WBCで日本が決勝ラウンドへ進出するために必要なこと

2020年10月27日




第二次ラウンド日本の初戦の相手はオランダ、2戦目はキューバ、3戦目はイスラエルに。3戦目までもつれた時のイスラエルは侮れない…。

・中国に快勝した小久保ジャパン

二回に豪快なホームランを放った小林誠司
効果的に加点し7-1で勝利した。
出典 www.aflo.com

第4回ワールド・ベースボール・クラシックの日本代表は10日、1次ラウンドB組第3戦となる中国戦に7対1と勝利した。
出典 WBC2017 – 小久保監督「これだけの本塁打は想定外」日本vs.中国の試合後会見 – スポーツナビ

王監督でも原監督でもできなかった、代表史上初のWBC1次R3連勝で1位突破を飾った。
出典 【WBC】小久保監督、史上初全勝突破!王監督も原監督もできなかった快挙で2次Rも行くぜ : スポーツ報知

日本は一回、山田(ヤクルト)の犠飛で先制。二回に小林(巨人)、三回に中田(日本ハム)の2ランで加点。
出典 日本、全勝で通過=中国にも快勝-WBC:時事ドットコム

2次リーグE組で12日にオランダ、14日にキューバ、15日にイスラエルと対戦する。
出典 日本、全勝で通過=中国にも快勝-WBC:時事ドットコム

・次戦の相手はオランダ

前回大会は準優勝
ソフトバンクのバンデンハーク(昨季14連勝を記録)、ヤクルトのバレンティン(シーズン本塁打記録保持者)など日本でも馴染みの選手が顔をそろえる
出典 www.aflo.com

実力伯仲する2次ラウンド以降は、一発勝負のように1勝の重みが大きくなる。
出典 WBC2017 – 青木はイチローになれるのか――3連勝・日本の今後のカギを握る存在 – スポーツナビ

その初戦で激突するオランダは大会屈指の打力を誇り、福岡ソフトバンクの最強右腕バンデンハークの先発が予想される
出典 WBC2017 – 青木はイチローになれるのか――3連勝・日本の今後のカギを握る存在 – スポーツナビ

投球の軸となる150キロ超の直球に、鋭く変化するスライダー、ナックルカーブ、チェンジアップを織り交ぜる投球が武器で、昨季デビューから14連勝のプロ野球新記録を樹立し、通算16勝3敗。今季からソフトバンクと3年契約を結んだ。
出典 【WBC】侍1位突破!第2R初戦オランダ・バンデン足で崩せ : スポーツ報知

7日の韓国戦では、エースのバンデンハーク(ソフトバンク)が4回無失点と好投し5-0の完封勝ち。打っても11安打5得点と投打に隙がない。
出典 大リーガーが主流のオランダ、2次Lで侍Jの脅威となるか エースのバンデンハークは韓国戦で完封勝ち – スポーツ – ZAKZAK

対戦の多い打者がカギになるか
出典 www.aflo.com

対戦の多い中田が通算18打数4安打2打点、秋山は1本塁打を含む15打数4安打。決して確率は高くない。4番の筒香や坂本は対戦がなく、2次R初戦で正念場を迎えることになる。
出典 【WBC】侍1位突破!第2R初戦オランダ・バンデン足で崩せ : スポーツ報知

ハンデンバーグについて中田は?

「感覚はあるが、いい投手に変わりはない。簡単には打たせてくれない。(東京ラウンドで)誰がどう見ても一番いい投手。データを頭にたたきこんでいきたい」
出典 2戦連発の侍・中田、苦手の蘭バンデンに“頭”で挑む「データたたき込む」 – エキサイトニュース

弱点があるとすれば、バンデンハークはともかく、先発の枚数が足りず救援も不安な投手陣か。
出典 大リーガーが主流のオランダ、2次Lで侍Jの脅威となるか エースのバンデンハークは韓国戦で完封勝ち – スポーツ – ZAKZAK

・オランダ戦みんなはこう分析する

先発バンデンハークに意見が集中
出典 www.aflo.com

・キューバに勝利すると決勝ラウンドが見えてくる

打線を引っ張るのはデスパイネ
出典 www.aflo.com

オーストラリアを撃破し、WBC2次ラウンド進出を決めたキューバ。勝利の立役者となったのが、「4番・左翼」で出場したソフトバンクのデスパイネ(30)だ。
出典 デスパイネ殊勲、クルーズ拙守 WBCでプロ野球助っ人明暗 | 日刊ゲンダイDIGITAL

ソフトバンクにとって、デスパイネは15年オフに退団した李大浩以来となる、長距離砲の助っ人。3年12億円という大型契約も、期待の表れ
出典 デスパイネ殊勲、クルーズ拙守 WBCでプロ野球助っ人明暗 | 日刊ゲンダイDIGITAL

初戦で、侍ジャパンの2番手・則本昂大投手(楽天)からソロ本塁打を放った。
出典 侍・則本が3イニング目につかまり3失点で3点差に デスパイネのソロから崩れる | Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―

