ソーダ税に不妊の分類…WHOの報告が物議を醸していた




肥満や糖尿病を減らすため、糖分を含む飲料への課税を促す、子供を作るために性的パートナーを見つけることのできない人は、今後は病人に区分されるなどWHOの報告が波紋を呼んでいます。

・WHOが呼びかける「ソーダ税」


出典 amanaimages.com

WHO(世界保健機関)は10月11日、肥満や糖尿病を減らすため、糖分を含む飲料への課税を促すよう各国に呼び掛けた。
出典 WHOの「砂糖入り飲料に課税を」との要請に「ジョークだろ」などの声 | ニコニコニュース

WHOによると、世界で糖尿病の患者数は1980年に1億800万人だったが、2014年には4億2200万人に増えている。
出典 全文表示 | WHO「糖分入り飲料に課税を」 糖尿病減り「医療費削減」 : J-CASTニュース

指針では、1日に摂取する糖分によるカロリーを10%未満に抑えるようと推奨している
出典 WHOが呼び掛け「ソーダ税」とはどういうものか – エキサイトニュース(1/4)

課税は、すでにメキシコが課税を実施していて、今回の提言によりフィリピンや南アフリカ、イギリスが導入を検討しているという。
出典 「甘い清涼飲料水に20%以上の課税を」WHOが提言 | ハザードラボ

・具体的な課税案


出典 www.aflo.com

全国清涼飲料工業会のデータによると、生産量と同様1人あたりの消費量は2005年の約140リットルからから、2016年は160リットルを遥かに超えている(1人あたりの消費量=生産量÷人口)数字となっている
出典 WHOが呼び掛け「ソーダ税」とはどういうものか – エキサイトニュース(4/4)

WHOがこのほど発表した報告書は、砂糖入り飲料に課税をすればその消費量を下げることができ、肥満の人や2型糖尿病患者を減らすせると指摘している。
出典 WHOの「砂糖入り飲料に課税を」との要請に「ジョークだろ」などの声 | マイナビニュース

清涼飲料水などの糖分を含む飲料に少なくとも20%の税金を課すという財政政策を実施すれば、摂取量を大きく減らすことができると提言している。
出典 WHOの「砂糖入り飲料に課税を」との要請に「ジョークだろ」などの声 | マイナビニュース

WHOは、「税の導入により人々の健康被害を減少させ、命を救うことができる」という見方を示しています。
出典 肥満問題解消に向けて炭酸飲料から糖分を削減することをペプシコが表明 – GIGAZINE

・2025年までに350mlあたり100キロカロリー以下に


出典 amanaimages.com

WHOの研究グループの報告書によると、糖分の摂り過ぎで大きいのは飲料が多いとし、平均すると1缶当たりティースプーン約10杯分の砂糖が含まれていると警鐘を鳴らしている
出典 WHOが呼び掛け「ソーダ税」とはどういうものか – エキサイトニュース(1/4)

日本では、糖尿病の大部分を占めるのは2型糖尿病だが、糖分の多い飲料を1日1缶以上飲む人は、飲まない人に比べリスクが26%高くなると警告する
出典 WHOが呼び掛け「ソーダ税」とはどういうものか – エキサイトニュース(1/4)

世界で販売する飲料製品の3分の2について、2025年までに砂糖によるカロリーを12オンス(約350ミリリットル)当たり100キロカロリー以下に抑える。
出典 飲料の砂糖減らします=健康に配慮-米ペプシコ:時事ドットコム

ただ、課税の割合も比較的大きな数値を見込んでいるため、インターネット上では「ジョークだろ」などの声があがっている。
出典 WHOの「砂糖入り飲料に課税を」との要請に「ジョークだろ」などの声 | ニコニコニュース

・この件の日本への導入に関して意見が集中した

・さらにWHOが決めた新たな分類が物議


出典 amanaimages.com

WHOの新しい分類によれば、子供を作るために性的パートナーを見つけることのできない人は、今後は病人に区分される。
出典 性的パートナーを見つけることができない人は障害者扱いに

記事はあくまで“妊娠しづらい男女が対象だった「不妊」「子供に恵まれない人」の定義が、より広範囲になったこと”を取り上げたもの。
出典 「性的パートナーがいない人は障がい者?」誤訳を元に波紋広がる 元記事は不妊の定義変更を取り上げたもの – ねとらぼ

専門家らは、不妊についての新しい定義は多くの国々で禁止されている代理出産の人気を高めるだろうと見ている。
出典 性的パートナーを見つけることができない人は障害者扱いに

WHOのこうした決定は、大きな批判を呼び起こす可能性がある。なぜなら、この問題は、医療ばかりでなく、社会問題にも抵触するものだからだ。
出典 性的パートナーを見つけることができない人は障害者扱いに

・この点に対しては「誤訳」が広がった形に


元記事の「disability」を狭義での「障害」としているなど、正確な翻訳とはいえない