総売上枚数は2410万枚…無敵の強さな「福山雅治」




アーティストとしても俳優としても福山雅治の魅力は変わらない…。

・「黒革の手帖」の主題歌を担当した福山雅治


出典 www.gettyimages.com

「黒革の手帖」主題歌では銀座の最年少ママ、ヒロイン元子(武井咲)の心情を見事に歌い上げた福山
出典 福山雅治、黒柳徹子のオファーで「トットちゃん!」主題歌担当「夢のようなこと」 | cinemacafe.net

「美しく、したたかで強い女性なのだけれど、どこか弱いところもある。武井さんが実はこんな女性だったら素敵だな、と妄想しながら(笑)書いたんです」と原口元子をイメージして楽曲制作を行った
出典 福山雅治、武井咲とついに初対面!「黒革の手帖」主題歌秘話明かす | cinemacafe.net

一方、初めて「聖域」を聴いた時、「福山さんの色っぽさに撃たれた」という武井。
出典 福山雅治、『黒革の手帖』撮影現場に“来店” 武井咲と初対面 | ORICON NEWS

「今回、役に入る前にすごくプレッシャーがあったのですが、福山さんの曲はそんなわたしをバックアップしてくれるかのように、元子の“輪郭”を見せてくれました」と感謝している。
出典 福山雅治、『黒革の手帖』撮影現場に“来店” 武井咲と初対面 | ORICON NEWS

・その曲でオリコン首位になり新記録を樹立した


出典 www.amazon.co.jp

福山雅治にとって約2年ぶりのシングル「聖域」(ユニバーサル ミュージック/9月13日発売)が、今週発表の最新9月25日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:9月11日~9月17日)で初登場1位を獲得。
出典 https://www.musicman-net.com/artist/68838

福山のシングル1位獲得は通算18作目で、2009年6月1日付で「化身」(2009年5月発売)が達成して以来9作連続。
出典 https://www.musicman-net.com/artist/68838

自身が持つ男性ソロアーティストおよび、シンガー・ソングライター歴代1位となるシングル首位獲得作品数記録をともに更新した。
出典 【オリコン】福山雅治、シングル18作目首位 歴代1位記録3部門を自ら更新 | ORICON NEWS

さらに、同じく自身が男性ソロアーティスト歴代1位を保持するシングル・アルバム総売上枚数を2410.0万枚とし、3つの歴代1位記録を自ら塗り替えた。
出典 【オリコン】福山雅治、シングル18作目首位 歴代1位記録3部門を自ら更新 | ORICON NEWS

・この曲を聞いた人は?

・さらにトットちゃんの主題歌も担当した


黒柳徹子直々のオファーがあったという
出典 www.amazon.co.jp

10月2日(月)よりテレビ朝日系で放送されるドラマ「トットちゃん!」の主題歌を福山雅治が担当
出典 福山雅治、黒柳徹子のオファー受け「トットちゃん!」主題歌担当(コメントあり) – 音楽ナタリー

このドラマは、女優・黒柳徹子と家族の激動の昭和史を描いていくもの。
出典 福山雅治『トットちゃん!』主題歌を担当 – 徹子直々のオファーに「悶絶」 | マイナビニュース

その黒柳が、福山に主題歌を書いてほしいということを、ドラマのプロデューサーから連絡を受けたことからプロジェクトがスタートし、福山は実際に黒柳と直接会って会話を重ねるなどして、楽曲制作
出典 福山雅治『トットちゃん!』主題歌を担当 – 徹子直々のオファーに「悶絶」 | マイナビニュース

福山は今回の主題歌担当について「徹子さんご自身からオファー頂くなんて、こんな夢のようなことはありません。と同時に、この楽曲は徹子さんに『素敵だ』と感じていただかなければいけません。かつてこれほどのプレッシャーを感じるオファーがあっただろうかと、産みの苦しみと歓びの間で悶絶しながら制作に臨んでおります」とコメントしている。
出典 福山雅治、黒柳徹子のオファー受け「トットちゃん!」主題歌担当(コメントあり) – 音楽ナタリー

・そしてアーティストだけじゃなく俳優としても活躍


出典 www.amazon.co.jp

福山雅治(48)が、是枝裕和監督(55)の最新作となる法廷心理サスペンス「三度目の殺人」(9日公開)に主演し、初の弁護士役に挑んだ。
出典 スポニチアネックス

「そして父になる」「海街diary」の是枝監督の法廷劇で、主演は福山雅治と役所広司。実に魅力的な組み合わせ
出典 福山雅治×是枝裕和監督の新作『三度目の殺人』は法廷を舞台にした社会的弱者の復讐劇【最新シネマ批評】 | Pouch[ポーチ]

福山が是枝裕和監督と組むのは平成25年の「そして父になる」以来2作目
出典 【私の時間 シネマ】福山雅治、主演映画「三度目の殺人」を語る(1/2ページ) – 産経WEST

冷静沈着な天才物理学者から豪放磊落な坂本龍馬まで。その演技の幅は広い。
出典 【私の時間 シネマ】福山雅治、主演映画「三度目の殺人」を語る(1/2ページ) – 産経WEST

・映画を観た感想は?