原作者も皮肉?!…賛否両論は想定内のドラマ「この世界の片隅に」

2020年10月28日




舞台設定などの原作、映画との違いが話題のTBSドラマ「この世界の片隅に」。原作者こうの史代氏の書き込みが注目を集めています。

・現在オンエア中のドラマ「この世界の片隅に」


出典 www.amazon.co.jp

女優の松本穂香が主演を務める連続テレビドラマ『この世界の片隅に』(TBS系)
出典 『この世界の片隅に』あまりに良作すぎて「精神崩壊しそう」「戦争怖い」と視聴率苦戦か | ビジネスジャーナル

原作は累計130万部を突破した、こうの史代の同名マンガ。
出典 『この世界の片隅に』Pインタビュー「賛否両論は想定内」原作にはない現代パートの狙い | ORICON NEWS

主人公・すずを演じる松本穂香の演技力や、どことなく漂う“朝ドラ”感などが評価され、初回の平均視聴率10.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)からさほど視聴率を落とさず、最新話の第4話は9.2%。
出典 ネット絶賛『この世界の片隅に』、視聴率キープの理由は細やかな演出と原作リスペクト?|ニフティニュース

ドラマの舞台となっている広島地区では初回から第3話まで20%の大台をキープしていた。
出典 ネット絶賛『この世界の片隅に』、視聴率キープの理由は細やかな演出と原作リスペクト?|ニフティニュース

・第3話以降の二階堂ふみの演技が話題に


出典 www.amazon.co.jp

松本穂香演じるヒロインのすずと浅からぬ縁で結ばれた広島県・呉の遊女リンが大人になって初めて出会うシーン
出典 二階堂ふみ「この世界の片隅に」の遊女役が艶気ダダ漏れ状態! – アサジョ

リンを演じる二階堂ふみの美しさを絶賛するコメントが多数寄せられた。
出典 二階堂ふみ「この世界の片隅に」の遊女役が艶気ダダ漏れ状態! – アサジョ

アニメ版のリンと比較して「ドラマの二階堂ふみはそれを上回った」という賛辞までがタイムラインを踊る。
出典 二階堂ふみの遊女リンに“アニメを超えた”と絶賛の声も…「この世界の片隅に」4話 | cinemacafe.net

すずとの会話のなかで母の死の事など自らの過去を語るなかでみせる憂いや悲しげな表情に「演技うますぎて見てるこっちがつらいよ」「二階堂ふみさんが出てきて、物語が急にしっとりし始め みんなが面白いというのがようやく実感」といった感想も。
出典 二階堂ふみの遊女リンに“アニメを超えた”と絶賛の声も…「この世界の片隅に」4話 | cinemacafe.net

・Twitterでも盛り上がっている

・そんな中、原作者のこうの史代さんがネットでコメントした


出典 www.amazon.co.jp

放送当初から原作漫画との違いが指摘されている実写ドラマ版に対し、こうの史代氏のファンが集まり本人も「こうの史代」として月に1回ほど投稿しているとみられるネット掲示板にコメントが投稿された。
出典 「この世界の片隅に」原作者・こうの史代氏がTVドラマ版に皮肉コメント 「六神合体ゴッドマーズよりは原作に近い」|BIGLOBEニュース

「わたしはいちおう毎回、脚本を見せて貰ってチェックしているのですが、直してもらえるとは限らないみたいです。まあ、脚本の岡田さんがどう展開させたいかはわからないので、あんまり強くは言っていません」と、原作者としてのドラマ版との距離を明らかにした。
出典 ドラマ『この世界の片隅に』原作者こうの史代も言及 ファンに広がる懸念とは? – KAI-YOU.net

原作からの改変についても言及。「でも大丈夫…『六神合体ゴッドマーズ』よりは原作に近いんじゃないかな!?」とコメントした。
出典 「この世界の片隅に」原作者・こうの史代氏がTVドラマ版に皮肉コメント 「六神合体ゴッドマーズよりは原作に近い」 | ニコニコニュース

「ほぼアニメオリジナル作品」とも呼ばれるほどの作品となっている。「『六神合体ゴッドマーズ』よりは原作に近い」とすると、大半の映像化が当てはまることになるが、今回のコメントはこうの氏にできる精一杯の皮肉かもしれない。
出典 「この世界の片隅に」原作者・こうの史代氏がTVドラマ版に皮肉コメント 「六神合体ゴッドマーズよりは原作に近い」 | ニコニコニュース

