使用中止後の佐野研二郎の謝罪文がバッシングを受けていた




9月1日、組織委員会のオリンピックエンブレム使用中止を受けての佐野研二郎氏の公式謝罪文が波紋を呼んでいます。

■9月1日世間を騒がせた異例の五輪エンブレムの使用中止


「ヤン・ヒチョルト展」のロゴとの類似など新たな疑問に危機感を持ち、放置できないと判断したため、今日取り下げた。
出典 www.aflo.com

8月28日に修正前の原案を公表後、展開案の画像流用や、「ヤン・ヒチョルト展」のロゴとの類似など、新たな疑問が指摘されたため、佐野氏と永井一正・審査委員長を呼んで9月1日の午前中に話し合った。
出典 【東京オリンピック】佐野研二郎氏デザインの公式エンブレムを正式撤回 「国民の理解得られない」

佐野氏は展開案については無断使用を認め「審査委の内部資料のために作った。7月24日の公式エンブレム発表の際にも使われたが、公になる前に権利者の了解を得ることを怠った。不注意だった。権利者に事後的だがどうしたらいいか話をしている」との説明があった。
出典 【東京オリンピック】佐野研二郎氏デザインの公式エンブレムを正式撤回 「国民の理解得られない」

会見で武藤事務総長は?

「佐野さんは模倣を認めたから取り下げたわけではない。展開例に関しては画像の流用を認め、原作者にアプローチしている。審査委によると、(展開例の画像流用のケースは)非公開の場ではよくある話だが、公表するなら対応すべきだった。(佐野氏は)それを怠ったのはミスだったと認めている」
出典 組織委・武藤事務総長「1カ所に責任あると思わない」 — スポニチ Sponichi Annex 五輪

組織委員会がすぐに動かなかった点に関しては?

「私たちはこのエンブレムが、ベルギーのロゴマークに似ているということについては『違う』という確信を持っていた。ただ、日曜日(8月30日)に出た新たな局面の問題については危機感を持ち、放置できないと判断したため、今日取り下げた。私たちはこれから、国民の皆様に理解して頂けるエンブレムを選ぶ責任がある」
出典 【五輪エンブレム見直し】会見詳報(2)スポンサーのダメージは「計算していない」と組織委、佐野氏に支払われる予定だった賞金100万円は…(1/2ページ) – 産経ニュース

■新しいロゴが決まるまでは招致段階のエンブレムを使用する可能性


桜をモチーフにしたエンブレム。
出典 www.aflo.com

新たな選考の詳しい日程などは決まっていません。白紙撤回によるタイムロスはどういった影響を及ぼすのか、まだ不透明です。
出典 「五輪組織委、新しいエンブレム「公募がふさわしい」」 News i – TBSの動画ニュースサイト

武藤氏は「当面、招致エンブレムを使うことは可能」と話し、桜をモチーフにした招致段階のエンブレムを暫定的に使用する可能性を示した。
出典 新エンブレムは公募大前提「より開かれた選考を」 – 社会 : 日刊スポーツ

再公募については?

「できるだけ多くの意見を聞く、オープンなやり方で懸念を払拭(ふっしょく)できないか。より開かれた選考過程を何とか工夫したい」
出典 五輪エンブレム撤回 類似問題で組織委:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)

責任の所在をはっきりさせないままでは同じ失敗を繰り返す懸念が残る。
出典 五輪エンブレム撤回 類似問題で組織委:一面:中日新聞(CHUNICHI Web)

舛添都知事は「組織委員会には早急に事態打開を図っていただくことを期待する」などとコメント
出典 「東京都、エンブレム関連ですでに4600万円余り発注」 News i – TBSの動画ニュースサイト

■1日深夜、公式HPは戻された


エンブレムを使用したポスター類の発注は4600万円余りに。
出典 amanaimages.com

東京都は、このエンブレムを使用したポスターなどの発注がすでに4600万円余りに上ることを明らかにしました。
出典 「東京都、エンブレム関連ですでに4600万円余り発注」 News i – TBSの動画ニュースサイト

都の担当者は「速やかに契約の解除を進める」としていますが、すでに納品されるなど業者への支払い義務が生じているものも多く、無駄になった負担金については組織委員会に補償を求めることも検討するということ
出典 「東京都、エンブレム関連ですでに4600万円余り発注」 News i – TBSの動画ニュースサイト

大会組織委員会は1日深夜、公式ホームページ(HP)やフェイスブックのエンブレムを招致段階のものに戻した。
出典 東京五輪組織委員会HPも招致段階エンブレムに戻す – 社会 : 日刊スポーツ

HPのデザインも佐野氏のエンブレム発表前のものにした。
出典 東京五輪組織委員会HPも招致段階エンブレムに戻す – 社会 : 日刊スポーツ

Tokyo 2020 – 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
エンブレムは桜のものになっている。

■同日佐野研二郎氏は公式HPで謝罪文を掲載


「メディアで悪しきイメージが増幅。
誹謗中傷メール、家族のプライバシー侵害の被害からこれ以上今の状況を続けることは難しいと判断し取り下げた」
出典 www.aflo.com

佐野氏は、エンブレムを「伝統的かつ新しい日本、東京を表現すべく大胆に、そして丁寧にデザイン致しました」と説明。原案も最終案も、模倣や盗作は断じてないと改めて疑惑を否定した。
出典 【五輪エンブレム見直し】「人間として耐えられない」佐野研二郎氏がコメント 疑惑改めて否定(1/3ページ) – 産経ニュース