誰よりも代表愛が強い
出典 www.aflo.com

会見では海外のメディアから「多くの選手がメジャーリーグでプレーしているが、あなたはなぜキューバに残っているのか」というシビアな質問が飛んだ。
出典 <WBC速報>キューバがデスパの逆転満塁弾で2次R進出!侍Jと14日に再戦 | THE PAGE(ザ・ページ)

「長い間代表でプレーしてきて、友人のほとんどは亡命して米国に行ってしまった。でも、私は代表で仲間とともに戦い、多くの勝利を手にしてきたことをうれしく思っている」
出典 キューバ逆転2次進出 逆境乗り越えデスパイネ満弾 – WBC : 日刊スポーツ

「全力で戦う」と誓ったデスパイネが、2次ラウンドで日本の前に再び立ちふさがることになる。
出典 <WBC速報>キューバがデスパの逆転満塁弾で2次R進出!侍Jと14日に再戦 | THE PAGE(ザ・ページ)

菅野の出来次第か
球数制限が80球に増える起用が鍵となりそう。
出典 www.aflo.com

豪州戦に先発したエース格の菅野智之投手(27)=巨人=は二回に7番打者に先制ソロを許したものの、66球を投げて4回1/3を4安打1失点にまとめた。
出典 侍エース菅野から鉄壁リレー!豪州監督も脱帽「メジャーレベル」 (1/3ページ) – 野球 – SANSPO.COM(サンスポ)

ドジャースでスカウトを務めるオーストラリア代表のディーブル監督は試合後、「菅野は日本で一番の投手。あれだけの投球をされたらお手上げだ」と脱帽した。
出典 【侍ジャパン】菅野&小林“スガコバ”コンビの絆を世界へ発信 : スポーツ報知

西本聖氏は?

「2次ラウンドでは球数制限が65球から80球に増える。でも、増えたからといって先発を引っ張り過ぎてもダメ。先発をどこで代えるか-。球数にとらわれ過ぎず勇気を持って早め、早めに代えていくこともポイントになるだろう。」
出典 「2次ラウンドはベンチの采配が問われる」/西本聖 – 熱投野球論 – 野球コラム : 日刊スポーツ

・侮れない今大会ダークホース「イスラエル」の躍進

3試合目までもつれれば分からない
出典 www.gettyimages.com

開幕戦で韓国を下すなど、快進撃を見せる初出場のイスラエル。その勢いは、タレント軍団・オランダをも飲み込んだ。
出典 止まらないイスラエル旋風…オランダも破り、3連勝でプールA首位通過 | マイナビニュース

MVPにイスラエルのライアン・ラバンウエー捕手(29)が選出された。9打数5安打、打率5割5分6厘、1本塁打3打点とチームの1位通過に貢献した。
出典 イスラエルの正捕手は上原、松坂の元相棒 – エキサイトニュース

ラバンウエー捕手は?

レッドソックス時代に松坂大輔と4試合、上原浩治と6試合、田沢純一とは18試合バッテリーを組んでいる。
出典 イスラエルの正捕手は上原、松坂の元相棒 – エキサイトニュース

韓国戦で先発したジェイソン・マーキーは38歳だが、メジャー通算124勝、ロッキーズ時代には、オールスター出場経験もある。
出典 WBCイスラエル旋風を米メディアも「イスラエルはシンデレラ」と続々報道 | THE PAGE(ザ・ページ)

唯一のメジャーリーガー青木のデータが頼りに
出典 www.aflo.com

「イスラエルはマイナーが多いと聞いているけど、メジャーに上がった選手もいるしね」。そう話す青木こそが先生役だ。
出典 スポニチアネックス

「メジャー選手はこの時期、6〜7割まで仕上がっている選手はいない。逆に2A、3Aの選手の方が仕上がりが早い」。
出典 スポニチアネックス

すでにイスラエルに関してはメジャー経験者、マイナー組とデータは全てそろっており、1次ラウンド3試合のプレー内容も加えて徹底的に分析する。
出典 スポニチアネックス

・イスラエルはあなどれない…。

28人中27人がユダヤ系アメリカ人
そら強いはずだわww

・上位2チームが準決勝へ

舞台はドジャー・スタジアム
決勝ラウンドは3月20日(月)~3月22日(水)
出典 www.aflo.com

総当たり戦の末、上位2チームがアメリカで行われる準決勝へ進む。
出典 止まらないイスラエル旋風…オランダも破り、3連勝でプールA首位通過 | マイナビニュース

準決勝、決勝は米ロサンゼルスで行われる。
出典 東京新聞:日本11得点、WBC白星発進 筒香の一振りで重圧解放:スポーツ(TOKYO Web)

小久保裕紀監督(45)は米国行きの切符を目指し「全身全霊で」戦うことを誓った。
出典 小久保ジャパン史上初、全勝突破 待ってろバンデン – ホークスニュース – 西日本新聞

3連勝の勢いそのままに米国行きの切符をつかみとる。
出典 小久保ジャパン史上初、全勝突破 待ってろバンデン – ホークスニュース – 西日本新聞

トップチーム | 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト