本気でびびった…「東京M9.1の大地震」という誤った地震速報




8月1日17時頃「東京M9.1の大地震」という誤報が流れました。最近関東で地震が頻発しているだけに、首都圏はパニックに陥ったようです。

・8月1日17時ごろ、大地震を知らせるアラームが

実際の「ゆれくるコール」の画像
震度7が関東地域を埋め尽くした。

気象庁は2016年8月1日、「東京湾を震源とするM9.1の地震が発生」という誤った緊急地震速報を流した、と発表
出典 「東京でM9地震」速報で「心臓止まるかと」 気象庁の「大誤報」に問い合わせ殺到 : J-CASTニュース

千葉県南部、東京都23区、神奈川県東部、千葉県北西部、埼玉県南部が「震度7程度以上」を観測したと表示
出典 「東京でM9地震」速報で「心臓止まるかと」 気象庁の「大誤報」に問い合わせ殺到 : J-CASTニュース

その後地震は発生せず、予報はキャンセルされました。
出典 「東京湾震源でマグニチュード9.1」緊急地震速報で一時混乱 電車が止まるなどの影響も – ねとらぼ

およそ3分後にも同じ地震計から強い揺れを示す誤ったデータが入った
出典 気象庁 緊急地震速報のデータ取り消し 落雷が原因か | NHKニュース

誤った地震速報は17時9分の1分間に3回流され、そのうち2回はマグニチュード9以上となっていた。
出典 「東京でM9地震」速報で「心臓止まるかと」 気象庁の「大誤報」に問い合わせ殺到 : J-CASTニュース

・首都圏は一時騒然とした

「本気でびびった」
出典 amanaimages.com

この影響で、東京地裁などが入る霞が関の庁舎では警報音とともに「緊急地震速報、震度7」とのアナウンスが流れ、一時騒然となった。
出典 気象庁「東京湾で震度7」、直後に取り消し  :日本経済新聞

新宿の東京都庁でも庁舎内のエスカレーターやエレベーターが約3分間停止した。
出典 気象庁「東京湾で震度7」、直後に取り消し  :日本経済新聞

直後に情報は修正されたが、ツイッターでは混乱する様子が見られた。
出典 緊急地震速報の誤作動で「東京湾でM9.1震度7」、誤報と判明もネットはパニック|ニフティニュース

「本気でびびってしまった」「心臓止まるかと思った」といった声が続々寄せられた。
出典 「東京でM9地震」速報で「心臓止まるかと」 気象庁の「大誤報」に問い合わせ殺到 : J-CASTニュース


小田急線など首都圏の私鉄の一部が一時運転を見合わせるなど影響が出た
出典 amanaimages.com

また、一部の鉄道などでは電車が止まるなどの影響も。
出典 「東京湾震源でマグニチュード9.1」緊急地震速報で一時混乱 電車が止まるなどの影響も – ねとらぼ

その後、各社が設置している地震計で揺れが観測されなかったことなどから、すぐに運転を再開し、各社の運行に大きな影響はなかったということ
出典 気象庁 緊急地震速報のデータ取り消し 落雷が原因か | NHKニュース

「数字が大きかったので反響は大きい。(通知アプリ等を運営する)事業者からの連絡が鳴りやまない状況だ」
出典 「東京でM9地震」速報で「心臓止まるかと」 気象庁の「大誤報」に問い合わせ殺到 : J-CASTニュース

気象庁の地震津波防災対策室の担当者

・実際のTwitterの声

・気象庁「データに大きなノイズが記録されたため」


「警報」ではなく「予報」だったという。

気象庁に問い合わせたところ、今回発表されたのは、通常の「警報」よりも速報性の高い「予報」であり、誤報ではないものの「各所にご迷惑をおかけしております」とのこと
出典 「東京湾震源でマグニチュード9.1」緊急地震速報で一時混乱 電車が止まるなどの影響も – ねとらぼ

