ついにここまで来た…他人のiPS細胞を使って治療する試み




他人のiPS細胞を使って治療する世界初の臨床研究を厚生労働省が了承しました。ストック細胞を使うことで費用や移植までの期間が縮減できることが期待されています。

・他人のiPS細胞を使って治療する世界初の臨床研究


出典 www.aflo.com

京都大iPS細胞研究所の高橋淳教授は3日、様々な細胞に育つiPS細胞で難病のパーキンソン病を治療する医師主導の臨床試験(治験)を2018年度に始めると明らかに
出典 パーキンソン病のiPS治療、18年度に治験 京大  :日本経済新聞

健康な人からあらかじめ作ったiPS細胞を患者に移植する。
出典 パーキンソン病のiPS治療、18年度に治験 京大  :日本経済新聞

他人由来のiPS細胞をめぐっては、理化学研究所などによる網膜移植の臨床研究について厚生労働省が了承。
出典 パーキンソン病治療、他人のiPS細胞で30年度の治験目指す 京大CiRA高橋淳教授 – 産経WEST

厚労相が2日付で通知を出している。
出典 パーキンソン病治療、他人のiPS細胞で30年度の治験目指す 京大CiRA高橋淳教授 – 産経WEST

・難病パーキンソン病の現状


出典 www.amazon.co.jp

パーキンソン病は、徐々に体が動かなくなる病気
出典 iPSパーキンソン病治験、18年度開始目指す : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

脳の神経細胞が減って神経伝達物質が不足するのが原因
出典 パーキンソン病のiPS治療、18年度に治験 京大  :日本経済新聞

国内の患者数は約16万人と推定される。
出典 iPSパーキンソン病治験、18年度開始目指す : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

神経伝達物質を補う薬を投与する治療法があるが、神経細胞が減ると効かなくなる。
出典 パーキンソン病のiPS治療、18年度に治験 京大  :日本経済新聞

・今回その難病に光が当てられた


出典 amanaimages.com

高橋教授らの計画によると、神経伝達物質を出す神経のもととなる細胞をiPS細胞から数百万個作り
出典 パーキンソン病のiPS治療、18年度に治験 京大  :日本経済新聞

パーキンソン病患者の脳内に注入して移植する方法で手術を行う。
出典 パーキンソン病治療、他人のiPS細胞で30年度の治験目指す 京大CiRA高橋淳教授 – 産経WEST

ストック細胞を使うことで費用や移植までの期間が縮減できることが期待
出典 パーキンソン病治療、他人のiPS細胞で30年度の治験目指す 京大CiRA高橋淳教授 – 産経WEST

治療費を数百万円レベルに抑えることを目標とした。
出典 パーキンソン病治療、他人のiPS細胞で30年度の治験目指す 京大CiRA高橋淳教授 – 産経WEST

・課題は品質の維持


恐らく人為的と思われるなミスで研究が遅れた過去も。
出典 amanaimages.com

人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作製する過程で誤った試薬を使用した可能性が否定できないとして、臨床用iPS細胞の提供を一時停止すると発表
出典 iPS提供、一時停止=試薬誤った可能性-京大:時事ドットコム

臍帯血(新生児のへその緒に含まれる血液)を使って作ったiPS細胞作製の際
出典 東京新聞:iPS血小板と角膜で遅れ 臨床研究計画、京大提供停止で :社会(TOKYO Web)

本来なら使わない確認用試薬のチューブが見つかった上、中身と異なるラベルが貼られていたことが昨年11月に分かった。聞き取り調査や監視ビデオの復元も行ったが原因は不明という。
出典 iPS提供、一時停止=試薬誤った可能性-京大:時事ドットコム

山中教授は?

「非常につらい決断だが、大きく反省している。深くおわびします」と陳謝した。
出典 iPS提供、一時停止=試薬誤った可能性-京大:時事ドットコム

・今後の展望


いろんな大学で研究が進められているiPS細胞の未来は明るい。
出典 www.aflo.com

京大は15年から、拒絶反応を起こしにくいiPS細胞の備蓄を進める。治験はこのiPS細胞を使う。
出典 パーキンソン病のiPS治療、18年度に治験 京大  :日本経済新聞

治験がうまくいけば、大日本住友製薬が国の承認を得たうえで、再生医療製品として実用化する。
出典 パーキンソン病のiPS治療、18年度に治験 京大  :日本経済新聞

大阪大学の澤芳樹教授は「他人のiPS細胞を使った臨床研究のスタートは今後、再生医療が発展していくための大きな一歩だ」
出典 他人のiPS細胞使って治療する世界初の臨床研究を了承 | NHKニュース

「今後、研究者らが議論を続け、安全性についての情報を共有し、患者にとって最もよい有効性と安全性のバランスを考えていく必要がある。より迅速に患者の元に新しい再生医療を届けられるよう、われわれも続いていきたい」
出典 他人のiPS細胞使って治療する世界初の臨床研究を了承 | NHKニュース