清原和博「完落ち」でくすぶる他の芸能人摘発の可能性

2020年10月27日




清原和博が完落ち状態(正直にすべてを話す)にあることから、入手ルートが特定され他の芸能人摘発の可能性も十分にあるという見解があるそうです。まだまだ逮捕者が出るかもしれません。

■今後の捜査は他の芸能人にまで及ぶ可能性


覚せい剤の入手ルートから有名芸能人や著名人らに捜査が波及する可能性
出典 www.gettyimages.com

清原容疑者をめぐる捜査では今後、覚せい剤の入手ルートが焦点となる。
出典 清原容疑者、完落ち 大物芸能人まで摘発も – 野球 : 日刊スポーツ

家宅捜索では覚せい剤0・1グラムのほか、吸引用のパイプなども押収。清原容疑者は「覚せい剤をやるときに使っていた」と供述しているという。
出典 清原容疑者ほぼ「完落ち」…他の有名芸能人摘発も – BIGLOBEニュース

すでに所持と使用を認めるなど“完落ち”(完全に自供すること)状態とみられるだけに、購入先などの情報を供述する可能性もある。
出典 清原容疑者、完落ち 大物芸能人まで摘発も – 野球 : 日刊スポーツ

同じ経路で薬物を得ていたとされる複数の有名芸能人や著名人らに捜査が波及する可能性を指摘する声も出ている。
出典 清原容疑者ほぼ「完落ち」…他の有名芸能人摘発も – 野球 : 日刊スポーツ

▼過去にも完落ちにより入手ルートが発覚したケースがあった

・小向美奈子


09年、11年、15年と3度の逮捕を経験。
出典 www.amazon.co.jp

09年2月に覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われ、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けていた元グラビアアイドルの小向美奈子容疑者。
出典 小向美奈子再逮捕で浮上した「イラン人覚せい剤ルート」って何? | 日刊SPA!

2011年には譲り受け(後に不起訴)で逮捕
出典 小向美奈子を逮捕した「麻薬取締部」 警察と大物逮捕を狙い合う? – ライブドアニュース

その後、芸能活動を再開し、イベントや映像作品に出演するなどしていた。
出典 小向美奈子容疑者、また逮捕 覚醒剤所持で – 産経ニュース

しかし、2015年には?

覚せい剤取締法違反(所持、使用)で、4月27日に東京地裁から懲役1年6月の実刑判決を言い渡された
出典 捜査当局が重大関心 小向美奈子結婚報道の裏で浮上するAV女優“薬物ルート” – リアルライブ

3度目の逮捕。


警視庁「今後は大物を狙い合う競争になる。」
出典 amanaimages.com

実は、小向の覚せい剤事件に捜査当局がいまだ重大関心を示しており、新たな覚せい剤ルートの摘発が注目され始めている
出典 捜査当局が重大関心 小向美奈子結婚報道の裏で浮上するAV女優“薬物ルート” – リアルライブ

警視庁捜査関係者は?

「前回逮捕した時は嫌疑不十分で不起訴だった。警視庁はその後もずっとマークしていたが、それを麻取に横から持っていかれた形だ。今後は大物を狙い合う競争になる。」
出典 小向美奈子を逮捕した「麻薬取締部」 警察と大物逮捕を狙い合う? – ライブドアニュース

・ASKA


ASKAが完落ちしたことによって警視庁の大規模摘発が始まり、そのルートから芸能人の名前が浮上した。
出典 www.amazon.co.jp

覚醒剤取締法違反などで有罪判決を受けた歌手ASKA(56)に薬物を渡した「売人」が警視庁に逮捕された。
出典 ASKA売人芋づる検挙 狭まる包囲網に怯える“大物アスリート” | 日刊ゲンダイDIGITAL

捕まったのは指定暴力団山口組弘道会系の元幹部、吉田耕也容疑者(58)。
出典 ASKA売人芋づる検挙 狭まる包囲網に怯える“大物アスリート” | 日刊ゲンダイDIGITAL

逮捕容疑は2012年12月~13年1月、東京都目黒区のマンションにあるASKAの事務所で、覚せい剤約3グラムを30万円で譲り渡した疑い。
出典 【芸能界麻薬汚染】ASKAと小向美奈子を結ぶ「業界ゴロ」の点と線

そこから?