気象庁によれば、過去1カ月(2016年7月)に発表した緊急地震速報(予報)は約90件。このうちキャンセル報が発表されたのは今回のものと、同じ1日の朝(7時36分)のもの、あわせて2件だった。
出典 1日夕方に「首都圏震度7」と誤報、15秒でキャンセル – ケータイ Watch

「今回の原因は、防災科学技術研究所の富津観測点のデータに大きなノイズが記録されたためで、一般向けに発表する緊急地震速報は、こうしたノイズによる発信を防ぐため、2点以上の観測点で揺れを観測した場合に発表することにしていて、今回も発表していない」
出典 気象庁 緊急地震速報のデータ取り消し 落雷が原因か | NHKニュース


落雷による地震計誤作動の可能性も
出典 amanaimages.com

17 時12分頃にも千葉県富津市付近で震度5弱以上を予測した緊急地震速報(予報)を発表しましたが、これも同様のノイズによるものと考えられる、としています。
出典 気象庁が震度7の「緊急地震速報(予報)」を15秒後にキャンセル~「富津観測点のデータに大きなノイズが記録されたため」 – ネタとぴ

気象庁は落雷によって千葉県内の地震計の1か所に誤ったデータが記録されたことが原因ではないかとみて詳しく調べています。
出典 気象庁 緊急地震速報のデータ取り消し 落雷が原因か | NHKニュース

・最近よく起こっている関東の地震

27日には茨城県で震度5弱を記録
短期間で震度4の揺れに3度も見舞われている。

27日(2016年7月)午後11時47分、茨城県北部を震源とする地震が発生し、茨城県で震度5弱を記録
出典 きのうもあった「関東地震」巨大化・首都直下の心配ないか?きのうも3・11の余震 : J-CASTテレビウォッチ

茨城県南部で17日と20日、千葉県東部沖で19日に最大震度4の揺れが続いている
出典 きのうもあった「関東地震」巨大化・首都直下の心配ないか?きのうも3・11の余震 : J-CASTテレビウォッチ

関東地方はこの短期間で震度4の揺れに3度も見舞われる格好となった。
出典 関東で相次ぐ震度4の揺れ。首都直下地震との関連を研究家が緊急分析 – まぐまぐニュース!

ここ1か月でみると、関東地方やその近海を震源とする震度1以上の地震は66回を数えます。
出典 関東で相次ぐ地震、“首都直下”との関連は? News i – TBSの動画ニュースサイト

・首都直下地震との関連は考えにくいものの警戒が必要


専門家は大きな地震が起こりやすくなっているという認識を持つように勧めている。

本当に首都直下地震の前兆であるかどうかは、現在の科学技術では100%断定しきれない
出典 関東で相次ぐ震度4の揺れ。首都直下地震との関連を研究家が緊急分析 – まぐまぐニュース!

しかし専門家は?

「今回の一連の地震が、直接的に首都直下地震につながるとは考えにくい。小・中型の地震が起これば起こるほど、大きな地震は起こりやすくなるので、この地域(茨城県南部)では、大きな地震が通常よりは起こりやすくなっているという認識を持った方がよい」
出典 関東で相次ぐ地震、“首都直下”との関連は? News i – TBSの動画ニュースサイト

筑波大学[地震学] 八木勇治 准教授

「今回、首都圏を含む南関東では3つの指標全てで異常が見られている。震度4以上の地震が相次いでいますが、まだエネルギーは放出されきっていないため、今後、さらに大きい地震が起こる可能性は高いと考えるべきでしょう」
出典 「MEGA地震予測」で南関東が史上初の最高警戒「レベル5」に – ライブドアニュース

測量学の世界的権威である村井俊治・東大名誉教授

来るべき大規模地震に向けて、日頃からの備えや情報収集は怠るべきではないことは、間違いなく言える
出典 関東で相次ぐ震度4の揺れ。首都直下地震との関連を研究家が緊急分析 – まぐまぐニュース!

・今回の騒動にはこんな声も 「怖さを知れた」