ちゅらさんのおばぁ役「平良とみ」さんの訃報に悲しみ広がる




テレビ、映画で幅広く活躍した女優の平良とみさんが6日午前4時27分敗血症による呼吸不全のため87歳で亡くなられました。

■女優平良とみさん、死去


6日午前那覇市内の病院で。
享年87歳。
出典 www.amazon.co.jp

沖縄芝居やテレビ、映画で幅広く活躍した女優の平良とみ(たいら・とみ 本名トミ子)さんが6日午前4時27分、敗血症による呼吸不全のため亡くなった。
出典 平良とみさん死去 87歳 「ちゅらさん」おばぁ役 – 琉球新報 – 沖縄の新聞、地域のニュース

告別式は8日午後2時、那覇市銘苅3の22サンレー那覇北紫雲閣。喪主は夫、進氏。
出典 「ちゅらさん」のおばぁ役、平良とみさん死去 : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

喪主は夫で俳優の平良進(たいら・すすむ)さん。
出典 時事ドットコム:女優平良とみさん死去=沖縄の「おばぁ」役

▼名女優の訃報に悲しみが広がった


国仲涼子「楽しい思い出は数え切れません。感謝の気持ちでいっぱいです。」
出典 www.amazon.co.jp

「おばぁ、平良とみさん、突然の訃報で驚いてます。ちゅらさんの撮影では長い間お世話になりました。撮影の時も、普段の会話の時も、おばぁおばぁとみんなから慕われ小さい身体から溢れるパワーは、皆んなに元気を与えてくれました。」
出典 「ちゅらさん」の祖母役 平良とみさん死去 NHKニュース

「大変な撮影の中、毎日顔を合わせると体調大丈夫?とずっと私の身体を気遣ってくれて、本当に自分のおばあちゃんの様でした。楽しい思い出は数え切れません。感謝の気持ちでいっぱいです。おばぁ…寂しいです本当に本当に、ありがとうございました。安らかにお眠り下さい」
出典 「ちゅらさん」の祖母役 平良とみさん死去 NHKニュース

■平良とみさん略歴


昭和3年那覇市生まれ。
13歳で翁長小次郎一座に入団。
出典 www.amazon.co.jp

本名・平良トミ子さんは、昭和3年に那覇市で生まれ
出典 「ちゅらさん」の祖母役 平良とみさん死去 NHKニュース

幼少期を石垣島で過ごし、13歳の時に翁長小次郎一座に入団。
出典 NHK「ちゅらさん」のおばぁ役、平良とみさん死去 – おくやみ : 日刊スポーツ

夫で役者の進氏と共に地元劇団で活躍、沖縄芝居の伝統を守り続けた。
出典 「ちゅらさん」のおばぁ役、平良とみさん死去 : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

沖縄芝居を中心に活動する一方で、沖縄を舞台にした99年映画「ナビィの恋」に出演して注目された。
出典 NHK「ちゅらさん」のおばぁ役、平良とみさん死去 – おくやみ : 日刊スポーツ


「ちゅらさん」でヒロインの祖母役を好演、「おばぁ」の愛称で親しまれた。
出典 www.amazon.co.jp

2001年の「ちゅらさん」でヒロインの祖母役に抜てき
出典 「ちゅらさん」のおばぁ役、平良とみさん死去 : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

ウチナーンチュ(沖縄人)のおおらかな心を伝える演技で、一躍全国区の人気者になった。
出典 「ちゅらさん」のおばぁ役、平良とみさん死去 : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

映画は、02年「ホテル・ハイビスカス」や06年「涙そうそう」
出典 NHK「ちゅらさん」のおばぁ役、平良とみさん死去 – おくやみ : 日刊スポーツ

「マリリンに逢(あ)いたい」「ウンタマギルー」などに出演。
出典 時事ドットコム:女優平良とみさん死去=沖縄の「おばぁ」役


沖縄県の文化功労者。去年は旭日双光章を受章。
出典 amanaimages.com

ドラマも「ちゅらさん」のシリーズ続編や、11年のNHK・BSプレミアム時代劇「テンペスト」、12年のNHKドラマ「つるかめ助産院~南の島から~」などに出演するなど、名脇役として活躍した。
出典 NHK「ちゅらさん」のおばぁ役、平良とみさん死去 – おくやみ : 日刊スポーツ

平成15年に沖縄県の文化功労者に選ばれた。
出典 「ちゅらさん」の祖母役 平良とみさん死去 NHKニュース

2014年に旭日双光章を受章。
出典 平良とみさん死去 87歳 「ちゅらさん」おばぁ役 – 琉球新報 – 沖縄の新聞、地域のニュース

平良さんの所属事務所によりますと、平良さんはことしに入ってから体調を崩し、6日午前4時27分に、入院していた那覇市内の病院で敗血症による呼吸器不全のため亡くなりました。
出典 「ちゅらさん」の祖母役 平良とみさん死去 NHKニュース

■平良とみさんの心に残る言葉


役者の表現とか言葉以外のもので察すること、心で表現して心で察するということ。
出典 www.amazon.co.jp

「必ずこの言葉がわからないとだめということは、演劇ではないんじゃないかなぁと思いますね。役者の表現とか言葉以外のもので察すること、心で表現して心で察するということ。そういうものじゃないかと思います。」
出典 平良 とみ&平良 進|やいま×インタビュー – やいまねっと

情報やいま2007年6月号より

「言葉って、耳で聞くだけじゃなくて、心で聴いて、心がわかればやはりわかるようになるんじゃないですか。まぁ、本当に微妙な沖縄の言葉は知らなくても全体的なものはわかると思うんですよ。」
出典 日本の“おばぁ”、女優・平良とみさんを迎えて

「私たちは、英語なんて全然知りませんよね。何を見ているかわからないけれど、見ているうちに聴いているうちに、こうかなと、向こうが言っている心と自分が聞いている心と、結び合わせて重ね合わせて、こういう意味だなと、わかる程度なんですよ。そういうふうに聴いていただいて、また直に沖縄にいらして、触れていただければ、あぁ、こういうことなんだと実際にわかっていただけると思うんですよ。」
出典 日本の“おばぁ”、女優・平良とみさんを迎えて

ザ・フリントストーン、2002.6.23放送。