「日本も例外じゃない」マラリアのワクチン実用化へ前進

日本でもエボラ出血熱が流行り話題になりましたが、それよりも大規模な害を与えているマラリアの感染から子供たちを守るワクチンが実用化に向けて大きな一歩を踏み出しました。

■マラリアワクチンが各国で利用できる可能性


これが実現すればマラリア撲滅に向けての大きな一歩です。
出典 www.aflo.com

マラリアの世界初のワクチンが各国で利用できる可能性が出てきました。
出典 世界初のマラリアワクチン 各国で実用化の可能性

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)などが開発
出典 CNN.co.jp : 世界初のマラリアワクチン 欧州当局が推奨 – (1/2)

サハラ以南での乳幼児への使用が期待される同ワクチンの将来に青信号がともった形
出典 CNN.co.jp : 世界初のマラリアワクチン 欧州当局が推奨 – (1/2)

■マラリアの現状


蚊を媒介して感染する病気としてはエボラよりもはるかに大規模。
出典 www.aflo.com

世界では毎年2億から5億件のマラリアへの感染が報告されている。
出典 世界一危険な病気の一つ、マラリアに効く最初のワクチン、認可される / Sputnik 日本

マラリアに感染して命を落とす人は年間約65万人
出典 世界初のマラリアワクチン 各国で実用化の可能性

このうち90%はサハラ砂漠以南で死亡し、死者の83%が5歳以下の子ども
出典 CNN.co.jp : 世界初のマラリアワクチン 欧州当局が推奨 – (2/2)

WHOはマラリアをサハリ砂漠以南の死亡原因の第5位に挙げている。
出典 CNN.co.jp : 世界初のマラリアワクチン 欧州当局が推奨 – (2/2)

■日本でも流行する可能性がある


そう警鐘を鳴らすのは現役医師の岩橋秀喜さん。
出典 www.amazon.co.jp

マラリアの再流行を描いたフィクション『マラリア日本上陸』(幻冬舎ルネッサンス/刊)の著者で現役医師の岩橋秀喜さん
出典 日本の医療機関が対処できないマラリアの脅威 – Ameba News [アメーバニュース]

ストーリーはフィクションだが、本書では気候や環境などあらゆる面で、日本はいつマラリアが流行しても不思議ではなくなっていることが示される。
出典 デング熱の次はマラリア?医師が流行の可能性を指摘 – 新刊JPニュース

疫学や生物学など、医師である著者ならではの豊富な知識に裏付けられた物語には説得力がある。
出典 デング熱の次はマラリア?医師が流行の可能性を指摘 – 新刊JPニュース

「マラリアは世界規模で見れば大きな問題として認識されているにもかかわらず、日本では関心が薄いということがまずあります。年間100万人近くの人々がマラリアで死亡しているのです。あのエボラ出血熱でさえ死者は数年間で1万人程度です。比較にならないほどの犠牲者の数です。」
出典 日本の医療機関が対処できないマラリアの脅威 – Ameba News [アメーバニュース]

「もう1点、万が一国内でマラリアがブレイクした時、日本の医療機関が上手く対処できるのだろうかという疑問があります。マラリアの患者さんを実際に診察したことがある医師というのは私自身を含めて今の日本にはあまりいないはずです。今の日本はマラリアに対して無防備だと言っていいのではないでしょうか」
出典 日本の医療機関が対処できないマラリアの脅威 – Ameba News [アメーバニュース]

■今回のマラリアワクチンとは?


英製薬大手とビル・ゲイツの非営利団体が協力して開発した。
出典 www.aflo.com

ウイルスなどに対抗する他のワクチンとは違い、モスクリックスは寄生虫によって引き起こされる病気の予防を意図して開発された。
出典 CNN.co.jp : 世界初のマラリアワクチン 欧州当局が推奨 – (1/2)

「RTS、S」または「モスキリックス」と呼ばれるこのワクチンは、グラクソと非営利団体であるPATH・マラリア・ワクチン・イニシアティブが共同で開発。
出典 英グラクソ開発の世界初マラリアワクチン、EU当局が利用推奨| Reuters

PATH・マラリア・ワクチン・イニシアティブは?

開発は米マイクロソフト社の創業者ビル・ゲイツ氏が支援する非営利団体
出典 CNN.co.jp : 世界初のマラリアワクチン 欧州当局が推奨 – (2/2)

2億ドル(約250億円)の資金協力を行った
出典 世界初のマラリアワクチン 各国で実用化の可能性

■すでに効果は証明されている


治験では生後5~17カ月の乳幼児のマラリアのリスクをほぼ半減できたという。
出典 www.gettyimages.com

免疫系が発達途上にある乳幼児を対象としている。
出典 CNN.co.jp : 世界初のマラリアワクチン 欧州当局が推奨 – (1/2)

ワクチンは1カ月ごとに3回投与され、1年半後にも、予防効果を維持するため追加投与される。
出典 CNN.co.jp : 世界初のマラリアワクチン 欧州当局が推奨 – (1/2)

アフリカでの治験では、生後5~17カ月の乳幼児のマラリアのリスクをほぼ半減できたという。
出典 世界初のマラリアワクチン、欧州当局が推奨 英グラクソ開発  :日本経済新聞

■利益は再投資として還元する


利益の5%は再開発へ…。
出典 www.gettyimages.com

販売価格は、製造コストに、次世代ワクチンの研究開発に投資する5%を上乗せした額にする方針。
出典 マラリアワクチン、EU域外で利用認可 欧州医薬品庁  :日本経済新聞

5%の利益は?

マラリアなど熱帯地方でまん延している疾病の研究に再投資する。
出典 英グラクソ開発の世界初マラリアワクチン、EU当局が利用推奨| Reuters

会社の利益にしないことを公に表明している。

ワクチンは完全な免疫を保証するものではないが、数万、数十万の人命が救われる期待がかかる。
出典 世界一危険な病気の一つ、マラリアに効く最初のワクチン、認可される / Sputnik 日本

■実用化に向けての動き


WHOの認可を得て、各国へ。
出典 amanaimages.com

今後、世界保健機関(WHO)がワクチンの評価を行い、最終的には各国での承認が必要となる。
出典 CNN.co.jp : 世界初のマラリアワクチン 欧州当局が推奨 – (1/2)

WHOは同ワクチンがいつどの地域で利用されるべきかのガイダンスを年末までに示すとしている。
出典 英グラクソ開発の世界初マラリアワクチン、EU当局が利用推奨

その後?

ワクチンが使われる各国でも当局の承認が必要になる。
出典 マラリアワクチン、EU域外で利用認可 欧州医薬品庁  :日本経済新聞

各国に渡れば子供たちをたくさん救えそう…。