加賀クリエイトだけじゃない…最近事業停止したゲーム会社




「加賀クリエイト」が12月31日をもって解散していたというニュース。考えてみるとイメージエポック、アプリカ、アートムーヴ、ウィンキーソフト、ネクストリーなど2015年に事業停止したゲーム会社は結構あります。

■加賀クリエイト、解散を発表


2015年12月31日をもって解散していた

加賀クリエイトは2016年1月5日,同社が2015年12月31日をもって解散していたことを明らかにした。
出典 加賀クリエイトは2015年12月31日をもって解散していた。スマホアプリ中心のゲーム市場で成長力を作り出せず – 4Gamer.net

負債総額は未発表。
出典 加賀クリエイト、会社解散を発表 – GAME Watch

解散の理由について同社は,「昨今のスマホアプリ中心のゲーム市場において弊社は大きな成長力を作り出すに至らず」としている。
出典 加賀クリエイトは2015年12月31日をもって解散していた。スマホアプリ中心のゲーム市場で成長力を作り出せず – 4Gamer.net

ファンにとっては、年明け早々に残念な発表となりました。
出典 『ひぐらし粋』『魔女こいにっき』の加賀クリエイトが解散…「成長力を作り出すに至れず」 | インサイド

■今さら聞けない「加賀クリエイト」


「ひぐらしのなく頃に粋」などを開発したゲーム会社。
出典 www.amazon.co.jp

加賀クリエイトは、電子部品などを扱う加賀電子の関連会社。
出典 ナグザットを前身とする加賀クリエイトが解散 「ひぐらしのなく頃に粋」や「咲-Saki-全国編」を手がける – ねとらぼ

「サマーカーニバル'92烈火」や「エイリアンクラッシュ」で知られるナグザットを源流とするゲームメーカー。
出典 加賀クリエイト、会社解散を発表 – GAME Watch

コンシューマゲームやソーシャルアプリを中心とするエンターテインメントコンテンツを展開。
出典 加賀電子グループでゲーム事業を展開していた加賀クリエイトが解散 – CNET Japan

「ひぐらしのなく頃に粋」や「咲-Saki-全国編」といったゲームソフトを手がけてきた
出典 ナグザットを前身とする加賀クリエイトが解散 「ひぐらしのなく頃に粋」や「咲-Saki-全国編」を手がける – ねとらぼ

PlayStation Vita向けへのゲーム開発に明るい。


魔女こいにっき Dragon×Caravanが最後の作品になりそう。
出典 www.amazon.co.jp

昨年は2K Gamesの「EVOLVE」のPCパッケージ版の販売を手がけるなど、生き残りを模索していた。
出典 加賀クリエイト、会社解散を発表 – GAME Watch

しかし?

iOS/Android向けアプリ5タイトルのサービスを10月30日付で終了することを発表
出典 加賀クリエイト、iOS/Android向けアプリ5タイトルのサービスを10月30日付で終了…アプリサービスから撤退へ | Social Game Info

12月24日に「魔女こいにっき Dragon×Caravan」を発売した
出典 ナグザットを前身とする加賀クリエイトが解散 「ひぐらしのなく頃に粋」や「咲-Saki-全国編」を手がける – ねとらぼ

現在は、清算のための手続きに入っていると明かしました。
出典 『ひぐらし粋』『魔女こいにっき』の加賀クリエイトが解散…「成長力を作り出すに至れず」 | インサイド

▼最近(ここ1年)事業停止したゲーム会社は多い

・5月:イメージエポック


セブンスドラゴンシリースなどを手がけた会社。意外な倒産っていう感じです。最新作セブンスドラゴンIIIは無事に発売されました。
出典 www.amazon.co.jp

イメージエポックは、2004年に創業し、2005年6月に株式会社化したゲーム開発会社。
出典 ゲーム会社イメージエポックが破産手続きを開始 負債は11億

「時と永遠~トキトワ~」「セブンスドラゴン」「ブラック★ロックシューター THE GAME」などのRPG作品の開発を手がけ、2011年9月期の年収入高は約17億5100万円を計上
出典 ゲーム会社イメージエポックが破産手続きを開始 負債は11億

ここ数年はヒット作を生み出せず、2015年に入ってからは、PlayStationでの過去タイトルの配信が終了し、公式サイトが消滅するなど、その動向が注目されていた。
出典 ゲーム開発会社のイメージエポックが破産 – GAME Watch

関連会社の?

スマイルオンラインゲームはその事業内容については明らかになっていないが、イメージエポックに連鎖する形で行き詰まったとしている。
出典 ゲーム開発会社のイメージエポックが破産 – GAME Watch

2014年11月には実質的な活動を停止しており、負債額は、同時に破産手続き開始となった関係会社の株式会社スマイルオンラインゲームとあわせて11億300万円にのぼるという。
出典 ゲーム会社イメージエポックが破産手続きを開始 負債は11億

・9月:アプリカ


唯一性ミリオンアーサーなどを手がけてきたスマートフォンゲーム開発会社。
出典 www.amazon.co.jp

9月1日、スマートフォンゲームの開発運営を手がける株式会社アプリカが事業を停止した。
出典 もはやオワコン? スマホゲーム会社アプリカの破綻に「スマホゲー会社、死ぬの早すぎ」|おたぽる

モバイルゲームアプリを手がける開発会社として2010年に設立され、「バイオハザード アウトブレイク サバイヴ」や「唯一性ミリオンアーサー」など、国内大手のIPを使ったタイトルの開発を行なっていた。
出典 モバイルゲーム開発会社のアプリカが破綻 – GAME Watch

2015年には?

