「過去最多の生産台数!」今度のiPhoneはすぐに届きそう




Appleは次世代iPhoneの生産台数を大幅に上げるよう要請しているようです。新たな生産工場との契約も交わし、「より多くのiPhoneがすぐに届けられる」可能性大です。

■次世代iPhoneは過去最多の生産台数を予定


より多くの人に届けられる予定。
出典 amanaimages.com

2種のiPhone新商品について、12月31日までに8500万〜9000万台製造するよう納入業者に要請している。
出典 新型iPhone、初回生産は過去最高の9000万台に=関係筋 – WSJ

「アイフォーン6」と「アイフォーン6プラス」の投入時の生産規模は7000万─8000万台とこれまでで最大だったが、これを上回る規模となる。
出典 米アップル、iPhone新機種の生産開始を準備 規模最大=報道| Reuters

大型画面のスマートフォン(スマホ)市場への参入が遅れたアップルだが、iPhone 6は驚異的な売上高を記録している。
出典 新型iPhone、初回生産は過去最高の9000万台に=関係筋 – WSJ

14年10-15年3月期の半期でiPhoneの販売台数は1356万台と、前年同期比43%増加した。
出典 新型iPhone、初回生産は過去最高の9000万台に=関係筋 – WSJ

■この勢いを受けて増産に踏み切ったようだ


画面の大型化が思いのほか好評だったので、次世代iPhoneが小さな変更だったとしても売れるだろうと判断したらしい。
出典 www.aflo.com

昨年発売したiPhone 6シリーズは従来の画面サイズから初めて大型化
出典 新型iPhone、初回生産は過去最高の9000万台に=関係筋 – WSJ

画面サイズが大きめのスマホは買い替え需要が好調と判断したもようだ。
出典 時事ドットコム:アップルの次期iPhone、出荷最大に=米紙報道

ハードウエアに多少の変更を加えただけでも新商品への乗り換え効果があるとの見方で、昨年発売した「iPhone(アイフォーン)6」シリーズの需要を上回ると同社は期待
出典 新型iPhone、初回生産は過去最高の9000万台に=関係筋 – WSJ

両製品は現在までに、Appleがこれまでに開発した端末の中で最高の販売台数を達成している。
出典 アップル、「iPhone」新モデルを準備–サプライヤーへの発注台数は過去最高か – CNET Japan

■新機能「フォースタッチ」が採用される見通し


すでにMacBookに採用されている機能。
出典 www.aflo.com

新機種は画面サイズ4.7インチと5.5インチの2機種
出典 米アップル、iPhone新機種の生産開始を準備 規模最大=報道| Reuters

関係者の話では、軽いタップと強く押す操作の違いを感知できる「フォースタッチ(感圧タッチ)」技術が採用される見通しだ。
出典 新型iPhone、初回生産は過去最高の9000万台に=関係筋 – WSJ

フォースタッチとは?

指で軽く触れるタップと、強く押すプレスの違いを感知する。これにより次期iPhoneでは、タップ、タップの長押し、スワイプといった従来の操作方法に加え、「強押し」も利用できるようになる。
出典 ニュース – Force Touch搭載の次期「iPhone」、まもなく量産本格化:ITpro

アップルは既にこの技術を腕時計型端末「アップルウオッチ」とノートパソコン「MacBook(マックブック)」に採用している。
出典 新型iPhone、初回生産は過去最高の9000万台に=関係筋 – WSJ

■機能は小幅な変更のようです


ピンクが加わると女子に人気が出そう。
出典 amanaimages.com

2015年秋に発売されると思われる新端末は従来の傾向に従い、iPhone 6とiPhone 6 Plusに似たデザインになる
出典 アップル、「iPhone」新モデルを準備–サプライヤーへの発注台数は過去最高か – CNET Japan

関係者によると、画面サイズのほか画面解像度もほぼ従来通りとみられる。
出典 新型iPhone、初回生産は過去最高の9000万台に=関係筋 – WSJ

また、アルミ枠は現在シルバー、ゴールド、スペースグレーの3色あるが、4つめの新色が加わる可能性がある。
出典 新型iPhone、初回生産は過去最高の9000万台に=関係筋 – WSJ

ただ、全体として小幅な刷新にとどまりそうだ。
出典 時事ドットコム:アップルの次期iPhone、出荷最大に=米紙報道

発売は9月で確定?iPhone6sの噂が活発になってきた – NAVER まとめ
噂のまとめ。

▼iPhoneあるある「予約してから到着までが遅い」

■サプライヤーの増加で解消される可能性も


緯創資通(ウィストロン)が候補に。

これまで顧客は、欲しいスマートフォンが手に入るまでに、数週間か、ひどいときには数カ月も待たされた。
出典 アップル、「iPhone」新モデルを準備–サプライヤーへの発注台数は過去最高か – CNET Japan

しかし今回は?

アップルは鴻海(ホンハイ)精密工業とペガトロン(和碩)に加え、緯創資通(ウィストロン)もサプライヤーに加えることを検討しているとしている。
出典 米アップル、iPhone新機種の生産開始を準備 規模最大=報道| Reuters

工場を増やすことで対応したとみられる。

そうすれば、より迅速に需要に対応できるようになるはず
出典 アップル、「iPhone」新モデルを準備–サプライヤーへの発注台数は過去最高か – CNET Japan

今年も新型iPhoneの動向から目が離せませんね。
出典 Apple、サプライヤーに対し、年末までにiPhone6sを9,000万台発注か – iPhone Mania