出たことないよ…と嘆きたくなるネット『最大通信速度』の謎




『最大通信速度』何百メガと謳われている通信機器だが、実際に出ないことがほとんど。そこで最大通信速度の謎と格安SIMの実効速度の違いをまとめてみました。

・安くて便利な格安SIM


最近急増している
出典 amanaimages.com

格安SIMは、大手携帯電話会社よりも月額料金が安いことから人気を集めており、ユーザー数も右肩上がりで増加中
出典 どこが速い? 格安SIMの通信速度ランキング【16年初夏】 – 日経トレンディネット

格安SIMのどれが速いか遅いかは永遠に尽きない話題
出典 ASCII.jp:今はイオンモバイルが爆速!? 手持ちの格安SIM5枚で速度比べ (1/2)|格安データ通信SIMを買って格安に使い倒す!

「格安SIM」を選ぶうえで、料金はもちろんだが、「通信速度」も重要な決め手になる。
出典 通信速度定点観測:ロケットモバイルが“ロケットスタート”を決めたが!?——「格安SIM」18サービスの実効速度を比較(ドコモ回線5月編) (1/2) – ITmedia Mobile

大抵の場合は速い時期があったり、その後ユーザーの集中で遅くなったり、設備増強して再び速度を取り戻す、というサイクルが続く。
出典 ASCII.jp:今はイオンモバイルが爆速!? 手持ちの格安SIM5枚で速度比べ (1/2)|格安データ通信SIMを買って格安に使い倒す!

・みんな実感「最大通信速度は出ない」

速度が出ない…。
理解に苦しむ
出典 amanaimages.com

・そもそも最大通信速度とは?


あくまでも理論上、最高の条件下での最大
出典 amanaimages.com

3Gの時代から今日に至るまで、キャリアのうたう「最大通信速度」と同等の速度を体感できているユーザーは、ほとんどいない
出典 スマホの通信速度、300Mbpsのウソと真実 |MONO TRENDY|NIKKEI STYLE

利用者からは、提示されているのは最大通信速度とはいえ「実際の利用速度とあまりにも違いすぎる」「ちゃんと計測しているのか?」といった疑問が噴出していた。
出典 「実効速度」の意味を問う[前編]総務省ガイドラインに沿って実態検証 – WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース)

あくまでも理論上、最高の条件が揃った時にはこれだけの速度が期待できるということで「最大」なのです。
出典 格安スマホや格安SIMの通信速度ってどんな感じ?通信速度について知ろう! | ジムーバ

電波状況が悪い・利用者が多い場面では、従来通りの速度になることもあります。
出典 【iPhone 6s】LTEの最大通信速度は選ぶキャリアで異なる! 最速は・・・ | AppBank – iPhone, スマホのたのしみを見つけよう

・総務省は『実効速度』を定めている

「箱ひげ図」と呼ばれる手法で
2015年12月から

実効速度とは:一般的な利用環境で計測された通信速度を示します。
出典 実効速度計測結果 | エリア | NTTドコモ

総務省が定めたガイドラインに沿って、通信大手3キャリアは2015年12月からスマートフォン「実効速度」の公表を開始
出典 【SPEED TEST】総務省ガイドラインに沿ってスマホの「実効速度」を分析してみた……KDDI編 | RBB TODAY

計測場所、計測時間、計測ソフトなど、決められた一定の条件下で速度測定を実施し、結果を「箱ひげ図」と呼ばれる統計手法で集計・表示することが定められている。
出典 【SPEED TEST】総務省ガイドラインに沿ってスマホの「実効速度」を分析してみた……KDDI編 | RBB TODAY

全国1500カ所で行われた調査結果が、ドコモ、au、ソフトバンクそれぞれで案内されており、Android、iOS別に参照することもできる。
出典 ドコモ、au、ソフトバンクの実効速度は? 各社サイトで公表 – ケータイ Watch

実効速度計測結果 | エリア | NTTドコモ

実効速度について | エリア | au

「総務省実効速度調査」測定方法/測定結果 | ソフトバンクのネットワークサービス | 通信・エリア | モバイル | ソフトバンク

・因みに格安SIMで通信速度が速いのは?

新宿駅前の9時台における平均速度は、下りが34.10Mbps、上りが14.99Mbpsという結果に
出典 速度が出やすい朝9時台は…… – 日経トレンディネット

なかでもIIJmioとmineoが平均で50Mbpsの大台を突破した。
出典 速度が出やすい朝9時台は…… – 日経トレンディネット

速度が出やすい朝9時台は…… – 日経トレンディネット

▲ ASCII.JPの調査結果
午後4時。

午後4時は夕方の学校は終わっているが、働いている人はまだ会社にいる時間。本格的な通信ラッシュの前という時間帯となる。
出典 ASCII.jp:今はイオンモバイルが爆速!? 手持ちの格安SIM5枚で速度比べ (1/2)|格安データ通信SIMを買って格安に使い倒す!

速度トップのIIJmioは下りで16~17Mbps帯という状況で、イオンモバイル、mineo、ドコモのspモードが僅差で続いている。
出典 ASCII.jp:今はイオンモバイルが爆速!? 手持ちの格安SIM5枚で速度比べ (1/2)|格安データ通信SIMを買って格安に使い倒す!

ASCII.jp:今はイオンモバイルが爆速!? 手持ちの格安SIM5枚で速度比べ (1/2)|格安データ通信SIMを買って格安に使い倒す!

▲ ITメディアモバイルの調査結果
横浜駅夕方の測定

トップはドコモ本家の「mopera U」だが3.68Mbps。混雑時に強いといわれるドコモ本家の数字がこれだ。
出典 通信速度定点観測:ロケットモバイルが“ロケットスタート”を決めたが!?——「格安SIM」18サービスの実効速度を比較(ドコモ回線5月編) (1/2) – ITmedia Mobile

これに追随したのがMVNOを古くから手掛け、ベテランのモバイラーに知名度の高い「IIJmio」。下り平均3.06Mbps。3Mbpsに達したのはこの2サービスのみ
出典 通信速度定点観測:ロケットモバイルが“ロケットスタート”を決めたが!?——「格安SIM」18サービスの実効速度を比較(ドコモ回線5月編) (1/2) – ITmedia Mobile

通信速度定点観測:ロケットモバイルが“ロケットスタート”を決めたが!?——「格安SIM」18サービスの実効速度を比較(ドコモ回線5月編) (1/2) – ITmedia Mobile