NHKが異例の生放送…森内永世名人に勝利した『藤井聡太』が凄い




森内永世名人に勝利した藤井聡太四段が話題です。NHKも異例の生放送対応で人気の高さが伺えます。

・夏休み最後に初めてA級棋士と対戦した藤井聡太四段


実力棋士豊島将之八段に敗れた。
出典 www.aflo.com

中学3年生の最年少棋士・藤井聡太四段(15)が24日、関西将棋会館で指された棋王戦本戦で豊島将之(27)八段に敗れた。
出典 藤井聡太四段が敗れる 中学生でのタイトル獲得可能性は事実上消滅 – ライブドアニュース

160人いる現役棋士の中でA級は羽生善治3冠(46)ら、わずか11人。
出典 藤井聡太四段、夏休み最後の対局 A級棋士と初対戦 – 社会 : 日刊スポーツ

相手の豊島は同じ愛知県出身で、将棋界の最高峰であるA級に所属する棋士の一人。藤井が公式戦でA級棋士と対局するのは今回が初めて。
出典 http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/08/24/kiji/20170824s000413F2151000c.html

藤井四段は差を広げられ「読みの深さ、実力の差というかA級の壁を改めて感じました」といつも通り、淡々とした様子で振り返った。
出典 藤井聡太四段が敗れる 中学生でのタイトル獲得可能性は事実上消滅 – ライブドアニュース

・その後、プロになって初の連敗を喫していた


加古川青流戦準々決勝で井出隼平四段に敗れた
出典 amanaimages.com

2日、東京・千駄ケ谷の東京将棋会館で行われた第7期加古川青流戦準々決勝で、前期優勝の井出隼平四段(26)に131手の激戦の末に敗れた。
出典 藤井四段連敗も今日10時~森内九段とEテレ生中継 – 社会 : 日刊スポーツ

8月24日の棋王戦挑戦者決定トーナメントの豊島将之九段(27)戦に続いての黒星。
出典 藤井四段連敗も今日10時~森内九段とEテレ生中継 – 社会 : 日刊スポーツ

藤井四段は1955年の六・五・四段戦(現在は終了)で加藤一二三九段(77)=当時五段=が記録した15歳10か月を超える15歳3か月での史上最年少棋戦優勝記録が懸かっていたが、実現しなかった。
出典 初の連敗喫した藤井四段 1分将棋で逆転負けにガックリ「しっかり受け止める」 : スポーツ報知

「(今日は)ずっと大変な形勢だった。(公式戦初の連敗に)対局を重ねればこういうこともある。しっかり受け止めたい」
出典 藤井聡太四段、公式戦初の連敗に「しっかり受け止めたい」 相手は青流戦前年優勝の井出四段 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)

・そんな『藤井聡太』四段が元A級棋士の森内俊之に勝利した


出典 www.aflo.com

将棋界最多の29連勝を達成した最年少プロ、藤井聡太四段(15)
出典 【将棋NHK杯】藤井聡太四段が森内俊之九段に勝利 NHKが異例の生放送 – 産経ニュース

3日、第67回NHK杯トーナメント2回戦に
出典 スポニチアネックス

永世名人の資格を持つ森内俊之九段に、94手で勝利した。
出典 藤井聡太四段、「永世名人」森内俊之九段に勝利

通算成績は39勝5敗と好調を維持しています。
出典 将棋NHK杯 藤井四段が森内九段に勝利 | NHKニュース

・相手の森内俊之は輝かしい成績を持つプロ棋士

永世名人の資格をもつ
羽生世代と呼ばれる中でもトップの成績を持つ棋士。
出典 www.amazon.co.jp

87年プロデビュー。名人を通算8期獲得。永世名人の資格をもつ。
出典 勝利呼ぶカツカレー、験担ぎにあらず 森内俊之さん|エンタメ!|NIKKEI STYLE

当時は羽生が94年に名人を獲得してから名人在位が通算4期だったが、森内が先に永世名人になった。
出典 森内俊之九段・十八世名人 「フリークラス」転出の真相|暮らし|ライフ|日刊ゲンダイDIGITAL

森内は相手の攻めを強靱に受け止める指し方が特徴で、棋風は「鉄板流」と呼ばれた。
出典 森内俊之九段・十八世名人 「フリークラス」転出の真相|暮らし|ライフ|日刊ゲンダイDIGITAL

今年4月、将棋連盟の理事選挙に出馬して当選し、5月の通常総会で専務理事に就任した。
出典 森内俊之九段・十八世名人 「フリークラス」転出の真相|暮らし|ライフ|日刊ゲンダイDIGITAL

・しかもNHKが異例の生放送


出典 amanaimages.com

同棋戦は通常、事前収録で、日曜午前10時半から1時間半で放送されている。
出典 【将棋NHK杯】藤井聡太四段が森内俊之九段に勝利 NHKが異例の生放送 – 産経ニュース

しかし、藤井四段が6月、デビュー以来公式戦29連勝し、30年ぶりに連勝記録を更新。
出典 【将棋NHK杯】藤井聡太四段が森内俊之九段に勝利 NHKが異例の生放送 – 産経ニュース

関心の高さを考慮し、Eテレは異例の生放送に踏み切った。
出典 藤井聡太四段、「永世名人」森内俊之九段に勝利

生放送は、2008年放送の第57回大会の決勝(佐藤康光棋聖-鈴木大介八段戦。肩書はいずれも当時)以来9年ぶりのことだった。
出典 藤井聡太四段、「永世名人」森内俊之九段に勝利

・結果を知った人からは驚きの声も

・今後の活躍も楽しみ

次戦は佐々木大地四段
出典 www.aflo.com

「軽視していた手を指され、さすがと思いました。生放送で開始前は少し緊張がありましたけど、始まれば集中できました」と笑顔。
出典 藤井四段、永世名人の資格を持つ森内九段倒した 連敗2で止めた : スポーツ報知

森内九段は「自然な指し手を積み重ねられました。予想していない手を指され、感心しました」と振り返った。
出典 藤井四段、永世名人の資格を持つ森内九段倒した 連敗2で止めた : スポーツ報知

次回は7日、新人王戦でベスト4入りを懸け、佐々木大地四段(22)と対戦する。
出典 藤井四段が永世名人破る 異例の生放送、森内九段を  :日本経済新聞

「タイトル戦というのは最高峰の舞台なので、そこに早く立ちたいという思いもありますけど、まずはじっくりと力をつけて、そういった舞台に立てるだけの実力をつけられたらなと思っています。」
出典 藤井四段 インタビュー全文 | NHKニュース