美女4000人に貢いだ!?…『紀州のドンファン』とはどんな人物?




先月亡くなった『紀州のドンファン』こと野崎幸助さんについてまとめました。

・先月亡くなった『紀州のドンファン』こと野崎幸助さん


出典 www.aflo.com

野崎幸助氏が24日夜、和歌山県田辺市の自宅で亡くなった。
出典 愛した女性4000人 “紀州のドン・ファン”野崎幸助氏が急逝|日刊ゲンダイDIGITAL

野崎氏は10代からビジネスに勤しみ、金融や不動産で成功。
出典 他殺?女性遍歴4000人、紀州のドンファン遺体から覚醒剤…もうすぐ犯人逮捕 !? | ATLAS

50億円もの資産を持つ立志伝中の人物であり、田辺市では有名な富豪であった。
出典 他殺?女性遍歴4000人、紀州のドンファン遺体から覚醒剤…もうすぐ犯人逮捕 !? | ATLAS

・野崎幸助さん略歴


出典 www.aflo.com

野崎氏は、1941年、和歌山県田辺市に7人きょうだいの3男坊として生まれる。
出典 「紀州のドンファン」その壮絶人生を辿る(現代ビジネス編集部) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

地元の中学を卒業後、すぐに働きに出る。
出典 「紀州のドンファン」その壮絶人生を辿る(現代ビジネス編集部) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

酒造メーカー訪問販売員、金融業など様々な商売を手掛け
出典 「紀州のドンファン」その壮絶人生を辿る(現代ビジネス編集部) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

裸一貫で億単位の財を成す。
出典 紀州のドン・ファン / 野崎 幸助【著】 – 紀伊國屋書店ウェブストア

平成28年2月、50歳下の愛人に6000万円を盗まれたとしてワイドショーなどで話題に。
出典 紀州のドン・ファン / 野崎 幸助【著】 – 紀伊國屋書店ウェブストア

・遺体からは致死量を超える覚醒剤成分が見つかった


出典 www.gettyimages.com

野崎さんは5月24日の夜10時ごろ、自宅2階の寝室の椅子の上で亡くなっていた。
出典 野崎幸助氏の怪死事件 殺人事件などを担当する捜査1課が手を引く? – ライブドアニュース

遺体からは致死量を超える覚醒剤成分が見つかり、警察が捜査に乗り出す事態となっている。
出典 http://www.news-postseven.com/archives/20180603_689203.html

第一発見者の妻だけでなく、野崎さんの会社の従業員6人全員が警察に呼ばれ、尿検査をされ、腕などに注射痕がないか調べられている。
出典 野崎幸助氏の怪死事件 殺人事件などを担当する捜査1課が手を引く? – ライブドアニュース

県警は覚醒剤と野崎さんの死との関連の捜査を急ぐ。
出典 野崎幸助さん急死の謎 元刑事が事故死を装った可能性を指摘 – ライブドアニュース

・Twitterでは「紀州のドンファン」というネーミングが話題に

・『紀州のドンファン』と呼ばれた理由


『アメト――ク!』の読書芸人の回で、東野幸治氏が紹介したことも手伝って、5万部越えのベストセラー
出典 www.amazon.co.jp

ドンファンとはもともと17世紀のスペインにおける伝説上の遊び人
出典 ドンファン(どんふぁん) – 日本語俗語辞書

ドン・フアン・テノーリオ(Don Juan Tenorio)のことで、プレイボーイの代名詞として使われる。
出典 ドン・ファン – Wikipedia

野崎さんはプレイボーイとして知られ、4000人の女性に30億円を貢いだとも公言。
出典 死亡した紀州のドン・ファンこと野崎幸助氏 デヴィ夫人に求婚していた – ライブドアニュース

そのエピソードは著書にも書かれている

2月には、55歳年下の22歳女性と3度目の結婚を果たした。
出典 死亡した紀州のドン・ファンこと野崎幸助氏 デヴィ夫人に求婚していた – ライブドアニュース

・デヴィ夫人は結婚を申し込まれていたという


出典 www.aflo.com

タレントのデヴィ夫人(78)が3日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)にVTR出演。
出典 死亡した紀州のドン・ファンこと野崎幸助氏 デヴィ夫人に求婚していた – ライブドアニュース

デヴィ夫人は野崎さんと一緒に旅行に行くほど仲が良かったという。
出典 死亡した紀州のドン・ファンこと野崎幸助氏 デヴィ夫人に求婚していた – ライブドアニュース

番組スタッフから「口説かれたことはなかったのか?」と質問があると、デヴィ夫人は「私は最初に会った時、すぐに結婚を申し込まれました」と振り返っていた。
出典 死亡した紀州のドン・ファンこと野崎幸助氏 デヴィ夫人に求婚していた – ライブドアニュース

「非常に健康を気にしていらっしゃる。タバコも吸われないし。毎日お散歩は(愛犬の)イブちゃんとしてましたし、そんな方の身体から覚醒剤が大量に発見されるなんて、もう驚きの驚きであり得ないことですね」と語った。
出典 デヴィ夫人、“紀州のドン・ファン”から求婚されていた…「会ってすぐ」 | マイナビニュース