全員救出に安堵…屋久島豪雨被害で新たに分かったこと




屋久島豪雨被害で全員の救出が確認されました。本当に良かった…。

・週末、屋久島を襲った豪雨


出典 amanaimages.com

降り始めからの総雨量が450mmを超えた屋久島
出典 屋久島観光協会「判断難しかった」 豪雨で登山客314人孤立 – FNN.jpプライムオンライン

平年の5月ひと月分に相当する記録的な大雨
出典 屋久島の土砂崩れ、取り残された登山客ら全員救助 TBS NEWS

気象庁は十八日夕、屋久島で一時間に約一二〇ミリの猛烈な雨が降ったとみられるとして「記録的短時間大雨情報」を発表した。
出典 東京新聞:屋久島大雨 登山者ら314人救出:社会(TOKYO Web)

・多くの登山客が孤立した


出典 amanaimages.com

この大雨で、登山客に人気のある縄文杉に通じるルートなど複数の場所で土砂崩れが発生
出典 屋久島の土砂崩れ、取り残された登山客ら全員救助 TBS NEWS

バスやタクシーが立ち往生して、あわせて314人が孤立状態となった。
出典 屋久島観光協会「判断難しかった」 豪雨で登山客314人孤立 – FNN.jpプライムオンライン

50年に一度の大雨で孤立…屋久島の被害に心配の声広がる – NAVER まとめ

・その後、全員救出が確認された


孤立314人、全て救助 屋久島の局地的大雨

登山者らは十九日、県警や地元消防団の救助活動を受けて全員が下山した。
出典 東京新聞:屋久島大雨 登山者ら314人救出:社会(TOKYO Web)

県は、救助した人数が計三百十四人になったと明らかにした。
出典 東京新聞:屋久島大雨 登山者ら314人救出:社会(TOKYO Web)

取り残された人の中には、捻挫や体調不良を訴える人もいたが、19日、警察や自衛隊が救助活動を行い、19日夕方までに全員が下山した。
出典 屋久島観光協会「判断難しかった」 豪雨で登山客314人孤立 – FNN.jpプライムオンライン

県警屋久島署で健康チェックを受けて、宿泊先などに戻った。
出典 屋久島孤立の登山者全員救助 徒歩やバスで下山 (2019年5月19日) – エキサイトニュース

・安堵の声が広がった

・「不満や不平を言う人はいなかった」


出典 amanaimages.com

18日午後4時ごろ、屋久島最高峰の宮之浦岳(1936メートル)からの下山中、雷雨に見舞われた。
出典 100人誘導、ザイルで一人ずつ 屋久島「経験したことない雨」 (2019年5月19日) – エキサイトニュース

ある登山客の話。

登山道に水が流れ込み「水のかさが膝下ぐらいまでになって歩けない状態になった」と振り返る。
出典 100人誘導、ザイルで一人ずつ 屋久島「経験したことない雨」 (2019年5月19日) – エキサイトニュース

別の登山客は?

荒川登山口のバスで車内泊したが「居合わせた方たちとお菓子やヌードルなどを分け合って食べ、不満や不平を言う人はいなかった」と言う。
出典 100人誘導、ザイルで一人ずつ 屋久島「経験したことない雨」 (2019年5月19日) – エキサイトニュース

男女3人のパーティーをガイドした満園茂さん(65)は「17年間ガイドをしているがこれだけの雨は経験したことがない」と語る。
出典 100人誘導、ザイルで一人ずつ 屋久島「経験したことない雨」 (2019年5月19日) – エキサイトニュース

・町は避難勧告を継続、復旧が急がれる


出典 amanaimages.com

町は、同島と口永良部島の全域六千六百六十七世帯一万二千四百三十一人に出した避難勧告を、この日も継続した。
出典 東京新聞:屋久島大雨 登山者ら314人救出:社会(TOKYO Web)

自衛隊や町の職員は20日朝から山に取り残された人がいないか確認することに
出典 https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000154928.html

鹿児島県の三反園訓知事は、県の防災ヘリで上空から現場を視察したあと、土砂崩れがあった県道を屋久島町の荒木耕治町長らと視察している。
出典 屋久島観光協会「判断難しかった」 豪雨で登山客314人孤立 – FNN.jpプライムオンライン

荒木町長との会談で三反園氏は「急いで対応する。(町と)連携しながら復旧に向けて全力で取り組む」と強調した。
出典 鹿児島知事が屋久島視察 – ロイター

・今後本州も本格的な雨シーズンが到来する


出典 amanaimages.com

毎年、6月から9月にかけて梅雨やゲリラ豪雨など、雨のなかを運転する機会が増えてきます。
出典 ゲリラ豪雨どう対処する? 多発する浸水被害の予防・事後対策の方法とは | くるまのニュース

一般的な梅雨時の雨であればそこまで心配はありませんが、ゲリラ豪雨による水没やクルマへの浸水被害が年々増えています。
出典 ゲリラ豪雨どう対処する? 多発する浸水被害の予防・事後対策の方法とは | くるまのニュース

「大雨特別警報」とは、数十年に1度の大雨が予想される地域に、重大な災害がすでに発生している、もしくは極めて危険な状況にある市町村に対して発表されるもの。
出典 もうすぐ雨のシーズン到来! 「豪雨災害」から命を守るには? | マイナビニュース

「本格的な雨のシーズンが始まる前に、あらためて大雨特別警報、大雨警報、大雨注意報や危険度分布の紫色の意味を再確認してください。大雨になったときは、最新の防災気象情報に注意し、警報が発表される前に安全な場所へ避難してほしい。1人でも多くの命を守ることができるよう、早め早めの行動を」
出典 もうすぐ雨のシーズン到来! 「豪雨災害」から命を守るには? | マイナビニュース

気象庁 予報部予報課 気象防災推進室長の大矢正克さん