ピエール瀧を逮捕!…コカインと覚せい剤はどう違う?




俳優でミュージシャンのピエール瀧がコカインを使用したとして、麻薬取締法違反の疑いで逮捕されました。ショッキングですね。覚せい剤とコカイン、効果も刑期も異なるその違いをまとめました。

・ピエール瀧がコカイン逮捕


出典 amanaimages.com

俳優でミュージシャンのピエール瀧こと、本名・瀧正則容疑者(51)が12日、コカインを使用したとして、麻薬取締法違反の疑いで関東信越厚生局麻薬取締部に逮捕されたことがわかった。
出典 【速報】ピエール瀧容疑者を逮捕 コカイン使用の疑い – FNN.jpプライムオンライン

電気グルーヴのメンバーとしてテクノポップに影響を及ぼし、近年は俳優として大活躍。
出典 ピエール瀧コカイン逮捕を「東スポ予言」新井浩文との関係、結婚、子どもは? | GJ

2013年には映画「凶悪」などでブルーリボン賞助演男優賞をはじめ数々の映画賞を受賞するなど、幅広い演技をこなす俳優として多くの作品に出演していた。
出典 ピエール瀧コカイン逮捕を「東スポ予言」新井浩文との関係、結婚、子どもは? | GJ

現在もオファーが多数ある状況での逮捕に、映画やテレビ、ラジオ業界の衝撃は計り知れないものがある
出典 ピエール瀧コカイン逮捕を「東スポ予言」新井浩文との関係、結婚、子どもは? | GJ

・「コカインを使用したことは間違いありません」


出典 www.gettyimages.com

麻薬取締部によると、任意同行を求めて尿検査を行った結果、陽性反応が検出された。
出典 ピエール瀧、コカイン使用疑いで逮捕「間違いありません」深夜に業界大混乱 – 最新芸能ニュース一覧 – 楽天WOMAN

調べに対し、瀧容疑者は、「コカインを使用したことは間違いありません」と容疑を認めているという。
出典 【速報】ピエール瀧容疑者を逮捕 コカイン使用の疑い – FNN.jpプライムオンライン

麻薬取締部は薬物を使用しているとの情報を基に、12日午後、瀧容疑者の自宅や車の家宅捜索を実施。
出典 ピエール瀧、コカイン使用疑いで逮捕「間違いありません」深夜に業界大混乱 – 最新芸能ニュース一覧 – 楽天WOMAN

携帯電話を押収しており、通信記録などから入手経路や過去の使用状況などを調べる。
出典 ピエール瀧、コカイン使用疑いで逮捕「間違いありません」深夜に業界大混乱 – 最新芸能ニュース一覧 – 楽天WOMAN

・突然の逮捕一報にTwitterでは?

・コカインとはこんな麻薬


出典 www.gettyimages.com

コカの木に含まれるアルカロイドで、局所麻酔薬として用いられ、また精神刺激薬にも分類される。
出典 コカイン – Wikipedia

コカインを摂取(内服、静脈注射)した場合、中枢神経興奮作用によって快感を得て、一時的に爽快な気分になることがある。
出典 コカイン – Wikipedia

乱用する場合には、鼻粘膜からの吸引のほか、経口による方法が用いられます。
出典 薬物別―コカイン | 覚せい剤,大麻などの薬物で逮捕されてしまった方は刑事事件のみを扱う「弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所」へお任せください。

・覚せい剤とコカインの違い


出典 www.gettyimages.com

コカインは、覚醒剤に比べて、効果の持続時間が30分程度と短い
出典 薬物別―コカイン | 覚せい剤,大麻などの薬物で逮捕されてしまった方は刑事事件のみを扱う「弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所」へお任せください。

似たような効果のある覚醒剤はピークこそなだらかなものの、効果自体は数時間続く
出典 コカインと覚醒剤を併用すると即死!? 最強アッパードラッグ「コカイン」の中毒性を解説【ググっても出ない毒薬の手帳】

覚醒剤については覚せい剤取締法
出典 麻薬及び向精神薬取締法 – Wikipedia

コカインは?

コカインやヘロインなどの麻薬や、向精神薬と呼ばれる薬物は、「麻薬及び向精神薬取締法」という法律で禁止されている違法薬物
出典 麻薬及び向精神薬取締法とは?薬物所持で警察に逮捕された際の処罰と解決の流れ|ベリーベスト法律事務所 那覇オフィス

・刑期の違いは?


出典 amanaimages.com

覚せい剤取締法は、覚せい剤(フェニルアミノプロパン、フェニルメチルアミノプロパン)の所持、使用、譲渡、譲受を禁止しており、これに違反する場合は刑罰が科せられる
出典 覚せい剤取締法違反での逮捕と刑期 – 弁護士ドットコム

営利目的なく所持・利用した場合、初犯であれば、懲役1年6か月程度で執行猶予が3年というのが量刑相場
出典 覚せい剤取締法違反での逮捕と刑期 – 弁護士ドットコム

コカインやMDMAなどの麻薬を所持・譲渡し・譲受け・使用等した場合,1月以上7年以下の懲役に,営利目的で行った場合,1年以上10年以下の懲役または1年以上10年以下の懲役及び1万円以上300万円以下の罰金に,それぞれ処せられます(麻薬及び向精神薬取締法66条)。
出典 神奈川の麻薬事件に強い弁護士|横浜駅徒歩5分の末原刑事法律事務所

法定刑自体が「10年以下の懲役」等と重めでも、最終的に言い渡される懲役が3年以下になれば、執行猶予をつけることができます。
出典 【薬物】麻薬及び向精神薬取締法違反のすべてを徹底解説|その意味・時効・懲役とは?