なんでも鑑定団で発見…国宝「曜変天目茶碗」が凄すぎる




なんでも鑑定団で発見された「曜変天目茶碗」。鑑定額はなんと2500万円。凄すぎます。

・なんでも鑑定団で世紀の発見が


3つしかない国宝「曜変天目茶碗」
出典 www.amazon.co.jp

テレビ東京は20日、鑑定番組「開運!なんでも鑑定団」の収録で、世界に3点しかないとされる「曜変天目茶碗」とみられる陶器が、新たに見つかったと発表した。
出典 国宝級の曜変天目茶碗か テレ東の鑑定番組で発見  :日本経済新聞

テレビ東京で12月20日20時54分から放送
出典 12月20日放送の「なんでも鑑定団」で番組史上最大のお宝が登場 国宝級の依頼品に鑑定額は……? – ねとらぼ

現存する3点はいずれも国宝に指定されている。
出典 国宝級の曜変天目茶碗か テレ東の鑑定番組で発見  :日本経済新聞

幻の4点目の発見に、鑑定士の中島誠之助も大興奮の事態となった。
出典 「開運!なんでも鑑定団」で国宝級のお宝 番組始まって以来最大の発見 – ライブドアニュース

・鑑定士・中島誠之助さんも大興奮

「始まって以来、最大の発見!」

スタジオで披露された鑑定額は2,500万円
出典 『なんでも鑑定団』で発見された曜変天目茶碗、鑑定額は2,500万円に | マイナビニュース

同番組でお馴染みの鑑定士・中島誠之助さんも「鑑定団始まって以来、最大の発見!」と、興奮を隠せない様子で断言
出典 12月20日放送の「なんでも鑑定団」で番組史上最大のお宝が登場 国宝級の依頼品に鑑定額は……? – ねとらぼ

茶碗の高台の真ん中に、天皇や上皇、将軍が食事で使う容器に彫られる「供御」という二文字が確認できたことや、箱や家系図の状況から、中島は「三好長慶が足利家から取得したものであることは間違いない」と説明
出典 『なんでも鑑定団』で発見された曜変天目茶碗、鑑定額は2,500万円に | マイナビニュース

中島は「信長、秀吉、そして徳川家康が持って現代に伝わっていたら国宝になってたかもしれないですね」と解説し、「大名品です。大切になさってください」と語りかけた。
出典 『なんでも鑑定団』で発見された曜変天目茶碗、鑑定額は2,500万円に | マイナビニュース

岡田プロデューサーは「鑑定士中島誠之助が番組22年の歴史の中でも『最大の発見』と大絶賛する様には思わず体が震えました」と収録を振り返り、「日本にはまだまだ本当にすごいお宝が眠っている」と興奮した様子で語った。
出典 『なんでも鑑定団』に国宝級のお宝登場! 番組22年の歴史で最大の発見 | マイナビニュース

▼番組を観ていた人は?

この器でご飯食べたら美味しいだろうな…。

歴史的価値が凄そう

・発見に至った経緯


ラーメン店経営の男性が、20年以上前に譲り受け押し入れにしまったものを取り出し鑑定を依頼。
出典 amanaimages.com

テレビ東京によると、徳島県のラーメン店経営の男性が番組に鑑定を依頼。
出典 新たな曜変天目茶碗か テレ東の鑑定番組「開運!なんでも鑑定団」で発見 番組最高額5億円超えか – 産経ニュース

大工をしていた男性の曽祖父が、戦国武将・三好長慶の子孫が暮らす屋敷の移築を請け負った際、買い受けた骨董品に交ざっていたらしい。
出典 新たな曜変天目茶碗か テレ東の鑑定番組「開運!なんでも鑑定団」で発見 番組最高額5億円超えか – 産経ニュース

男性は20年以上前に譲り受けたが、押し入れにしまったままだった。
出典 鑑定番組で新たな曜変天目茶碗か| ロイター

最近気になって調べたところ、焼物として非常に価値の高い天目茶碗のようで、本当に価値があるのかどうか知りたくて、番組に鑑定を依頼したとのこと。
出典 『なんでも鑑定団』スタート以来“最大のお宝”が登場 – エキサイトニュース(1/2)

・「曜変天目茶碗」とは?


