インフレ率なんと100万%…「ベネズエラ」で何が起こってる?




国際通貨基金(IMF)の高官が明かしたベネズエラが2018年末までにインフレ率100万%になる予想。単純に考えると10円で買える物が1000万円になるということなので異常事態ですね。

・「ベネズエラ」のインフレ率が100万%になるという


出典 amanaimages.com

国際通貨基金(IMF)の高官は23日、ベネズエラのインフレ率は2018年末までに100万パーセントを突破するとの見通しを示した。
出典 ベネズエラのインフレ率、2018年末までに100万%に=IMF | ロイター

ワーナー西半球局長は、IMFのブログで「ベネズエラのインフレ率は2018年末までに100万パーセントを突破し、1923年のドイツや2000年代末のジンバブエのような状況になる」と指摘
出典 ベネズエラのインフレ率、2018年末までに100万%に=IMF – ITmedia ビジネスオンライン

野党が主導する議会の集計によると、ベネズエラの消費者物価は、今年6月までの12カ月間に4万6305%上昇した。
出典 コラム:トランプ氏の対イラン制裁、強硬姿勢は口先だけか | ロイター

・このニュースは日本でも話題に

・インフレ率とは?


出典 amanaimages.com

インフレーション(英語: inflation)とは、経済学においてモノやサービスの全体の価格レベル、すなわち物価が、ある期間において持続的に上昇する経済現象
出典 インフレーション – Wikipedia

インフレ率とは、去年に比べてどれくらいインフレになったかをあらわした指数です。去年と変わらない場合はインフレ率は0パーセント
出典 インフレ率とは

単に「物価」と言っても、インフレ率を算出する際に用いる物価の種類は複数あります。消費者物価指数、企業物価指数、小売物価指数などがありますが、経済全体のインフレ率としてはGDPデフレーターを使用することが多い
出典 インフレ率とは?インフレを正しく分析するための基準とインフレ率の推移 – 経済・政治 – みんなのお金ドットコム | お金のコトをもっと身近に

米国2.2%、ドイツ1.5%、日本0.1%。これらは5月のコアインフレ率(食料とエネルギーを除いた消費者物価指数の前年同月比)を主要国で比較したもの
出典 日本のインフレ率が世界で段違いに低い5つの理由 | 金融市場異論百出 | ダイヤモンド・オンライン

・ベネズエラの最近の歴史


出典 www.gettyimages.com

かつて南米でもっとも裕福な国の1つだったベネズエラは、マドゥロ政権下で経済が崩壊
出典 アングル:代金は魚、超インフレのベネズエラで蘇る「物々交換」 | ロイター

2014年の原油価格急落を受けて補助金や物価統制といった社会主義的システムの維持が困難となり、経済が悪化
出典 ベネズエラのインフレ率、2018年末までに100万%に=IMF – ITmedia ビジネスオンライン

原油埋蔵量が世界一なのに工場が操業停止されたりして原油生産できていない状況
出典 ベネズエラの仮想通貨「ペトロ」を取り巻く状況と上場取引所決定 | 貯金1000万を仮想通貨に換えた男のブログ

2015年から2017年にかけて人口の3%にあたる100万人近くが国外に脱出した。
出典 アングル:代金は魚、超インフレのベネズエラで蘇る「物々交換」 | ロイター

・その後も増え続ける難民


出典 www.gettyimages.com

国境を接する北部ロライマ州で今年1~6月の間に記録されたベネズエラ人による難民申請は1万6523件に上った。この数は、急増した昨年の申請件数(1万3583件)をすでに上回っている
出典 ベネズエラ人の難民申請 年初から6カ月で昨年上回る=ロライマ州 – サンパウロ新聞

15年から16年にかけては、生活物資購入のため国境を越え、再び自国へ戻っていたが、17年からはより良い生活を求めて同州へ移り住むようになった。そして現在では、同州を通過点とする移住者という新たな性質をもちつつあるという。
出典 ベネズエラ人の難民申請 年初から6カ月で昨年上回る=ロライマ州 – サンパウロ新聞

経済破綻の危機に対してベネズエラ政府はなんと、原油埋蔵量を裏付けとした仮想通貨「ペトロ」を政府発行する、という奇策を始めます。
出典 ベネズエラ政府による奥の手・仮想通貨「ペトロ」、早速アメリカでは購入不可に | ギズモード・ジャパン

・仮想通貨ペトロではこんな計画も

救世主になれるか
出典 www.aflo.com

ベネズエラでは、仮想通貨ブームが起こっており、今年のビットコイン取引は大幅に増加している。
出典 経産省:ブロックチェーンの社会実装を調査、治験データや自治体の資金調達のユースケース検討 | Cointelegraph

Crypto Tendenciaによると、ベネズエラ政府で住宅担当大臣を務めるIldemaro Villarroel氏は政府がホームレス向けの住宅建設に際し、自国の仮想通貨ペトロで金銭的な支援をすることを予定していると明かしました。
出典 ベネズエラ政府がホームレス向け住宅の建設資金を仮想通貨ペトロで支援

このプロジェクトで政府は同国のホームレスに対し、高品質な住宅へのアクセスを容易にすることを目的
出典 ベネズエラ政府がホームレス向け住宅の建設資金を仮想通貨ペトロで支援

GMVVのウェブサイトによれば、政府はこれまでに200万戸以上を完成させている。
出典 ベネズエラ、ホームレス向け住宅に仮想通貨ペトロで資金供給 | Cointelegraph

ペトロの将来には米国、ロシア、インド、中国などの大きな経済母体からの支持・反対や、国内での反政府活動など様々なファクターが関係してくるので、今後の進展に要注目
出典 ペトロってどうなったの?ベネズエラの仮想通貨事情を時系列で全部解説! | CRYPTO TIMES [クリプトタイムズ]