「クマムシに放送事故w」歌うま王者の『蟹江一平』って?




2年ぶりに復活した『歌がうまい王座決定戦』に出演したクマムシがダコタ・ローズのまさかの辛口採点で放送事故級と話題にw歌うま俳優蟹江一平と一緒にまとめました。

■『歌がうまい王座決定戦』が復活


2005年の初回から10年を迎え、過去にはCD化もされている人気歌番組。
出典 www.amazon.co.jp

タレントが歌のみでガチンコ勝負する、フジテレビ系の人気番組『歌がうまい王座決定戦』。
出典 フジテレビ『歌がうまい王座決定戦』より“男性歌うま”コンピCDが発売決定! – CDJournal ニュース

歌唱力に自信のある芸能人が出場し、そのうまさを競い合う。
出典 【イチ押し!フジテレビ】「今夜復活!歌がうまい王座決定戦」 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)

2年ぶりの復活となった今回の番組では、出場者16組。その中で、いしだ壱成、蟹江一平、佐藤仁美や「歌ねた」で人気のクマムシ、どぶろっく、8・6秒バズーカーら14組が初登場。
出典 【イチ押し!フジテレビ】「今夜復活!歌がうまい王座決定戦」 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)

審査員は世良公則、大友康平、西田ひかる、相川七瀬、平愛梨、中村アン、スポーツキャスターの浅田舞さん、篠山輝信、ダコタ・ローズ、小川菜摘。
出典 【イチ押し!フジテレビ】「今夜復活!歌がうまい王座決定戦」 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)

審査員のダコタ・ローズが只者ではなかった…。

■歌がうまいことで定評のクマムシがまさかの…。


AIのstoryを歌ったクマムシ、採点後に「冷たいんだからぁ」という夏バージョンを披露する結果に…。
出典 www.amazon.co.jp

ダコタ・ローズがまさかの12点でエレキテルに敗れる。912対851だったので、計算上は彼女が74点でもクマムシが勝っているほど大差だったのだが…。

これが放送事故レベルと話題に…本人は?

いや、これはマジでしょw

相方は気持ちを抑えられず…。


ダコタ・ローズの超辛口採点に荒れるTL。バッシングの嵐。彼女の心にクマムシの歌は響かなかったようだ…。
出典 www.amazon.co.jp

本人のこのツイートにも批判が集まった模様。

■優勝したのは蟹江一平

断トツに歌うまで惚れた…。

▼でも知名度は…。

■「蟹江」という苗字で想像がつく蟹江一平とは?


去年ガンで亡くなられた蟹江敬三さんの息子さんです。


こうやってみると似ていますね。

2014年3月に亡くなった名優・蟹江敬三の息子、蟹江一平
出典 蟹江敬三の息子・一平に密着!DAIGO熱愛報道の真相も探る『深イイ話』で2世SP [テレビドガッチ]

私立東野高等学校卒。青年座研究所22期卒。1998年4月、劇団青年座に入団。
出典 蟹江一平 – Wikipedia

一平は、父親とは正反対の性格で、非常にポップで明るい俳優。
出典 蟹江敬三の息子・一平に密着!DAIGO熱愛報道の真相も探る『深イイ話』で2世SP [テレビドガッチ]

趣味は、自転車と歌、銭湯。
出典 蟹江敬三の息子・一平に密着!DAIGO熱愛報道の真相も探る『深イイ話』で2世SP [テレビドガッチ]

歌は趣味の域を超えてましたけどね。

■父、蟹江敬三の後を追って…。


父、蟹江敬三はガイアの夜明けのナレーションを12年務めたが一平もナレーションの道へ…。
出典 www.amazon.co.jp

蟹江さんは、02年から同局の経済番組「ガイアの夜明け」のナレーターを亡くなるまで12年間務めた。
出典 蟹江一平、父継ぎ「未来世紀ジパング」ナレーター – 芸能 : 日刊スポーツ

蟹江さんは病床で、一平の年収を聞いて「情けないな」と苦笑していたという。
出典 蟹江一平、父継ぎ「未来世紀ジパング」ナレーター – 芸能 : 日刊スポーツ

そんな一平は?

「未来世紀ジパング」の2代目ナレーターを担当
出典 蟹江一平が父・敬三の一周忌に経済番組のナレーターに | ニュースウォーカー

「僕なりのナレーションをしたい」

「何も教えてくれず感謝です。売れない15年は父が残した財産。ハングリーになれた。僕なりのナレーションをしたい」。
出典 蟹江一平、父継ぎ「未来世紀ジパング」ナレーター – 芸能 : 日刊スポーツ

「毎週観ていただけるよう新たな沸騰ナレーションを真っ白な気持ちでお届けし、多分、父も大切にしていた『ナレーションに愛情を込める』という部分を継承できれば」と意気込みを語っている。
出典 蟹江一平「ナレーションに愛情を込める」 父・敬三さんの遺志継承 | ORICON STYLE

同局は一平の起用について「下積みの苦労を経験した心に入る優しい声」が決め手になったとしている。
出典 蟹江一平、父継ぎ「未来世紀ジパング」ナレーター – 芸能 : 日刊スポーツ

確かに歌も、心に入る優しい声だった…。