パクリ大国中国が「日本がパクリの元祖」って言ってきた

ガンガンパクって成長する中国と、パクっていると言いはするものの訴訟を起こせない日本の現状。お国柄と言ってしまえばそれまでですが…。

■中国のパクリ、止まらず

日本企業635社「中国でパクリ被害に遭った」
出典 www.aflo.com

シンガポール華字紙・聯合早報によると、日本企業635社が「中国でパクリ被害に遭った」と答えていることが分かった。
出典 日本の特許庁が報告、日本企業635社が「中国でパクリ被害に遭った」―中国メディア|中国情報の日本語メディア―FOCUS-ASIA.COM – 中国の経済情報を中心としたニュースサイト。

「日本製品にとって中国による被害が最大で、中国による被害率が最大になった」と伝え、中国による日本製品に対する模倣は「増えることはあっても減ることはない状況」と論じた。
出典 中国の製造業はいまだに、日本製品のパクリから脱却できていない – ライブドアニュース

実際に数字を見ると?

財務省が3月初めに発表した統計によると、昨年押収した模倣品は前年比14%増に上り、初めて3万点を超えた。
出典 日本の特許庁が報告、日本企業635社が「中国でパクリ被害に遭った」―中国メディア|中国情報の日本語メディア―FOCUS-ASIA.COM – 中国の経済情報を中心としたニュースサイト。

5年連続の増加となっている。

日本企業や特許庁にとっては「中国による模倣被害が片付けば模倣被害の問題は大半が解決してしまう状況」と伝えた。
出典 中国の製造業はいまだに、日本製品のパクリから脱却できていない – ライブドアニュース

■世間にも随分浸透している中国のパクリ

▼日本にお持ち帰りされたTwitter画像です

う~ん、◯ァミマでしょ、見た目

◯ニクロ、◯イソー

春休みに映画で必ずあるアレ?!

熊本のシロクマバージョン…。

どこかで見たソシャゲ

「少なくとも中国の製造業は今なお日本製品の山寨(海賊版、パクリの意味)から脱却できていない」と指摘した。
出典 サーチナ|日本製品の「パクリ」から脱却できない中国

中国メディアも報道せざるを得ないでしょう…。

■しかし、「日本が元祖パクリだ」というコラムもある

これにはびっくりですね
出典 amanaimages.com

2015年3月18日、羊城晩報はブランド戦略の専門家である李光闘(リー・グアンドウ)氏による「実は日本こそがパクリの元祖である」とするコラムを掲載した。
出典 日本こそがパクリの元祖である—中国専門家:レコードチャイナ

「日本は模倣の中から新しい物を生み出すことで、日本、日本企業、日本文化の急速な進歩と発展を実現してきた。 」
出典 日本こそがパクリの元祖である—中国専門家:レコードチャイナ

「一方で中国企業はというと、改革開放から数十年、外資や技術を引き入れたことで国内にも優秀な企業がたくさん生まれた。」
出典 日本こそがパクリの元祖である—中国専門家 – 速報:@niftyニュース

「その製品の技術は、多くが海外製品の模倣だ。しかしこれまでのところ、模倣を通してオリジナルを超えた企業は、ほとんど存在しないのである。」
出典 日本こそがパクリの元祖である—中国専門家 – 速報:@niftyニュース

■ここで考えたいパクリとオマージュの違い

リスペクトしているかどうか
出典 www.gettyimages.com

パクリと言われれば「絶対ダメ!」となりますが、オマージュと言われると「それだったらまぁ……」という気分になるから不思議です。
出典 「片思いとストーカー」「パクリとオマージュ」―線引きが難しいと思うこと – Ameba News [アメーバニュース]

一般に、“オマージュ”とは、尊敬するクリエイターや作品に影響を受けて、似たようなアプローチの作品を作ること
出典 “パクリ”と“オマージュ”の境界線とは? | ニコニコニュース

そこにリスペクトが盛り込まれていれば、パクリすれすれでも良しとされることがある。
出典 パクリとオマージュの境界線 : コラム | J SPORTS

敬意や尊敬の念を持たず、独自のアイディアや表現を加えない単なる模倣や盗作を“パクリ”と呼ぶようだ。
出典 “パクリ”と“オマージュ”の境界線とは? | ニコニコニュース

個人的には中国は黒だと思います。

▼みんなはパクリとオマージュをどう思ってる?

■パクリが中国を成長させているのは明らか

変わってきた特許出願数
ファーウェイがトップ。
出典 www.aflo.com

世界知的所有権機関(WIPO)は19日、世界の企業などによる2014年の国際特許登録の出願件数を発表
出典 国際特許登録の出願、日本は2位 | 沖縄タイムス+プラス

中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]が首位となった
出典 中国のファーウェイ首位、特許出願件数=世界知的所有権機関| Reuters

2位は米Qualcommの2409件、3位は中国ZTE(中興通訊)の2179件だった。
出典 ニュース – [データは語る]2014年の国際特許出願件数はHuaweiが首位、中国が急伸:ITpro

昨年首位のパナソニックは4位(1682件)に転落し、三菱電機(1593件)が5位に付けた。
出典 ニュース – [データは語る]2014年の国際特許出願件数はHuaweiが首位、中国が急伸:ITpro

■日本は特許訴訟の数も少ない

認めないが喧嘩はしない日本
出典 amanaimages.com

中国の技術革新力に関しては、日本はわずか16%の人だけが認めていると回答したのに対し、ロシアは90%と高い割合で、日本の次に割合が低かった米国でも54%だった。
出典 中国の技術革新力を認めている日本人は16%だけ!イメージ調査結果に「パクリも革新の1つ!」との反論も—中国ネット (Record China) – Yahoo!ニュース

2012年の日本における特許訴訟件数は187件と、米国の5千件以上に比してはるかに少ない。
出典 法務ニュース | 企業法務ナビ

原告の勝訴率が米国より低いうえ、訴訟で特許が無効になることを恐れて交渉による解決を好むからだ。
出典 特許侵害訴訟、日本で増加も  :日本経済新聞

国をあげての対策も必要
出典 amanaimages.com

現在の日本における低すぎる賠償額は、知的財産の海外流出の要因となり、日本の知的財産による成長戦略を阻害しているとされる。
出典 法務ニュース | 企業法務ナビ

“やったもの勝ち”が横行する巨大市場でブランドを守る戦いは当事者が個別に消耗戦に臨むしかないのが実情だ。
出典 「今治」中国パクリ商標…一部駆逐 “やったもの勝ち”日本企業の戦い続く (1/5ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

「勝手に他人の商標を盗んでの出願が中国で横行している以上、日本の自治体や地域団体も名称や商標を積極的に中国に出願し、争いを未然に防ぐことが必要だ」
出典 「今治」中国パクリ商標…一部駆逐 “やったもの勝ち”日本企業の戦い続く (5/5ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

日本知的財産協会の久慈直登専務理事