あれっ!?…いつの間にか『羽生善治が茶髪』になってた




白髪交じりの髪に寝ぐせがトレードマークだった羽生善治先生が茶髪とメガネをリフレッシュし帰ってきました。

・羽生善治、若手棋士を退ける

将棋の第87期棋聖戦(産経新聞社主催)の五番勝負第5局が1日、新潟市で
出典 羽生善治、棋聖9連覇を達成…三冠も維持 : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

後手の羽生善治棋聖(45)が112手で挑戦者の永瀬拓矢六段(23)を破り、対戦成績3勝2敗で9連覇を果たした。
出典 将棋、羽生が棋聖9連覇 3冠を維持 – 西日本新聞

棋聖位の獲得は通算15期目。
出典 将棋、羽生が棋聖9連覇 3冠を維持 – 西日本新聞

羽生は王位、王座、棋聖の三冠を維持し、通算タイトル獲得数は95期となった。
出典 羽生善治、棋聖9連覇を達成…三冠も維持 : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

・2016年の羽生善治に流れた不調説


自身ワーストとなる公式戦6連敗、名人位を失うなど不調が続いていた。

2016年に入り、王将戦の挑戦に失敗。自身ワーストとなる公式戦6連敗
出典 将棋界に世代交代の波? 「羽生世代」は曲がり角の時期なのか | THE PAGE(ザ・ページ)

5月に名人位を失い、今シリーズも挑戦者に白星先行を許した
出典 羽生棋聖が9連覇 将棋、3冠を維持  :日本経済新聞

7月22日現在の羽生三冠の2016年度の成績は7勝10敗。また森内九段は3勝7敗、佐藤九段は3勝7敗で、過去高勝率を誇った3人の成績としてはかなり厳しい数字
出典 将棋界に世代交代の波? 「羽生世代」は曲がり角の時期なのか | THE PAGE(ザ・ページ)

元「週刊将棋」編集長の古作登氏は?

「長きにわたって君臨した羽生世代だが、曲がり角の年齢に来たのではないか。ここ1年が羽生世代の分水嶺になる年になるかもしれない」
出典 将棋界に世代交代の波? 「羽生世代」は曲がり角の時期なのか | THE PAGE(ザ・ページ)

・追い込まれた羽生善治の封じ手は茶髪だった

佐藤天彦名人に敗れた時の羽生さん
白髪交じりの頭。

リフレッシュを果たした
確かに茶髪になってる

名人戦以降にささやかれていた「不調説」を振り払おうと、「気分転換を兼ねて」薄い茶髪に染めた。
出典 【きょうの人】羽生善治さん 棋聖戦最多の9連覇達成 「気分転換兼ねて」茶髪で不調説一蹴 – 産経ニュース

「度が合わなくなったので、めがねもその少し前に替えました」
出典 【きょうの人】羽生善治さん 棋聖戦最多の9連覇達成 「気分転換兼ねて」茶髪で不調説一蹴 – 産経ニュース

これが奏功したのか、カド番で迎えた第4局では、20年以上指されたことのない戦法を採用し、圧勝。
出典 【きょうの人】羽生善治さん 棋聖戦最多の9連覇達成 「気分転換兼ねて」茶髪で不調説一蹴 – 産経ニュース

羽生さんは五番勝負を振り返って、「9連覇の実感はあまり湧かないですが、勝ててよかったと思います。初戦から苦しい将棋が多く、うまくいかなかったところは今後の課題にしたいと思います」
出典 将棋 棋聖戦 羽生三冠が永瀬六段破り9連覇 | NHKニュース

・Twitter内もこの話題で持ちきりだった

・羽生善治は言う「不調の時は髪を切る」


気分転換をすることを心がけている
出典 amanaimages.com

「不調」のときには、気分転換をすることを心がけているのだと羽生さん。
出典 羽生善治の「不調」を乗り越える「経験則」 茂木 健一郎:世界一の発想法:PRESIDENT Online – プレジデント

散歩をしたり、旅行をしたり、将棋と関係のない本を読んだり、あるいは髪の毛を切ったりすることもあるのだという。
出典 羽生善治の「不調」を乗り越える「経験則」 茂木 健一郎:世界一の発想法:PRESIDENT Online – プレジデント

「いやあ、前は、寝癖になりやすい髪質でしたが、最近はそうでもないんですよ。ただ、一度、寝癖というイメージがついてしまったので、今でも、羽生は寝癖だ、と思っている方が多いようです」
出典 羽生善治の「不調」を乗り越える「経験則」 茂木 健一郎:世界一の発想法:PRESIDENT Online – プレジデント

自我の強さとか、欲の強さが大事
修造カレンダ-を引き合いに。
出典 www.amazon.co.jp

「去年、『(松岡)修造カレンダー』がすごく売れたじゃないですか。何でだろうって考えてみたんです。やっぱり、自分も含めて日本人は、強い自我とか気持ちを前面に出すことが弱いんですよ。自分で欲を抑えてしまって、持ってる力を発揮しきれない。」
出典 羽生善治45歳「負けることもある、それが人生」密着ロングインタビュー 第一人者に「変化」が起きていた | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]

「日本人のメンタルの欠けてる部分をあのカレンダーは補っている。結局、最後の最後、何で決まるのかと言ったら、自我の強さとか、欲の強さみたいなものが大事なんじゃないかなと。そういう思いは、若い頃より強くなってきました」
出典 羽生善治45歳「負けることもある、それが人生」密着ロングインタビュー 第一人者に「変化」が起きていた | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]

「ただ、今からどんなに頑張っても、松岡さんみたいにはなれないですけどね。もう、今さら」
出典 羽生善治45歳「負けることもある、それが人生」密着ロングインタビュー 第一人者に「変化」が起きていた | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]

・これらの羽生善治も楽しみになってきた


大山康晴のような伝説を残していくのか…。

タイトル獲得は通算95期となり、夢の大記録の100期に向け、また一歩前進。
出典 「長かった」〝世代交代かけた戦い〟9連覇達成から一夜明け、羽生棋聖喜び語る – 産経WEST

一夜明けた2日朝、対局の舞台となった新潟市・岩室温泉の「高島屋」で、「長かった。ほっと一息つけました」と喜びを語った。
出典 「長かった」〝世代交代かけた戦い〟9連覇達成から一夜明け、羽生棋聖喜び語る – 産経WEST

大山康晴十五世名人は69歳で亡くなるまで将棋界トップのA級を維持し、56歳でタイトルを獲得、66歳でもタイトルに挑戦するなど超人的な活躍を残した棋士
出典 将棋界に世代交代の波? 「羽生世代」は曲がり角の時期なのか | THE PAGE(ザ・ページ)

今後羽生三冠が調子を立て直し、さらに伝説を残していくのか。ついに若手世代がタイトル戦線の主役となるのか注目されます。
出典 将棋界に世代交代の波? 「羽生世代」は曲がり角の時期なのか | THE PAGE(ザ・ページ)