「一部のメディアで悪しきイメージが増幅され、私の他の作品についても、あたかも全てが何かの模倣だと報じられ」るようになってしまったと説明
出典 「これ以上は人間として耐えられない限界状況」 佐野研二郎氏がエンブレム騒動についてコメント – ねとらぼ

自身のメールアドレスに中傷のメールが送られ、家族や親族の写真もインターネットにさらされるなどのプライバシー侵害を受け、「これ以上今の状況を続けることは難しいと判断し、取り下げに関して私自身も決断致しました」と説明
出典 【五輪エンブレム見直し】「人間として耐えられない」佐野研二郎氏がコメント 疑惑改めて否定(1/3ページ) – 産経ニュース

「図らずもご迷惑をおかけしてしまった多くの方々、そして組織委員会の皆様、審査委員会の皆様、関係各所の皆様には深くお詫び申し上げる次第です」と謝罪しています。
出典 「これ以上は人間として耐えられない限界状況」 佐野研二郎氏がエンブレム騒動についてコメント – ねとらぼ

エンブレムにつきまして/MR_DESIGN.JP
謝罪文全文が掲載されている公式HP

■しかし、この謝罪文が痛烈なバッシングを受けた


尾木ママこと尾木直樹さんは?
出典 www.amazon.co.jp

尾木氏は、佐野氏の五輪エンブレムが使用中止になったことを受け「あまりにも あまりにも 当然過ぎるほど当然です!!」と賛同の意思を示した。
出典 尾木ママ、佐野氏五輪エンブレム使用中止「当然」判断「遅い」 : 芸能 : スポーツ報知

中止決定までのプロセスに対し「それにしてもなぜこんなに遅いの?ポスターはあちこちの駅に貼られ見るたびに不快な思いに苦しむ人も多くいたのに」と不満
出典 尾木ママ、佐野氏五輪エンブレム使用中止「当然」判断「遅い」 : 芸能 : スポーツ報知

掲載された佐野氏の謝罪文については?

2日、ブログを更新し「記者会見すべき」「被害者意識の強さ」「未練がましい対応」と不快感をあらわにした。
出典 尾木直樹氏 佐野研二郎氏の弁明に不快感「神経逆なでする発言ばかり」 – ライブドアニュース

自己弁護にくるまれたホームページにがっかり…|尾木直樹(尾木ママ)オフィシャルブログ「オギ☆ブロ」Powered by Ameba

▼Twitterでも同じ意見が多数つぶやかれている

多くの人たちが謝罪文ではなく「被害者アピール」に感じているようだ。
出典 【大炎上】佐野氏の謝罪文にブチギレ激怒「自分も被害者のような書き方」「悪いのは日本国民みたい」 | ガジェット通信

■佐野氏のおかげで様々な場所が迷惑を被っていた

東京五輪のポスターを手がけたデザイナーにも影響が及んだ
「亀倉雄策賞」に佐野氏が選ばれたことを記念して開催される予定だった新潟県立近代美術館の展覧会が中止になった。
出典 www.amazon.co.jp

今年11月に新潟県立近代美術館(長岡市)で開催予定だった佐野研二郎氏の作品展
出典 佐野氏側、「迷惑かかる」と作品展延期…新潟 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

作品展は11月20日~12月13日、1964年東京五輪のポスターを手掛けた亀倉雄策(燕市出身)をたたえて創設された「亀倉雄策賞」に佐野氏が選ばれたことを記念して開催
出典 Cookieを有効にしてください|新潟日報モア

エンブレム問題を懸念した佐野氏が、主催者の日本グラフィックデザイナー協会(東京)に申し出た。
出典 Cookieを有効にしてください|新潟日報モア

丸山実副館長(56)は「佐野氏は県を代表するデザイナーの亀倉雄策も注目していたが、こういう事態になり極めて残念だ」と話している。
出典 佐野氏側、「迷惑かかる」と作品展延期…新潟 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

新潟県立近代美術館

多摩美術大学にも
多摩美術大学の広告「MADE BY HANDS.」シリーズのひとつ。メガネがGLAFASの私物を撮影し掲載したものを転用した疑い。

指摘があったのは、アートディレクターを佐野研二郎氏、ディレクターを香取有美氏(2人ともMR_DESIGN所属)が務めた、多摩美術大学の広告「MADE BY HANDS.」シリーズ。
出典 佐野研二郎氏に新たな「無断使用」指摘 多摩美術大学の広告で | ニコニコニュース

このうちの1作品に使用されているメガネの画像が、ニュースサイト「GLAFAS」からの無断利用だったことが分かりました。
出典 佐野研二郎氏に新たな「無断使用」指摘 多摩美術大学の広告で | ニコニコニュース

ネット掲示板の指摘で発覚し、GLAFAS側もその後、記事を投稿し「(メガネの画像は)私物を撮影し掲載したもの」
出典 佐野研二郎氏に新たな「無断使用」指摘 多摩美術大学の広告で – ねとらぼ

「現在までに多摩美術大学および佐野研二郎氏、デザイナー香取有美氏からの連絡は来ておりません。」
出典 佐野研二郎氏がアートディレクターを務めた多摩美術大学の広告にGLAFAS(グラファス)の写真が使用された? – GLAFAS(グラファス)からのお知らせ | GLAFAS(グラファス)

8月31日時点。

多摩美術大学

●一連の騒動まとめ

「五輪以外のデザインにも」佐野研二郎の盗作疑惑が浮上してる – NAVER まとめ

佐野研二郎の盗用疑惑が『トートバッグ賞品取り下げ』に発展していた – NAVER まとめ

五輪エンブレム騒動がみんなもう好き勝手になってきてる – NAVER まとめ

佐野氏の五輪エンブレム中止決定とこれまでの振り返り – NAVER まとめ