近未来過ぎる車も… 早くも「東京モーターショー2017」が熱い




10月27日から11月5日まで東京モーターショー2017が東京ビッグサイトで開催されますが、プレスデーはすでにスタートしています。自分は近未来的な車をみるのをいつも楽しみにしています。

・東京モーターショー2017が開幕する


出典 amanaimages.com

10月27日から11月5日まで、第45回東京モーターショー2017が東京ビッグサイトで開催
出典 東京モーターショー2017開幕–注目のAIを活用したコンセプトカーも – CNET Japan

27日はプレビューデー、28日~11月5日は一般公開日となる。
出典 【東京モーターショー2017】トヨタのテーマは「Start Your Impossible(不可能と思えることにチャレンジしよう)」

テーマは「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」。
出典 東京モーターショー2017開幕–注目のAIを活用したコンセプトカーも – CNET Japan

このテーマは、開催年ごとにクルマの価値や楽しさを拡張しながら、業界の垣根を越えて世界最先端のナレッジが集まり、新たなイノベーションやビジネスを生出せるようなイベントを目指すという思いが込められています。
出典 https://news.webike.net/2017/10/25/118124/

・一般公開に先立ち報道関係者向けのプレスデーがスタート


出典 www.aflo.com

乗用車、商用車、二輪車、カロッツェリア、車体、部品・機械器具、自動車関連サービスを含む総合ショーとして、世界10カ国から150社・団体の出展者が東京ビッグサイトに集結
出典 東京モーターショー2017開幕–注目のAIを活用したコンセプトカーも – CNET Japan

一般公開に先立ち10月25日、報道関係者向けのプレスデーがスタートした。
出典 東京モーターショー2017開幕–注目のAIを活用したコンセプトカーも – CNET Japan

乗用車メーカーは、国産ブランドが、トヨタ、ダイハツ、レクサス、日産、三菱、ホンダ、マツダ、スバル、スズキ。
出典 【東京モーターショー2017】第45回東京モーターショー2017開催! 本日より11月5日(日)まで | clicccar.com(クリッカー)

・トヨタは「Concept-愛i(コンセプト・アイ)」シリーズを拡大


出典 www.aflo.com

トヨタによれば、Concept-愛iシリーズは、人を理解する「Learn」技術をベースに、自動運転技術による「安全・安心」(Protect)と、エージェント技術によって移動の楽しさを充実させる「新しいFun to Drive」(Inspire)を提供するという。
出典 トヨタ、AIで人を理解する「Concept-愛i」シリーズを拡大。3タイプを東京モーターショーに出展 – Engadget 日本版

例えば、表情や声色、位置情報、さらにはSNS発信までも手掛かりにしてドライバーを理解し、多少遠回りになってもドライバーにとってより楽しいと思われるルートを提案する。
出典 トヨタ、AIで人を理解する「Concept-愛i」シリーズを拡大。3タイプを東京モーターショーに出展 – Engadget 日本版

ルロワ副社長は、「トヨタの価値を実現する上で鍵となる技術の1つに、AIがある。これにより、クルマは私たちの“パートナー”になる」と話す。
出典 「AI自動車はパートナーだ」 トヨタが語るモビリティの未来 (1/2) – ITmedia NEWS

自動運転車については「2020年に高速道路で、20年代前半には一般道向けのシステムを投入する」とした。
出典 「AI自動車はパートナーだ」 トヨタが語るモビリティの未来 (1/2) – ITmedia NEWS

・ダイハツブースではミゼットの進化版が登場した

「DN PRO CARGO」という車

出展のテーマを「Light you up」に掲げるダイハツ工業は、今回の東京モーターショーで5台のコンセプトカーを日本初公開
出典 https://response.jp/article/2017/10/25/301570.html

その5台とは『DNコンパーノ』『DNマルチシックス』『DNトレック』『DNプロカーゴ』『DNユースペース』
出典 https://response.jp/article/2017/10/25/301570.html

DNプロカーゴは?