・スペシャルサンクスを巡っても議論を呼んでいた


出典 www.aflo.com

丁寧な作品作りが魅力で、視聴率的にも健闘中の本作だが、かねてからのファンの中には「special thanks to問題」で衝撃を受けた人も少なくなかったよう。
出典 松本穂香主演『この世界の片隅に』、「special thanks to問題」などで脱落者が急増か|ニフティニュース

これはのんを主人公役に迎え、大ヒットした同名アニメ映画の公式ツイッターが24日にツイートしたことを発端に起きている騒動。
出典 松本穂香主演『この世界の片隅に』、「special thanks to問題」などで脱落者が急増か|ニフティニュース

アニメ映画版の『この世界の片隅に』製作委員会をスペシャルサンクスとしてクレジットしたところ、7月24日にアニメ映画版の公式Twitterで「当該ドラマの内容・表現等につき、映画に関する設定の提供を含め、一切関知しておりません」という否定が表明
出典 ドラマ『この世界の片隅に』原作者こうの史代も言及 ファンに広がる懸念とは? – KAI-YOU.net

スペシャルサンクスは直接的な協力関係にはなくても謝辞を表明するために使用されることもあるため、原作を同じくする作品同士でのクレジットを巡る異例の表明は、大きな注目を集めた。
出典 ドラマ『この世界の片隅に』原作者こうの史代も言及 ファンに広がる懸念とは? – KAI-YOU.net

・プロデューサーによると賛否両論は想定内とのこと


出典 www.amazon.co.jp

周作とすずのラブラブな様子に続いて、第2話のエンディングは賛否両論を呼んでいる現代編に。
出典 原作&アニメ版とは別人のすずだが、これはあり!? 戦艦大和の入港に歓喜『この世界の片隅に』第2話|ニフティニュース

連ドラ版は現代を生きる佳代の居場所さがしの物語を、すずの成長譚と重ね合わせながら同時進行していくことに
出典 原作&アニメ版とは別人のすずだが、これはあり!? 戦艦大和の入港に歓喜『この世界の片隅に』第2話|ニフティニュース

「賛否両論の反応があることは想定内でしたが、原作を読んだことがない方も映画をご覧になっていない方にも面白がってもらいながら、違った切り口のものにしたいと、企画を立ち上げた時から散々考えました。」
出典 『この世界の片隅に』Pインタビュー「賛否両論は想定内」原作にはない現代パートの狙い | ORICON NEWS

「原作を忠実にしつつも、時制を入れ替えたり、足したり引いたり。ドラマでは二階堂ふみさん演じる「りん」を丁寧に描いていき、尾野真千子さんの「径子」も膨らませたいと思っています」
出典 『この世界の片隅に』Pインタビュー「賛否両論は想定内」原作にはない現代パートの狙い | ORICON NEWS

・物語は佳境へ


『この世界の片隅に』8/12(日) #5 激化する戦況…壊れ始める かけがえのない日々【TBS】

来週放送の第5話では、軍艦に乗っているはずの水原哲(村上虹郎)がすずの前に現れる。
出典 『この世界の片隅に』遊女役・二階堂ふみに「エロすぎる」「色気ヤバい」の声|ニフティニュース

今晩泊めて欲しいと言い出す哲に対し、周作は以前会ったことを思い出すものの、自分が知らないすずの過去を哲が話すのを聞き不機嫌になり…という展開
出典 『この世界の片隅に』遊女役・二階堂ふみに「エロすぎる」「色気ヤバい」の声|ニフティニュース

8月15日の終戦記念日を直前に控えた次週の第5話では、すずにどんな運命が待っているのでしょうか。
出典 現代篇なしでも違和感ないが、予告に大物女優!! すずが闇墜ちする『この世界の片隅に』第4話|ニフティニュース

第1話~2話を様子見していた劇場アニメ版のファンは去ったかもしれませんが、ここからジワジワと新しい視聴者を増やしていきたいところ
出典 現代篇なしでも違和感ないが、予告に大物女優!! すずが闇墜ちする『この世界の片隅に』第4話|ニフティニュース

あらすじ|TBSテレビ:日曜劇場『この世界の片隅に』