中川翔子もPR!…8月1日から公募される東京五輪マスコット




東京オリンピックのマスコットの受付が8月1日から始まることはあまり浸透していないかもしれません。Twitterでは「#2020マスコット」で拡散されています。

・いよいよ来月1日から東京五輪マスコットの公募が始まる


出典 www.aflo.com

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は19日、一般公募する大会マスコットの選考方法の詳細を協議する審査会を開き、選考スケジュールを固めた。
出典 東京五輪マスコット選考スケジュール前倒し 最終候補への小学生投票は12月から – スポーツ – SANSPO.COM(サンスポ)

応募は今年8月1~14日に受け付ける。
出典 小学生の投票は12~1月に=東京五輪マスコット:時事ドットコム

22日に審査を開始。
出典 東京五輪マスコット選考スケジュール前倒し 最終候補への小学生投票は12月から – スポーツ – SANSPO.COM(サンスポ)

採用作品は2月上旬に発表する方針で、当初の3月から前倒しされた。
出典 東京五輪マスコット選考スケジュール前倒し 最終候補への小学生投票は12月から – スポーツ – SANSPO.COM(サンスポ)

・どのようにして決まるのか


出典 amanaimages.com

22日に審査を開始。おもちゃ、漫画、ゲームなどの専門家による審査で100作品程度まで絞り込む。
出典 東京五輪マスコット選考スケジュール前倒し 最終候補への小学生投票は12月から – スポーツ – SANSPO.COM(サンスポ)

審査会の第1次審査で20点程度に絞る。
出典 小学生の投票は12~1月に=東京五輪マスコット:時事ドットコム

10月中旬には2次審査を行って3つから4つの案とします。
出典 東京五輪マスコット 来年2月までに決定 | NHKニュース

そして12月11日から来年1月19日にかけて全国の小学校のクラスごとに1票を投票し、最終的には来年2月上旬までには決定する
出典 東京五輪マスコット 来年2月までに決定 | NHKニュース

・しょこたんも必至にPRしている


マスコットの審査員を務めるという。
出典 www.aflo.com

審査会の議論ではマスコット募集について広く国民に浸透していないとの危機感があり、審査会メンバーのタレント中川翔子は「永遠に地球の歴史に刻まれる。人ごとではなく国民1人ひとりのまつりごととして応募してほしい」と熱弁
出典 中川翔子「歴史刻まれる」五輪マスコット2月決定 – 社会 : 日刊スポーツ

中川は「#2020マスコット」と書いた色紙を持ちSNS(ソーシャルネットワーク)と、報道のパブリシティーによる拡散を熱望。
出典 中川翔子が熱弁「応募して」東京五輪マスコット募集 – 社会 : 日刊スポーツ

「全ての人にチャンスがある。さすが日本だと世界が驚く作品を作ってほしい」
出典 東京五輪のマスコット 18年2月に決定  :日本経済新聞

13日後に迫る募集開始へ、必死にアピールした。
出典 中川翔子「歴史刻まれる」五輪マスコット2月決定 – 社会 : 日刊スポーツ

・Twitterで見かけた「#2020マスコット」

・採用されたマスコットのデザイナーには賞金100万円


出典 amanaimages.com

採用作品に対する賞金は100万円(税込み)
出典 東京五輪マスコットの募集要項発表 18歳以上応募可、実績問わず  : スポーツ報知

受賞者は東京五輪パラリンピックの開会式に招待される。
出典 東京五輪マスコットの募集要項発表 18歳以上応募可、実績問わず  : スポーツ報知

また最終審査候補作品は入選作品として賞金10万円が贈られる。
出典 東京五輪マスコットの募集要項発表 18歳以上応募可、実績問わず  : スポーツ報知

・さあ、どんなマスコットが選ばれるのか

小学生が選ぶのは?
出典 amanaimages.com

年末に最終候補作品を公表した上で、全国の小学校の学級単位による投票で採用作品を選ぶ
出典 東京五輪開幕まで3年、ガイドブックで機運盛り上げ 都など  :日本経済新聞

子供たちに大会への参画意識を持ってもらおうという狙いがある。
出典 東京五輪開幕まで3年、ガイドブックで機運盛り上げ 都など  :日本経済新聞

審査で最初の関門となるデザインチェックは子供の感性も意識しておもちゃ、コミック、児童書、ゲーム、アニメーション、ぬいぐるみの各分野から若手の専門家計10~15人を審査員として選ぶ。
出典 小学生の投票は12~1月に=東京五輪マスコット:時事ドットコム

現在は審査員を依頼している段階。


東京2020大会マスコット公募告知ムービー

東京2020大会マスコット|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会