ブラックペアンで注目…『治験コーディネーター』の仕事




高視聴率で推移しているブラックペアンで、治験コーディネーターという仕事が注目されています。どんな仕事なのでしょうか。

・ブラックペアンの第6話が放送された


出典 www.amazon.co.jp

5月27日に連続ドラマ『ブラックペアン』(TBS系)の第6話が放送された。
出典 ドラマ「ブラックペアン」加藤綾子の出演増加で批判も増加(2018年5月28日)|ウーマンエキサイト

第6話は主人公の医師である渡海征司郎(二宮和也)の母の晴江(倍賞美津子)が病院近くを訪れ、加藤の演じる木下香織らと会食するが、晴江が倒れてしまうシーンから始まった。
出典 ドラマ「ブラックペアン」加藤綾子の出演増加で批判も増加(2018年5月28日)|ウーマンエキサイト

黒崎(橋本さとし)の緊急手術で腫瘍は取り除かれ危機を脱するが、術後の検査で一部見落としがあり腫瘍がまだ残っていたことが発覚
出典 二宮和也主演『ブラックペアン』第6話は13.0% 渡海の母が手術 | ニコニコニュース

・視聴率も安定、好調をキープしている


出典 amanaimages.com

視聴率は初回13.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)、第2話12.4%、第3話12.1%、第4話13.1%、第5話13.4%と好調を維持
出典 「もはや水戸黄門」『ブラックペアン』先が読める展開に呆れる視聴者続出|サイゾーウーマン

そして6話も?

平均視聴率が13.0%だったことが28日、わかった(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。
出典 二宮和也主演『ブラックペアン』第6話は13.0% 渡海の母が手術 | ニコニコニュース

・視聴者の評価も高い

・そんなブラックペアンのある仕事が話題になっている


出典 www.amazon.co.jp

「ブラックペアン」(TBS系)に、元フジテレビでフリーアナのカトパンこと加藤綾子が元看護士の治験コーディネーター役で女優として出演している。
出典 女優・加藤綾子のブッキングを水面下で強力サポートする業界関係者がいた!?|ニフティニュース

劇中では、治験コーディネーターの木下香織(演:加藤綾子)が主人公の外科医・渡海征司郎(演:二宮和也)に協力する姿が描かれます。
出典 ドラマ「ブラックペアン」の治験コーディネーター 「現実と全く違う」「侮辱」と日本臨床薬理学会がTBSに抗議 – ねとらぼ

1話では医者とフレンチ料理に向かい、2話では内野聖陽演じる佐伯清剛教授と高級天ぷら楽しむなど、高級飲食店で接待するシーンが放送された。
出典 デザート 公式ブログ – 「ブラックペアン」現実と乖離した「治験コーディネーター」の描写を巡り抗議 日本臨床薬理学会「ドラマの演出上という言葉で片付けられない」 – Powered by LINE

3話でも治験コーディネーターが渡海に大金を手渡すシーンがあった。
出典 加藤綾子に「愛人感がスゴい」の声も | ビジネスジャーナル

・治験コーディネーターとはこんな仕事


出典 www.amazon.co.jp

開発された薬が現場でも有用かつ安全かどうか確認するため、事前に人へ治療も兼ねて行う臨床試験を「治験」といいます。
出典 ドラマ「ブラックペアン」の治験コーディネーター 「現実と全く違う」「侮辱」と日本臨床薬理学会がTBSに抗議 – ねとらぼ

治験コーディネーターとは、薬の有効性や副作用などを調べるための臨床試験で、医療機関や製薬会社、被験者との間を取り持ちコーディーネートする専門職。
出典 デザート 公式ブログ – 「ブラックペアン」現実と乖離した「治験コーディネーター」の描写を巡り抗議 日本臨床薬理学会「ドラマの演出上という言葉で片付けられない」 – Powered by LINE

治験が円滑に安全に行われるように、さまざまなサポートを行うことを目的としている。
出典 デザート 公式ブログ – 「ブラックペアン」現実と乖離した「治験コーディネーター」の描写を巡り抗議 日本臨床薬理学会「ドラマの演出上という言葉で片付けられない」 – Powered by LINE

