進歩が凄い…すでにできる「マイノリティ・リポート」的なこと




『マイノリティ・リポート』が地上波で放送されましたね。舞台は2052年ですが、2017年現在ですでにマイノリティリポート的な技術があります。

・マイノリティ・リポートがオンエアされた


出典 www.amazon.co.jp

フジテレビ系「土曜プレミアム」で、トム・クルーズ主演、スティーヴン・スピルバーグ監督でフィリップ・K・ディックのSF短編を映画化した『マイノリティ・リポート』がオンエア
出典 トム・クルーズ×スティーヴン・スピルバーグで贈る近未来SF大作『マイノリティ・リポート』今夜放送 | cinemacafe.net

主人公のジョン・アンダートン(トム・クルーズ)は犯罪予防局のチーフとして活躍していたが、ある日、ジョンは自分が36時間以内に見ず知らずの他人を殺害すると予知されたことを知る。
出典 トム・クルーズ×スティーヴン・スピルバーグで贈る近未来SF大作『マイノリティ・リポート』今夜放送 | cinemacafe.net

一転して追われる立場になったジョンは予告された未来“自分の運命”を変えることができるのか…という物語。
出典 トム・クルーズ×スティーヴン・スピルバーグで贈る近未来SF大作『マイノリティ・リポート』今夜放送 | cinemacafe.net

・2002年当時「へえ、凄い」って思っていたこと


出典 www.amazon.co.jp

本作で注目したいのは、トム演じる警察官ジョンが犯罪予知の捜査に使用するディスプレイ
出典 【テレビ映画】『マイノリティ・リポート』は…「“現代”を予知していた」映画!? [T-SITE]

グローブをはめたジェスチャーインターフェイスで、手を上下左右にスワイプしたりピンチすることで、イメージ映像を操作する。
出典 【テレビ映画】『マイノリティ・リポート』は…「“現代”を予知していた」映画!? [T-SITE]

トム・クルーズが専用のグローブを用いたジェスチャーインターフェースで操作する未来感に誰もが憧れた
出典 人類が『マイノリティ・リポート』のコンピューターを作ってはいけない理由|ギズモード・ジャパン

・みんなは感じている「もうすでにできるじゃん」と…。

▼今ならできるマイノリティ・リポート的なこと

■映画のサイエンスアドバイザーを務めた人物がすでに作っていた

John Underkofflerさん
Oblong社長。
出典 www.gettyimages.com

Oblongの共同ファウンダー、John Underkofflerこそ、スピルバーグ監督の映画で使われたジェスチャー・ベースのコンピューティング・システムを考え出した男
出典 「マイノリティーリポート」そのものだ!―Oblong、驚異のジェスチャー・コンピューティングをTEDでデモ | TechCrunch Japan

「Gスピーク(g-speak)」の名で商品化された。
出典 『マイノリティ・リポート』の名シーンが現実に?米企業が商品化 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

様々な機械やデバイス、ジェスチャーなどの空中での動きを読み取ることができます。
出典 Oblong、『マイノリティ・リポート』に出てくるような大画面ジェスチャー操作技術に6,500万ドルを調達 | Mogura VR – 国内外のVR最新情報

Oblongは現在、NASA、PwC、IBMを始め、フォーチューン誌など米ビジネス誌が発表する企業ランキングに含まれる数多くの企業に技術を提供
出典 Oblong、『マイノリティ・リポート』に出てくるような大画面ジェスチャー操作技術に6,500万ドルを調達 | Mogura VR – 国内外のVR最新情報


g-speak | A Spatial Computing Platform

g-speak – oblong industries, inc.

■イスラエルのベンチャーが作った「BIRD」も凄い

イスラエルのベンチャー企業であるMUV Interactive
出典 【イベントレポート】MUV、プロジェクタと組み合わせて利用するポインティングデバイス ~日本法人も設立され国内展開へ – PC Watch

指先に装着しプロジェクターなどに投影した画面を直観的に操作できるウェアラブルデバイス「BIRD」を日本国内で発売
出典 ASCII.jp:マイノリティ・リポートみたい! 指先で大画面を遠隔捜索する「BIRD」がすごい

大画面でもタブレットのようなタッチ操作やパソコンでマウスを使ったような操作などを自由自在に遠隔でできる。
出典 ASCII.jp:マイノリティ・リポートみたい! 指先で大画面を遠隔捜索する「BIRD」がすごい

今後は、AR・VR機器などとの連携も予定しているという。
出典 ASCII.jp:マイノリティ・リポートみたい! 指先で大画面を遠隔捜索する「BIRD」がすごい


bird – Bring learning to life

BIRD あらゆる空間を3Dインタラクティブ環境に変換するウェアラブルデバイス|ドスパラ公式通販サイト

■日本人も負けてはいなかった

空中ディスプレイ – エアリアルイメージング

アスカネットの代表取締役社長兼CEOの福田幸雄氏
出典 広告界のニュース&情報ポータル | AdverTimes(アドタイ)

開発した「エアリアルイメージングプレート(AIプレート)」は、これまでにない方法で空中に映像を結像させることに成功
出典 広告界のニュース&情報ポータル | AdverTimes(アドタイ)

AIプレートや3次元(3D)センサーをセットにし、空中の画像に触れるような形で「空中ディスプレー」の操作ができるセット商品も扱う。
出典 空中に画像表示するプレート 販売サイト開設 アスカネット  :日本経済新聞

今後については、「デジタルサイネージとタッチパネルの置き換えという2つの用途を想定している。特に医療現場では、手袋をしたままで入力ができ、衛生的。必要なときだけ表示できるなど、空中ディスプレイのニーズは高いはず」(福田氏)
出典 展示会で大行列「アスカネット」の空中に浮かぶディスプレイ–構造から課題まで – CNET Japan


ASUKANET AIPLATE 紹介動画

エアリアルイメージング事業│アスカネット

・2054年まで待たなくてもすぐそこまで来ていますね


出典 amanaimages.com

公開当時から15年経った今だからこそ、現代の技術が本作の“未来”に近づいてきたことをより強く実感できる
出典 【テレビ映画】『マイノリティ・リポート』は…「“現代”を予知していた」映画!? [T-SITE]

『マイノリティ・リポート』の舞台は西暦2054年ですが、もう何年と待つことなくSF映画の技術が実現するかもしれません。
出典 Oblong、『マイノリティ・リポート』に出てくるような大画面ジェスチャー操作技術に6,500万ドルを調達 | Mogura VR – 国内外のVR最新情報