フォルクスワーゲンはもはや車よりもソーセージが売れているらしい




フォルクスワーゲンがソーセージを売っていて本業よりも好調な事実。これは銚子電鉄で言うところのぬれ煎餅なのです!

■今さら聞けないVW排気ガス問題


昨年9月にVWのディーゼルエンジンの違法性が指摘された。
出典 www.aflo.com

昨年9月に発覚したドイツ自動車大手・フォルクスワーゲンの排ガス規制逃れ問題。
出典 VW排ガス不正問題はどこへ向かうのか / 両角岳彦×牧野茂雄×荻上チキ | SYNODOS -シノドス-

100年超の自動車史の中でもとりわけ大きな出来事と言っていいだろう。
出典 清水和夫が改めて振り返る「フォルクスワーゲン 排ガス不正問題」 – 自動車コラム – carview! – 自動車

アメリカ政府環境保護局(EPA)がVWのディーゼルエンジンの違法性を指摘したとのニュースが飛び込んできたのは、フランクフルトショー会期中の9月18日(アメリカ時間)のことだった。
出典 清水和夫が改めて振り返る「フォルクスワーゲン 排ガス不正問題」 – 自動車コラム – carview! – 自動車

当初アメリカで問題となったのは48万台だが、欧州やアジアで市販されたディーゼル車にも違法なデバイスが使われていた
出典 ディーゼル技術で世界をリードしていたはずのVWとボッシュが、なぜ | 【年末年始】改めて振り返る「フォルクスワーゲン 排ガス不正問題」

不正なソフトを使って法を逃れようとしていた。

フォルクスワーゲンの排ガス不正が世界にいろいろ影響を与えてた – NAVER まとめ

■今や被害は全世界に渡る


特に酷いのがインド。32万3700台のディーゼル車をリコール。
出典 www.aflo.com

独フォルクスワーゲン(VW) インドのアナント・ギーテ重工業相はこのほど、VWの車両がインド自動車調査協会(ARAI)による路上検査で、国内排ガス基準の上限を超えて9倍にまで達すると語った。
出典 独VW、インド排ガス規制に違反  :日本経済新聞

VWのインド子会社は2015年12月、同国史上最多となる32万3700台のディーゼル車をリコールすることを明らかにしている。
出典 独VW、インド排ガス規制に違反  :日本経済新聞

そして2016年に入って1月には?

27日、本格的なリコールを開始したことを明らかにした。
出典 www.fnn-news.com: VW排ガス不正問題 …

一連の排ガス不正問題発覚後、本格的なリコールが実施されたのは初めてで、もう1つの対象車種「パサート」についても、許可が下り次第、作業を始めるとしている。
出典 www.fnn-news.com: VW排ガス不正問題 …

■2015年は厳しい年になったがゆえにこんな珍事も


VWに加工肉部門がある事自体知らなかった…。
出典 www.aflo.com

2015年はフォルクスワーゲン(VW)にとって厳しい年となったが、同社の加工肉部門は好調なセールスを続けている。
出典 フォルクスワーゲン、2015年に自動車よりも多く売れた商品はソーセージ – Autoblog 日本版

2015年、ドイツ料理として人気のソーセージ「カリーヴルスト」を720万売った。なおフォルクスワーゲンの2015年の販売台数は、およそ580万台だった。南ドイツ新聞が伝えた。
出典 フォルクスワーゲンのソーセージ 自動車よりも人気

南ドイツ新聞の強烈な皮肉。

フォルクスワーゲンがソーセージの生産を開始したのは1970年代初頭。当初、肉製品は従業員の食事用だったが、後にスーパーで販売されるようになり、サッカークラブ「ヴォルフスブルク」のスタジアムでも販売が開始された。
出典 フォルクスワーゲンのソーセージ 自動車よりも人気

さらに、ドイツ国内のVWの代理店では、新車を購入した際にこのソーセージとケチャップのセットが贈られることもあるとか。
出典 フォルクスワーゲン、2015年に自動車よりも多く売れた商品はソーセージ – Autoblog 日本版


Volkswagen Magazine – Volkswagen Originalteil – Currywurst

ソーセージの全パッケージには、「VW Original Part(フォルクスワーゲンの純正パーツ)」と記されている。
出典 フォルクスワーゲンのソーセージ 自動車よりも人気

粋ですね。

▼VWにソーセージは日本で言うと?


銚子電鉄の
出典 amanaimages.com


濡れ煎餅。
出典 www.amazon.co.jp

■2016年は車>ソーセージとなるのか

新しい社長の手腕がかかる
中国現地法人のティル・シェア氏がグループCEOへ。3月1日付
出典 www.aflo.com

23日、VWグループの中国現地法人で輸入部門のマネージングダイレクターを務めるティル・シェア氏(50)が、社長兼最高経営責任者(CEO)に昇格すると発表
出典 VWジャパン新社長にシェア氏 中国輸入部門トップ、販売巻き返しへ – SankeiBiz(サンケイビズ)

昨年7月末に庄司茂氏が社長兼CEOを突然退任して以降、スヴェン・シュタイン副社長が兼任していた。
出典 VWジャパン新社長にシェア氏 中国輸入部門トップ、販売巻き返しへ – SankeiBiz(サンケイビズ)


ティル・シェア氏はドイツで生まれの50歳。2003年にVWイタリアに入社。

その後、VW香港、ベントレー中国・香港・台湾・マカオのマネージングダイレクターを歴任。2014年1月にVW中国法人輸入部門のマネージングダイレクターに就任している。
出典 VWジャパン、ティル・シェア氏が社長兼CEOに就任 | レスポンス

グループの主力である中国市場で成長を牽引してきたシェア氏の手腕で巻き返しを図る考えだ。
出典 VWジャパン新社長にシェア氏 中国輸入部門トップ、販売巻き返しへ – SankeiBiz(サンケイビズ)

もしかしたら、長年愛され続けているこのソーセージにこそ、VW再生のカギが秘められているのかもしれない。
出典 フォルクスワーゲン、2015年に自動車よりも多く売れた商品はソーセージ – Autoblog 日本版

ソーセージのフォルクスワーゲンにならないために…。