よしもとクリエイティブ・エージェンシーと共同でお笑い芸人・8.6秒バズーカーが登場するゲーム『ハチロク測定~8.6秒を極めろ!~』などをリリースしていたものの、資金繰りが逼迫。
出典 もはやオワコン? スマホゲーム会社アプリカの破綻に「スマホゲー会社、死ぬの早すぎ」|おたぽる

『唯一性ミリオンアーサー』は昨年10月に、『バイオハザード アウトブレイクサバイヴ』は今年5月にサービスが終了してしまった。
出典 もはやオワコン? スマホゲーム会社アプリカの破綻に「スマホゲー会社、死ぬの早すぎ」|おたぽる

・10月:アートムーヴ


ハートの国のアリスなどギャルゲーに定評のあった会社でしたが。
出典 www.amazon.co.jp

QuinRoseのブランド名で「ハートの国のアリス」や「アラビアンズ・ロスト」などの女性向け恋愛アドベンチャーの開発・制作・販売を手掛けていたアートムーヴが,9月25日に事業停止した
出典 乙女ゲームブランド「QuinRose」のアートムーヴが事業停止に – 4Gamer.net

女性向け恋愛アドベンチャーゲーム制作販売のほか、ゲーム上のボーカル曲を収録した音楽CD、キャラクターをあしらった服飾雑貨などのグッズも扱うほか、他社ゲームソフトの移植も行っていました
出典 「ハートの国のアリス」などで知られる乙女ゲームブランド「QuinRose」の会社、アートムーヴが事業停止に – ネタとぴ

市場の競争激化やモバイルゲームの伸長などにより売り上げが減少し,今回の措置に至ったとのこと。
出典 乙女ゲームブランド「QuinRose」のアートムーヴが事業停止に – 4Gamer.net

乙女ゲーム「ハートの国のアリス」はミュージカル化され、2016年1月の再演が発表されていましたが、アートムーヴの事業停止により実施は難しくなるものと思われます。
出典 「ハートの国のアリス」などで知られる乙女ゲームブランド「QuinRose」の会社、アートムーヴが事業停止に – ネタとぴ

と報道がありましたが?

ミュージカル「ハートの国のアリス 〜The Best Revival〜」
ミュージカルは予定通り行われるとのこと。

・11月:ウィンキーソフト


スーパーロボット大戦シリーズを開発してきた会社だけに嘘だろ感がある。
出典 www.amazon.co.jp

ウィンキーソフトが、11月10日に事業を停止して自己破産申請の準備に入っていた
出典 「スーパーロボット大戦」など制作 ウィンキーソフトが破産へ – ライブドアニュース

1983年創業、86年法人化。
出典 「スーパーロボット大戦」を開発 ゲーム会社「ウィンキーソフト」破産へ : クリスチャントゥデイ

91年4月には、同社の代表作ともなった『スーパーロボット大戦』をリリースし、以後も定期的にシリーズ作の開発にあたりました。
出典 「スーパーロボット大戦」など制作 ウィンキーソフトが破産へ – ライブドアニュース

帝国データバンクによると、99年3月期の年収入高は約4億円を計上していた。
出典 「スーパーロボット大戦」を開発 ゲーム会社「ウィンキーソフト」破産へ : クリスチャントゥデイ


2000年に入ってから業績が落ち込んだ。
出典 amanaimages.com

2000年以降は大きなヒット作に恵まれなかったほか、一時は「スーパーロボット大戦」シリーズの開発から離れていたことなどから資金繰りが悪化したとのこと。
出典 「スーパーロボット大戦」などを手がけたウィンキーソフト、自己破産申請 | ゲーム関連 – スラド

負債額は2億5千万円という。
出典 「スーパーロボット大戦」などを手がけたウィンキーソフト、自己破産申請 | ゲーム関連 – スラド

・11月:ネクストリー


「魔法少女まどか☆マギカ」など人気のあるマンガやアニメの版権を生かしたソーシャルゲームを中心に開発。
出典 www.amazon.co.jp

「魔法少女まどか☆マギカ」「青の祓魔師」など有名な作品のスマホ向けソーシャルゲームを開発してきたネクストリー
出典 「まどマギ」「青エク」「ビビオペ」のソーシャルゲーム開発会社が破産 近年ヒット作なく負債は約4億 – ねとらぼ

MobageやGreeなど大手プラットフォームでゲームを提供
出典 「まどマギ」「青エク」「ビビオペ」のソーシャルゲーム開発会社が破産 近年ヒット作なく負債は約4億 – ねとらぼ

近年はヒット作に恵まれず、開発費の負担から資金繰りが悪化。2015年9月に預金が差し押さえられ立ち行かなくなり、事業継続を断念したとのこと。
出典 「まどマギ」などのゲームを開発していたネクストリーの破産開始が決定 | ニコニコニュース

負債額はネクストリーが債権者67人に対し3億5451万円、3社で合計8億8399万円です。
出典 「まどマギ」「青エク」「ビビオペ」のソーシャルゲーム開発会社が破産 近年ヒット作なく負債は約4億 – ねとらぼ

残り2社はALITOとeエージェント