1957年に発売した「ミゼット」の使い勝手の良さと高い拡張性を継承し、軽自動車が持つ便利さを徹底的に追求した商用EV モデル。
出典 【東京モーターショー2017】ダイハツブースでは新時代の到来を告げるクルマを出品|中古車なら【グーネット】

地域を問わず様々な業種で、多くのひとの仕事のパートナーとなるような1台
出典 【東京モーターショー2017】ダイハツブースでは新時代の到来を告げるクルマを出品|中古車なら【グーネット】

・レクサスの展示車はスタイリッシュ過ぎる

LS+ Concept
運転してみたい…。
出典 www.aflo.com

LS+ Conceptは、「レクサスデザインの新たな可能性と、近い将来の実現を目指す最新の自動運転技術を兼ね備えたコンセプトカー」
出典 【東京モーターショー2017】レクサス、自動運転レベル4に向けた新コンセプトカー「LS+ Concept」披露

次世代を見据えたというデザインのポイントを「先進的かつ威厳のある造形」「大胆さと緻密さの相反する要素を調和」
出典 【東京モーターショー2017】レクサス、自動運転レベル4に向けた新コンセプトカー「LS+ Concept」披露

目玉は2020年の実装を目指すという、コネクテッド技術を駆使した自動車専用道路での自動運転機能。
出典 https://response.jp/article/2017/10/25/301540.html

「人を中心とした先進技術によって、クルマがドライバーの状態を把握し、サポートすることで、より安心で心地よく運転できるクルマを実現する。そういうわれわれのビジョン、将来性を指し示すモデルがLS+なのです」(澤プレジデント)
出典 https://response.jp/article/2017/10/25/301540.html

・日産は「IMx」に注目したい


出典 www.aflo.com

「ニッサン IMx」は、日産「リーフ」に搭載している「プロパイロット」をさらに進化させ、ドライバーが運転に一切介在しない完全自動運転を実現する
出典 日産、新型クロスオーバーEV「NISSAN IMx」発表 | 乗りものニュース

クルマに任せてドライブできる「プロパイロットドライブモード(PDモード)」を選択すると、ステアリングは格納され、シートは深くリクライニングし、乗員全員がリラックスしたまま移動することができる。
出典 東京モーターショー2017 – 日産「IMx」EVコンセプトカーを初公開 | マイナビニュース

「マニュアルドライブモード(MDモード)」を選択すると、ドライバーの前にステアリングが現れ、シートは適切なドライビングポジションに変化するため、ドライバーは好きなときに運転を楽しむことも可能
出典 東京モーターショー2017 – 日産「IMx」EVコンセプトカーを初公開 | マイナビニュース

これを、簡素で落ち着いた「和」コンセプトのインテリア空間が包み込みます。
出典 日産、新型クロスオーバーEV「NISSAN IMx」発表 | 乗りものニュース

・三菱はSUV「e-EVOLUTION CONCEPT」の車を展示する


出典 www.aflo.com

米国、中国、アセアン市場において、SUV拡販による成長を狙っており、新型『エクスパンダー』と新型『エクリプス クロス』など、11モデルを投入していく。
出典 https://response.jp/article/2017/10/25/301521.html

戦略面では、ルノー・日産アライアンスの規模を活かし、この「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」を含めて、これから5〜10年先くらいまではSUVが中心になるとしています。
出典 【東京モーターショー2017】今後のデザインと戦略を示す「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」 | clicccar.com(クリッカー)

具体的には、三菱の血統、技術とデザインに関する三菱の姿勢、グローバルビジネスへの三菱アプローチ、顧客とのつながり、の4点を重視。
出典 https://response.jp/article/2017/10/25/301521.html

EV化も進むことはいずれにしても間違いないということから、同社では得意とするPHEVの技術を活かしながらEV化に対応する
出典 【東京モーターショー2017】今後のデザインと戦略を示す「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」 | clicccar.com(クリッカー)

・ホンダはとにかく「電動化モデル」に注目したい

顔面が可愛い…。
フロントにはLEDディスプレーを搭載しているのだとか…。
出典 www.aflo.com

ホンダは「すべての人に生活の可能性が拡がる喜びを提供する」という想いによって開発されたクルマやオートバイが展示
出典 【東京モーターショー2017】ホンダはHV、PHEV、EVなど電動化モデルで「役立つ喜び」「操る喜び」を提案 | clicccar.com(クリッカー)

今回ホンダブースで目を引いたのはHV、PHEVそしてEVなど電動化モデルの充実したラインアップ
出典 【東京モーターショー2017】ホンダはHV、PHEV、EVなど電動化モデルで「役立つ喜び」「操る喜び」を提案 | clicccar.com(クリッカー)

ホンダはコンセプトモデルとして『Honda Urban EV Concept』と『Honda Sports EV Concept』を出展。2車種とも、どこか愛嬌のあるデザインが印象的なコンセプトカーに
出典 ホンダが出展したコンセプトEV 愛嬌のあるデザインが印象的でカワイイ – ライブドアニュース

