大阪桐蔭vs履正社を観戦していたメンバーが豪華過ぎる

2020年10月27日




まだ高校野球は地区大会2回戦ですが大阪桐蔭対履正社の試合に観戦した大阪桐蔭OBがプロ野球で活躍している選手ばかりでした。やはり、この高校は凄かった…。

■大阪桐蔭が履正社に快勝した

19日に舞洲ベースボールスタジアム(大阪市)で行われた第97回全国高校野球選手権大阪大会の2回戦
出典 【大阪桐蔭VS履正社】大阪の早過ぎた「黄金カード」は大阪桐蔭が履正社に貫禄勝ち – 産経WEST

履正社は2年生左腕の寺嶋、大阪桐蔭は甲子園優勝メンバーの田中がそれぞれ先発した。
出典 【試合経過】大阪桐蔭、硬軟自在の攻撃披露!履正社に9連勝 — スポニチ Sponichi Annex 野球

昨夏の全国大会優勝の大阪桐蔭が強豪の履正社との大会初戦を5-1で制し、大阪勢初の4年連続甲子園出場へ向けて好発進を切った。
出典 【大阪桐蔭VS履正社】大阪の早過ぎた「黄金カード」は大阪桐蔭が履正社に貫禄勝ち – 産経WEST

シード制を採用していないため、2回戦から優勝候補同士がぶつかった大一番は、大阪桐蔭に軍配が上がった。
出典 【大阪】大阪桐蔭、履正社に逆転勝ち!大会4連覇へ好発進 : 野球 : スポーツ報知

■地区大会2回戦なのに異様な盛り上がりを見せた試合だった


球場は外野席も開放されたが1万人収容の球場は満員に。地区大会でこの光景はあり得ない…。
出典 amanaimages.com

「事実上の決勝」といわれた注目の一戦には大勢のファンが押し寄せ、芝生の外野席も開放されたが1万人収容の球場は満員札止め
出典 【大阪桐蔭VS履正社】大阪の早過ぎた「黄金カード」は大阪桐蔭が履正社に貫禄勝ち – 産経WEST

地方大会2回戦とは思えない熱気に包まれた。
出典 大阪桐蔭・田中が完投&3打点 履正社下す/大阪 – 高校野球 : 日刊スポーツ

大阪府高校野球連盟によると、同大会で外野席を開放したのは大阪桐蔭が中田翔選手(現日本ハム)を擁して決勝に進出した平成19年以来という。
出典 【大阪桐蔭VS履正社】大阪の早過ぎた「黄金カード」は大阪桐蔭が履正社に貫禄勝ち – 産経WEST

▼超満員を伝える現地画像

■観戦したメンバーが超豪華


オールスターの第1戦、MVPの阪神藤浪。

プロ野球のオールスターゲーム第1戦が東京ドームで行われ、オール・セントラルが阪神の藤浪投手の好投などでオール・パシフィックに8対6で勝ちました。
出典 オールスター 全セが勝つ 藤浪がMVP NHKニュース

MVP=最優秀選手には、藤浪投手が選ばれました。
出典 オールスター 全セが勝つ 藤浪がMVP NHKニュース


第2戦代打で登場し清原以来の10代でホームランの森友哉。

第2戦が7月18日、マツダスタジアムで開催され、全セが地元広島勢の攻守にわたる活躍で連勝。8-3で快勝した。
出典 【プロ野球】オールスターゲーム、全セが8年ぶりの2連勝…地元広島勢が攻守に活躍|CYCLE サイクル やわらかスポーツニュース cyclestyle.net/

森友哉捕手(19=西武)が、六回に代打で登場。
出典 森友哉が史上2人目の10代球宴弾 清原和博氏以来の快挙 – ライブドアニュース

大野(中日)から右越えの本塁打を放ち、清原和博(西武=当時)以来、史上2人目となる、10代での球宴での本塁打という快挙を達成し、敢闘選手賞を獲得した。。
出典 森友哉が史上2人目の10代球宴弾 清原和博氏以来の快挙 – ライブドアニュース


おかわりくんこと中村剛也や浅村栄斗の西武コンビも。
出典 www.aflo.com

プロ14年目、31歳にしてキャリアの絶頂を迎えつつある西武ライオンズ不動の4番打者、中村剛也。
出典 中村剛也が現役選手の通算HR数で現在7位 将来は21世紀最高の本塁打王? – ライブドアニュース

甲子園出場経験はなかったが、大阪府予選では6本塁打を記録して、「ナニワのカブレラ」との異名で呼ばれた。
出典 大阪桐蔭OBはなぜプロで活躍するのか? | THE PAGE(ザ・ページ)

一昨年に打点王に輝いたこともあってバッティングにばかり注目が集まる浅村
出典 浅村栄斗は誰よりも早く塁を蹴る!打撃に走塁、守備が加わり万能に。(1/4) [野球善哉] – Number Web – ナンバー