ASKAをクスリ漬けにしたともウワサされる通称「新宿の薬局」なる芸能界麻薬流通ルートが警視庁に摘発された
出典 ASKAを薬物中毒にしたとされる「新宿の薬局」 壊滅で歌舞伎町に異変 – ライブドアニュース


「ZOO」の元メンバー、坂井俊浩の名前も
出典 amanaimages.com

大規模摘発は、警視庁組織犯罪対策5課が今年7月まで暴力団幹部ら23名、顧客50名以上を逮捕したもの。
出典 ASKAを薬物中毒にしたとされる「新宿の薬局」 壊滅で歌舞伎町に異変 – ライブドアニュース

逮捕された顧客のひとりは「Choo Choo TRAIN」のヒット曲で知られる「ZOO」の元メンバー、坂井俊浩容疑者だった。
出典 ASKAを薬物中毒にしたとされる「新宿の薬局」 壊滅で歌舞伎町に異変 – ライブドアニュース

警視庁捜査関係者は?

「ASKAや小向に限ったことではないが、芸能人が逮捕されると、その売人ルートにも捜査のメスが入る。芋づる式で有名人が摘発されるシナリオも考えられる」
出典 小向美奈子を逮捕した「麻薬取締部」 警察と大物逮捕を狙い合う? – ライブドアニュース


ある組幹部「うちのルートで買っている芸能人はまだまだいる。」
出典 www.gettyimages.com

「ASKAは、自分が懲役に行きたくないから、警察にクスリの入手ルートをベラベラとしゃべった。自分で悪いことをしておきながら、人を“うたった”らダメでしょう。許されないことだ。あの清水健太郎や田代まさしだって、最後まで言わなかったからな」
出典 ASKAの「クスリの入手ルート暴露」に住吉会傘下の暴力団幹部が批判? – ライブドアニュース

「うちのルートで買っている芸能人はまだまだいる。モデル出身の有名女優や、大手芸能事務所の社長、男性アイドルグループのリーダー、小ネタが得意な俳優……いくらでもいる。いまは、ASKAのせいでシノギができないが、ほとぼりが冷めたら。また動きだす」
出典 ASKAの「クスリの入手ルート暴露」に住吉会傘下の暴力団幹部が批判? – ライブドアニュース

ASKAルートから芋づる式でドラッグの汚染源が徹底的に洗い出されている。
出典 ASKA売人芋づる検挙 狭まる包囲網に怯える“大物アスリート” | 日刊ゲンダイDIGITAL

■もう一つの争点はいつから使用していたか


現役時代も捜査対象に浮上したことがあったという。
出典 www.amazon.co.jp

初めて週刊誌に薬物疑惑が報じられたのは2014年、警視庁はこれ以前から内偵を進めていたといわれるが、実際には現役時代から、清原には薬物使用のウワサがささやかれていたという。
出典 清原和博、現役時代から“薬物常習犯”!? 「ヒザの痛み治まる」と番記者の前で“あぶり”も?|サイゾーウーマン

2006年に、清原容疑者と同僚だったこともある元プロ野球選手が覚醒剤使用の疑いで逮捕されたが、当時の捜査関係者によると、清原容疑者も捜査対象で、行動確認などを行っていた。
出典 清原和博容疑者10年前の現役時代にも疑い|日テレNEWS24

ただ、その際は使用などが確認されず、逮捕されなかった。
出典 清原和博容疑者10年前の現役時代にも疑い|日テレNEWS24

「特に、現役時代後半は常にケガに悩まされていた清原ですが、07年の左ヒザの故障が引退の直接的な原因に。その時期、番記者の中には、清原が“あぶり”を行っている現場に鉢合わせた、という話まで出ていたんです。本人が言うには『これがないとヒザの痛みが治まらない』そうで、当時は球界を代表するスターだったこともあり、情報は隠され続けました」
出典 清原和博、現役時代から“薬物常習犯”!? 「ヒザの痛み治まる」と番記者の前で“あぶり”も?|サイゾーウーマン

週刊誌記者

警視庁は今後、覚醒剤使用の証拠固めを行うとともに使用の頻度や期間、入手ルートの解明を進めることになる。
出典 清原和博容疑者10年前の現役時代にも疑い|日テレNEWS24