イタリアが出場できず…サッカーW杯予選で起こっている波乱




サッカーロシアW杯予選で起こっている波乱。イタリア、オランダが揃って敗退。世代交代と若手育成の失敗が如実に現れた国が壁を破れず。合わせて、ベテラン勢が次々と代表引退を表明しています。

・W杯最終予選でイタリアが出場を逃した

まさか…。
試合終了後崩れる選手たち
出典 www.aflo.com

来年のサッカーワールドカップ、ロシア大会の出場をかけたヨーロッパ予選のプレーオフで13日、イタリアがスウェーデンとの第2戦に0対0で引き分け
出典 サッカーW杯 イタリアが60年ぶりに出場逃す | NHKニュース

スウェーデンにとっては3大会ぶりのワールドカップ出場。
出典 W杯優勝4回イタリアがまさかの敗退…スウェーデンの前に沈む/ロシアW杯欧州プレーオフ | Goal.com

一方、イタリアは史上初となる14大会連続の出場とはならなかった。
出典 W杯優勝4回イタリアがまさかの敗退…スウェーデンの前に沈む/ロシアW杯欧州プレーオフ | Goal.com

W杯出場を逃すのは1958年以来。
出典 【サッカーW杯欧州予選】イタリアが60年ぶり出場逃す スウェーデンとホームで引き分ける プレーオフ第2戦 – 産経ニュース

・序盤から猛攻を仕掛けたが及ばず…。

スウェーデンはほぼ全員を自陣に引き守備を固めた
出典 www.aflo.com

アウェーでの第1戦を0-1で落としていたイタリアは、果敢に攻めた
出典 イタリア60年ぶりW杯予選敗退 プレーオフ敗れる – 海外サッカー : 日刊スポーツ

前半40分には、ディフェンダーの裏を狙ったスルーパスからフォワードのチロ・インモービレ選手のシュート
出典 サッカーW杯 イタリアが60年ぶりに出場逃す | NHKニュース

0対0で折り返した後半8分には、ミッドフィルダーのアレッサンドロ・フロレンツィ選手が豪快なボレーシュート
出典 サッカーW杯 イタリアが60年ぶりに出場逃す | NHKニュース

ほぼ全員を自陣に引き守備を固めたスウェーデンに対し、ゴールを割ることができす、スコアレスドローで終戦した。
出典 イタリア60年ぶりW杯予選敗退 プレーオフ敗れる – 海外サッカー : 日刊スポーツ

・まさかのイタリア敗退に日本でも?

ブッフォン代表引退と合わせてこんな感想が…。
出典 www.aflo.com

・実は波乱が起きているのはイタリアだけではない

オランダも敗退
ロッベンは代表引退を表明
出典 www.aflo.com

オランダのロシアW杯出場はかなわず、2003年からオランダ代表でプレーしてきたロッベンが代表引退を表明した。
出典 オランダ代表引退のロッベンに、スナイデルやカイトら盟友が惜別のコメント | Goal.com

オランダ代表としてはこれまで96キャップを記録。ロッベンの代表引退発表を受けて、オランダ代表でともにプレーした仲間が、惜別のコメント
出典 オランダ代表引退のロッベンに、スナイデルやカイトら盟友が惜別のコメント | Goal.com

オランダ代表は?

5月にアドフォカート監督が3度目の復帰。若手の伸び悩みが深刻で、33歳のMFスナイダーや、30歳のFWバベルを復帰させるしかなかった。
出典 オランダ敗退は世代交代の失敗か、若手伸び悩み深刻 – 海外サッカー : 日刊スポーツ

世代交代の失敗が敗因とされている。
出典 オランダ敗退は世代交代の失敗か、若手伸び悩み深刻 – 海外サッカー : 日刊スポーツ

・日本でも馴染み深いコートジボワールも敗退している


出典 www.aflo.com

コートジボワール代表がロシア・ワールドカップ(W杯)の出場権を逃した。
出典 オランダに続いてコートジボワールも…。オレンジの強国がまたW杯出場逃す | フットボールチャンネル

少し前まで「アフリカの雄」と考えられたコートジボワール。
出典 オランダに続いてコートジボワールも…。オレンジの強国がまたW杯出場逃す | フットボールチャンネル

日本と同じグループになった2014年大会は、日本に勝った以外の2試合を落としてグループステージ敗退。
出典 オランダに続いてコートジボワールも…。オレンジの強国がまたW杯出場逃す | フットボールチャンネル

アフリカ予選は、出場5カ国が全て決定。2014年のブラジル大会に続いて連続出場となる国はナイジェリアのみとなった。
出典 W杯アフリカ予選、出場5カ国が決定 連続出場はナイジェリアのみの波乱含みの結果 | ニコニコニュース

・一方日本代表は下位の対戦国がない第4ポッドが濃厚になっている

FIFAランク44位の日本
日本をランクで下回るのはパナマ、サウジアラビア、韓国、アフリカC組の4カ国のみ。
出典 www.aflo.com

ポッド分けの方法を簡単に説明すれば、10月16日付けのFIFAランキング順に出場する32チームを並べ、上位から8チームずつ4つのポッドに分ける。
出典 W杯抽選で第4ポッド確実のハリルJを待ち受ける「死の組」の恐怖 | THE PAGE(ザ・ページ)

12月1日に開催されるW杯ロシア大会抽選会のポット(P)分けに用いられるが、現時点で日本を下回る出場国はパナマ、サウジアラビア、韓国、アフリカC組の4カ国のみ。
出典 ハリルJのW杯組み合わせ抽選は第4P濃厚 「死の組」入りの可能性 – ライブドアニュース

開催国ロシアはFIFAランキング(65位)に関係なく、第1ポッドに振り分けられる。
出典 W杯抽選で第4ポッド確実のハリルJを待ち受ける「死の組」の恐怖 | THE PAGE(ザ・ページ)

日本の第3P入りには(1)欧州POでギリシャ(2)アジア北中米カリブ海POでホンジュラス(3)オセアニア南米POでニュージーランド(4)アフリカD組でブルキナファソかカボベルデ――がそろって本大会に出場権を獲得することが条件。波乱が続出しない限り、第4P入りとなる。
出典 ハリルJのW杯組み合わせ抽選は第4P濃厚 「死の組」入りの可能性 – ライブドアニュース

こここそ波乱を期待したい