今季は西武の3番に座り、ここまで打率.305、10本塁打、55打点。
出典 浅村栄斗は誰よりも早く塁を蹴る!打撃に走塁、守備が加わり万能に。(1/4) [野球善哉] – Number Web – ナンバー

中村、浅村、森はファン投票でオールスターに選ばれている。

■実は凄い大阪桐蔭出身のプロ野球選手たち


大阪桐蔭出身のの現役プロ野球選手は13人、横浜高校の19人に次いで多い。
出典 www.aflo.com

今季のパ・リーグは、大阪桐蔭高校出身の選手たちが席巻している。
出典 セ球団より多いHR、大阪桐蔭4人のすごさをデータで比較 – プロ野球 – スポーツナビ

同高出身の現役プロ野球選手は中村、中田に加え、西武入団7年目の浅村栄斗、同2年目で早くも13本塁打を放っている森友哉、森と高校時代にバッテリーを組み、阪神のエースに成長した藤浪晋太郎など計13人。
出典 ビジネスパーソン必読! 大阪桐蔭「プロで活躍する」ための人材育成法 | スポーツ | 現代スポーツ | 現代ビジネス [講談社]

この流れをリードしているのが、北海道日本ハム・中田翔、埼玉西武・中村剛也、浅村栄斗、そして森友哉の4選手だ。
出典 セ球団より多いHR、大阪桐蔭4人のすごさをデータで比較 – プロ野球 – スポーツナビ

リーグ全体の打撃成績を見てみると、この4選手だけで総打点(1472点)のうち13.18%(194点)を記録(いずれも交流戦終了の18日時点)
出典 セ球団より多いHR、大阪桐蔭4人のすごさをデータで比較 – プロ野球 – スポーツナビ


大阪桐蔭の輪がチームとプロの世界に溶け込みやすい環境を作っている。
出典 www.aflo.com

パ・リーグ本塁打王争いは、西武・中村剛也(31)が22本でトップ。それを1本差で追うのが、日本ハムの中田翔(26)
出典 西武・中村 VS 日本ハム・中田 パ・リーグホームラン王争いの行方に意外なダークホースが… – BIGLOBEニュース

中田翔に聞くと、「みんなに共通しているのはスイングの凄さ。バットを強く振れるということでしょう」という。
出典 大阪桐蔭OBはなぜプロで活躍するのか? | THE PAGE(ザ・ページ)

大阪桐蔭の西谷監督も、「プロで成功している選手が多いのは、いろんな意味での伝承にあるのではないか」というような話をされていた。
出典 大阪桐蔭OBはなぜプロで活躍するのか? | THE PAGE(ザ・ページ)

森に関して言えば、中田と同期の岡田雅利(25)が大阪ガスを経て、一緒に入団するなどチームに先輩も同期入団の先輩もいることで、大阪桐蔭の輪がチームとプロの世界に溶け込みやすい環境を作ってくれているのも間違いない。
出典 大阪桐蔭OBはなぜプロで活躍するのか? | THE PAGE(ザ・ページ)

■OBたちが見守る中、快勝した大阪桐蔭に甲子園の期待がかかる


観戦する大阪桐蔭OB
左から藤浪晋太郎、森友哉、浅村栄斗、中村剛也。
オールスター期間だからこそのメンバー。

大阪桐蔭のOBである西武・中村剛也(01年度卒)、浅村栄斗(08年度卒)、藤浪晋太郎(12年度卒)、森友哉(13年度卒)の4人も観戦に訪れた。
出典 【大阪】大阪桐蔭、履正社に逆転勝ち!大会4連覇へ好発進 : 野球 : スポーツ報知

先発した田中誠也(3年)は9回1失点完投、打っては2安打3打点の活躍でエースの実力を見せた。
出典 大阪桐蔭勝った!履正社下す/大阪大会2回戦詳細 – 高校野球 : 日刊スポーツ

西谷監督は「(オールスター戦で大阪桐蔭OBが活躍した姿をみて)今日に向かって頑張れと言っている気がした。負けたらいややな、と思っていたが、こうゆう結果になって良かった。田中は粘って粘って投げてくれた」。
出典 大阪桐蔭・西谷監督、球宴で刺激「頑張れと」/大阪 – 高校野球 : 日刊スポーツ

先発完投のエース田中誠也投手(3年)をねぎらうとともに ネット裏で応援してくれた藤浪ら球界を代表するOBプロ4選手の期待にも応えてみせた。
出典 大阪桐蔭・西谷監督、球宴で刺激「頑張れと」/大阪 – 高校野球 : 日刊スポーツ

●高校野球まとめ

アメトークでは語られなかった今夏注目の高校球児たち – NAVER まとめ
アメトークでも取り上げられた注目カードは大阪桐蔭が勝利。まだまだこれから! 
100年を迎えた今年の高校野球が熱い…。

「甲子園の組み合わせ、日程が決まる」初戦のみどころは? – NAVER まとめ