南宋時代の中国でつくられた再現が極めて難しい茶碗。

もともとは中国で焼かれた雑器の“天目茶碗(てんもくちゃわん)”。
出典 12月20日放送の「なんでも鑑定団」で番組史上最大のお宝が登場 国宝級の依頼品に鑑定額は……? – ねとらぼ

静嘉堂文庫美術館(東京都)によると、曜変天目茶碗は、南宋時代の中国でつくられ、完全な形で残るのは世界に三つとされる。
出典 新たな曜変天目茶碗か テレ東の鑑定番組「開運!なんでも鑑定団」で発見 番組最高額5億円超えか – 産経ニュース

「曜変」は元は「窯変」と表記され、窯で焼成する際の何らかの変化で斑紋が生じたものを指す。
出典 小碗に浮かぶ瑠璃色の宇宙 曜変天目茶碗(藤田美術館・大阪市) …|エンタメ!|NIKKEI STYLE

鎌倉時代、中国・浙江省(せっこうしょう)天目山で修行した日本の禅僧が持ちかえったことが名前の由来で、室町時代になると美に魅了された茶人たちの間で人気に。
出典 12月20日放送の「なんでも鑑定団」で番組史上最大のお宝が登場 国宝級の依頼品に鑑定額は……? – ねとらぼ

中でも、窯の中でうわぐすりが変化して美しい文様をていした“曜変天目”は、偶然の産物のため再現が極めて難しいとされています。
出典 12月20日放送の「なんでも鑑定団」で番組史上最大のお宝が登場 国宝級の依頼品に鑑定額は……? – ねとらぼ

・過去3つの所蔵品は?


東京の静嘉堂文庫美術館、京都の大徳寺龍光院、藤田美術館に所蔵。

東京の静嘉堂文庫美術館、京都の大徳寺龍光院、そして藤田美術館が1点ずつ所蔵し、すべて国宝に指定されている。
出典 東京で「藤田美術館の至宝」展 口径12センチの小宇宙(1/3ページ) – 産経ニュース

うち藤田美術館のものは徳川家康が水戸藩主に譲ったと伝わり、大正7年の水戸徳川家の売り立てで、関西屈指の実業家だった藤田傳三郎(でんざぶろう)(1841~1912年)の長男により購入された。
出典 東京で「藤田美術館の至宝」展 口径12センチの小宇宙(1/3ページ) – 産経ニュース

藤田傳三郎(1841年-1912年)は山口県出身の実業家で、国内の美術品を精力的に収集し、海外流出を防ぎました。
出典 市美術館11月23日(祝日)まで開催 藤田美術館の至宝 国宝 曜変天目茶碗と日本の美 – 福岡市 ふくおか市政だより WEB版

静嘉堂文庫美術館の品は徳川家光が乳母の春日局に与え、その嫁ぎ先の稲葉家に伝わったものを三菱財閥の岩崎家が買い取った。
出典 小碗に浮かぶ瑠璃色の宇宙 曜変天目茶碗(藤田美術館・大阪市) …|エンタメ!|NIKKEI STYLE

茶碗の内側には、漆黒のうわぐすりの中に大小に連なる銀色の斑文があり、その周りに光彩が現れているため、宇宙に星々が輝くように見える。
出典 国宝級の曜変天目茶碗か テレ東の鑑定番組で発見  :日本経済新聞

・過去番組で発見されてきた高額のお宝


最高額は「柿右衛門様式の壺」で5億円。

これまで同番組で発見されてきた高額のお宝には、坂本龍馬の手紙2通(4,000万円)
出典 『なんでも鑑定団』に国宝級のお宝登場! 番組22年の歴史で最大の発見 | マイナビニュース

巨匠レオナール・フジタが描いた「日本のモナ・リザ」と称賛された絵(3,000万円)
出典 『なんでも鑑定団』に国宝級のお宝登場! 番組22年の歴史で最大の発見 | マイナビニュース

マリリン・モンローが身に着けたイエローダイヤモンド(1億5,000万円)などが存在する。
出典 『なんでも鑑定団』に国宝級のお宝登場! 番組22年の歴史で最大の発見 | マイナビニュース

番組ホームページによると、鑑定額でこれまでの最高額は、2005年9月27日に放送された「柿右衛門様式の壺」の5億円だった。
出典 新たな曜変天目茶碗か テレ東の鑑定番組「開運!なんでも鑑定団」で発見 番組最高額5億円超えか – 産経ニュース