日本にCRCが導入されたのは、1997年頃に治験の進め方を国際基準に合わせて厳格化した「新GCP(Good Clinical Practice)」と呼ばれる「医薬品の臨床試験の実施に関する基準」が法制化されたのがきっかけ
出典 薬理学会が抗議し物議醸す ドラマ「ブラックペアン」の問題点は – ライブドアニュース

・5月7日には「日本臨床薬理学会」からこんな抗議文が


出典 www.amazon.co.jp

5月7日に、「日本臨床薬理学会」から「あまりに実像からかけ離れている」などと、TBSの武田信二社長と番組宛てに“抗議文”が送られた。
出典 「カトパン」見せ場作りで「ブラックペアン」にケチ 学会から抗議 | デイリー新潮

カトパンのCRCは医師を高級レストランで接待したり、被験者に渡す交通費名目の負担軽減費が本当は1万円にも満たないのに、300万円だったりとあり得ないことばかり
出典 「カトパン」見せ場作りで「ブラックペアン」にケチ 学会から抗議 | デイリー新潮

治験コーディネーターはあくまで(企業ではなく)医療機関側の人材であること、また負担軽減費を患者に手渡すことはあっても、1回あたりに交通費と軽い昼食代に相当する7000~8000円程度がほとんどで、多額の負担軽減費で患者を治験に誘導することは厳に戒められていると指摘。
出典 薬理学会も抗議 ドラマ「ブラックペアン」の何がそんなに問題なのか? | 文春オンライン

「これらのことは、ドラマの演出上という言葉で片付けられないと私たちは考えます。日々、患者様に真摯に対応しているCRC達が、医師達に高額の接待を行い、患者様に多額の負担軽減費を支払っていると誤解されることはCRCを認定している学会として残念でなりません」
出典 薬理学会も抗議 ドラマ「ブラックペアン」の何がそんなに問題なのか? | 文春オンライン

ある現役医師は?

・この件については様々な意見が上がる

・ドラマの公式サイトでは?


出典 www.amazon.co.jp

ドラマの公式サイトでは「演出上、登場人物の行動は、治験コーディネーターの本来の業務とは異なるものも含まれています」「演出上、治験をめぐり、多額のお金が動いています」と注意書きがありますが、学会は「これらのことは、ドラマの演出上という言葉で片付けられない」と説明。
出典 ドラマ「ブラックペアン」の治験コーディネーター 「現実と全く違う」「侮辱」と日本臨床薬理学会がTBSに抗議 – ねとらぼ

一方で?

日本民間放送連盟の放送基準では「医療や薬品の知識および健康情報に関しては、いたずらに不安・焦燥・恐怖・楽観などを与えないように注意する」とある。
出典 侮辱だ!二宮和也主演「ブラックペアン」に日本臨床薬理学会が猛抗議 – アサジョ

・注目の第7話では治験コーディネーター香織の過去が明らかに


日曜劇場『ブラックペアン』第7話 6/3(日)放送 30秒ver【TBS】
出産後初ドラマとなる相武紗季が出演

本格的女優復帰となる相武が演じるのは、東城大付属病院の入院患者・山本祥子。加藤綾子演じる木下香織の元同僚看護師
出典 相武紗季『ブラックペアン』で出産後初ドラマ 加藤綾子の元同僚看護師に|BIGLOBEニュース

「加藤(綾子)さん演じる香織の過去が少し明らかになる話なので、香織さんの感情の変化を楽しんで見て頂けたら幸いです」と呼びかける。
出典 相武紗季『ブラックペアン』で出産後初ドラマ 加藤綾子の元同僚看護師に|BIGLOBEニュース

さらに同じく第7話に、帝華大の医局員・武田秀文役で、「キングオブコント2014」優勝のお笑い コンビ・シソンヌの長谷川忍の出演も
出典 「ブラックペアン」相武紗季が出産後ドラマ初出演 | ドワンゴジェイピーnews – 最新の芸能ニュースぞくぞく!

後半に突入し、さらに盛り上がりを見せる『ブラックペアン』第7話、是非期待してほしい。
出典 「ブラックペアン」相武紗季が出産後ドラマ初出演 | ドワンゴジェイピーnews – 最新の芸能ニュースぞくぞく!

第7話のあらすじ|TBSテレビ:日曜劇場『ブラックペアン』