顔の部分にはLEDディスプレーを搭載し、文字の表示が可能。「Honda Urban EV Concept」という英字を表示したり
出典 ホンダが出展したコンセプトEV 愛嬌のあるデザインが印象的でカワイイ – ライブドアニュース

・マツダは世界初公開の「魁 CONCEPT」が楽しみ


美しいデザインですね。
出典 www.aflo.com

「魁 CONCEPT」は、マツダの次世代商品群の先駆けとなるコンパクトハッチバックコンセプトとのこと
出典 マツダ「魁 CONCEPT」世界初公開 「SKYACTIV-X」搭載コンパクトハッチバック | 乗りものニュース

原点は、日本の美学と言える引き算の美学。現在の美学はものが偏りすぎ、美意識の根底にあるものをクルマで表現していきたいという思いから始まっています。
出典 【東京モーターショー2017】これが次の魂動デザイン、マツダ「VISION COUPE」 | clicccar.com(クリッカー)

マツダは「魁 CONCEPT」について「パフォーマンスフィールや乗り心地、静粛性など、全方位で飛躍的に洗練されたダイナミクス性能に加え、力強い塊感が際立つプロポーションと、ボディサイドの繊細な光の動きがもたらす生命感あふれるフォルムが特徴です」としています。
出典 マツダ「魁 CONCEPT」世界初公開 「SKYACTIV-X」搭載コンパクトハッチバック | 乗りものニュース

2台のコンセプトカーと新世代のガソリンエンジンとなるSKYACTIV-Xのほかにも、12月に販売が始まる「CX-8」や特別仕様車の「ロードスターRED TOP」、ロードスターRFの商品改良モデルも展示
出典 【東京モーターショー2017】マツダの構造改革は第2ステージへ。次世代商品群の先駆け「魁 CONCEPT」、魂動デザインを深化させた「VISION COUPE」初公開

・社名変更後初の展示となるSUBARUはスポーツセダンが楽しみ

「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」
スバルの看板車アイサイトのスポーツセダンバージョン。
出典 www.aflo.com

今年、社名を変更したばかりのSUBARUブースでは、様々な注目のモデルが多数展示
出典 【東京モーターショー2017】「SUBARU=笑顔をつくる会社」で、本当に笑顔を作れる!? | clicccar.com(クリッカー)

「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」は、走行性能を象徴する歴代車種や、50年以上にわたって進化を追求してきた水平対向エンジンを核としたシンメトリカル AWD をイメージとして、将来にわたって引き続き同社が追求していく「走る愉しさ」をスポーツセダンで表現。
出典 | clicccar.com(クリッカー)

自動運転技術普及期を見据え、アイサイトを核とした高度運転支援技術を、運転を積極的に愉しみたくなるスポーツセダンボディに搭載することで、スバルらしいドライビングの世界観を提示
出典 【東京モーターショー2017】将来のスバルを予感させるコンセプトや限定車を展示|中古車なら【グーネット】

吉永泰之社長は「スバルだけが提供できる価値、それが安心と楽しさ」と強調する。
出典 【東京モーターショー2017】SUBARUは今後も安心と楽しさを追求(レスポンス) – 【モーターショー】ニュース – carview! – 自動車

・スズキの手にかかれ4WDはこう進化する

e-SURVIVOR
確かにサバイバーなデザイン
出典 www.aflo.com

スズキは「“ワクワク”を、誰でも、どこへでも」をテーマにコンセプトモデルを多数展示。
出典 【東京モーターショー速報】スズキ「セーフティサポート」を軽自動車から小型車まで幅広く展開|MotorFan[モーターファン]

同社は3年後の2020年に創立100周年を迎えるが、さらにその次の100年に向けた製品開発や技術開発に対する取り組みをここで披露
出典 スズキは4輪独立モーター駆動の次世代SUVをお披露目【東京モーターショー2017】 – WEB CARTOP

EVの4WDコンセプトカー「e-SURVIVOR」。ジムニーで培った4WD技術をもとに「新たな4WDの可能性を提案する」と説明
出典 【東京モーターショー2017】スズキのテーマは「“ワクワク”を、誰でも、どこへでも」。EVの4WDコンセプトカー「e-SURVIVOR」公開

スズキがジムニーやエスクードで培ったコンパクトSUVの魅力、これを継承しながら次世代へ向けてご提案する、EVのコンパクトSUV
出典 【東京モーターショー速報】スズキ「セーフティサポート」を軽自動車から小型車まで幅広く展開|MotorFan[モーターファン]

TOKYO MOTOR SHOW [TMS] WEB SITE
いよいよ明日から、クルマの新たな可能性の扉が開く。