【画像付き】|YAMA HACK

全草が猛毒ですが、とりわけ根に毒が多く含まれ、この地に住まったアイヌ民族は、これを矢毒に使用して強大なヒグマに打ち勝ち、生態系の頂点に君臨してきました。
出典 日本三大毒草 [後編] トリカブト|東アジア植物記|読みもの|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

漢方では、トリカブトの母根を烏頭(うづ)、子根を附子(ぶし)と言い、鎮痛、抗リウマチ、強心作用があるとされています
出典 トリカブト

・似ている山菜があるため注意が必要

ニリンソウとトリカブトの新芽
出典 amanaimages.com

毎年春の山菜取りの季節には、「ニリンソウとトリカブトの新芽が似ているので注意」などというニュースが
出典 植物界最強の毒花・トリカブト。秋の散策では美しい花にご注意を!(tenki.jpサプリ 2016年10月12日) – 日本気象協会 tenki.jp

おひたしや和え物などにして食べるニリンソウに葉の形が大変似ている
出典 食べるな危険!山菜だと思ったらトリカブトだった…見た目がそっくりな毒草に注意 | 日刊SPA!

花がついているときにはトリカブトを見間違うことはないのですが、芽吹きの頃にはニリンソウ、セリ、ゲンノショウコなどと似ているため、山菜と間違えた中毒事故がよく起こります。
出典 トリカブト

日本三大毒草のドクウツギ、ドクゼリ、そしてトリカブトは、食用になる野山の幸たちと皆よく似ているのです。
出典 日本三大毒草 [後編] トリカブト|東アジア植物記|読みもの|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

・実は多いトリカブト誤食のニュース


出典 amanaimages.com

山形県は2日、同県鶴岡市の40歳代女性が有毒植物のトリカブトを誤って食べて、入院したと発表
出典 女性がもらった「野草」はトリカブト…呼吸困難に|ニフティニュース

県食品安全衛生課によると、女性は、知人からモミジガサとして譲り受けた野草を2日正午頃、おひたしにして食べた。その後、手足のしびれや呼吸困難などの症状を訴え、食中毒と判明
出典 女性がもらった「野草」はトリカブト…呼吸困難に|ニフティニュース

道食品衛生課によると、09~18年の過去10年間に道内で発生した有毒植物による中毒事例は16件。32人が下痢や嘔吐(おうと)などの中毒症状を訴え、うち8人が死亡した。
出典 山菜そっくり…有毒植物誤食に注意 死亡事故も毎年:北海道新聞 どうしん電子版

中毒死の要因となった植物はトリカブトが2人、イヌサフランが6人。
出典 山菜そっくり…有毒植物誤食に注意 死亡事故も毎年:北海道新聞 どうしん電子版

・イヌサフランとは?


出典 amanaimages.com

近年ガーデニング用として人気のあるが毒草のイヌサフラン
出典 食べるな危険!山菜だと思ったらトリカブトだった…見た目がそっくりな毒草に注意 | 日刊SPA!

葉及び球根に毒があります。
出典 イヌサフランによる食中毒に注意しましょう 新潟市

葉は開花後に出るため、春にギョウジャニンニクやギボウシ、山菜などとの誤食が起こります。
出典 イヌサフランによる食中毒に注意しましょう 新潟市

平成26年9月4日夜、静岡県の70代男性が、ギョウジャニンニクと間違って栽培していたイヌサフランを他の野菜と混ぜ自宅で煮物にして食べたところ、5日未明から吐き気や胃痛などの症状を訴え入院し、9日に死亡
出典 イヌサフランによる食中毒に注意しましょう 新潟市

・この時期、山菜を採る際は十分に注意が必要


出典 amanaimages.com

山菜摘みは春の楽しみ。独特の味わいがあり日本の食文化のひとつだと思いますが、自然は時として、恵みだけでなく恐ろしい牙をむくものでもあることを忘れないようにしなければなりません。
出典 日本三大毒草 [後編] トリカブト|東アジア植物記|読みもの|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

野草を採りに行く際の注意点は「専門家と一緒に行く。似ているものは採らない、食べない、譲らない」。
出典 食用そっくり「春の毒草」にご用心 (2019年4月23日) – エキサイトニュース(2/2)

夏場はキャンプなどアウトドアを楽しむ人も多く、軽い気持ちで「せっかくだし、山菜でも採ろう!」なんて思う人も多いはず。それが取り返しのつかない事故に繋がるケースもあるということをしっかり覚えておこう。
出典 食べるな危険!山菜だと思ったらトリカブトだった…見た目がそっくりな毒草に注意 | 日刊SPA!

「夏場はキャンプなどアウトドアで山に入る人も多く、そのついで山菜を採る人もいます。しかし、食用の山菜と葉の形状などが似ている毒草は多く、誤食による死亡事故は毎年のように起きています」
出典 食べるな危険!山菜だと思ったらトリカブトだった…見た目がそっくりな毒草に注意 | 日刊SPA!

山菜アドバイザーの荻田毅氏