10年前、韓国にも「小保方さん」が存在していた




10年前、ES細胞捏造事件で韓国全土を騒がせたファン・ウソク教授についてのまとめです。

■韓国で小保方さん批判


出典 amanaimages.com

一連の騒動の主人公となった小保方氏が、日本国民を騙した“詐欺師”としてさらなる糾弾にさらされることは想像に難くない。
出典 ES細胞をねつ造…韓国にもいた“小保方さん” – DMMニュース

論文に使用された図表2点や不正がみつかったり、ES細胞の故意の混入があったことも発覚している。
出典 2004年にES細胞をねつ造した韓国の教授 現在も医学会に健在 – ライブドアニュース

韓国のネットユーザーは小保方氏に批判的で
「日本の研究費を無駄にしちゃったね。うれしい知らせだ」
出典 小保方晴子氏がSTAP細胞の再現に失敗 韓国では批判的な声が相次ぐ – ライブドアニュース

「STAP細胞は存在するというニュースを見て、『すごい。医学の進歩だ!』と喜んでいたのに…日本の女にだまされた」
出典 小保方晴子氏がSTAP細胞の再現に失敗 韓国では批判的な声が相次ぐ – ライブドアニュース

「とても残念だ」「だまされた」など、さまざまな声が寄せられた。
出典 小保方晴子氏がSTAP細胞の再現に失敗 韓国では批判的な声が相次ぐ – ライブドアニュース

■しかし、韓国にも捏造事件はあった

ファン・ウソク教授

今年日本を揺るがしたSTAP細胞ねつ造劇のような事件だが、10年前の2004年には韓国で似たような事件が起きた。
出典 ES細胞をねつ造…韓国にもいた“小保方さん” – DMMニュース

ファン・ウソク教授が起こしたES細胞ねつ造事件
出典 ES細胞をねつ造…韓国にもいた“小保方さん” – DMMニュース

2005年に世界で初めて犬のクローン(Snuppy)を成功させたクローン研究者であり、獣医でもある。
出典 黄禹錫 – Wikipedia

当時、韓国ではファン教授が箸でES細胞を抽出するシーンが、幾度となく放送された
出典 2004年にES細胞をねつ造した韓国の教授 現在も医学会に健在 – ライブドアニュース

■ファン教授、大人気!

韓国全土でフィーバーに
出典 amanaimages.com

当時、世界で誰も成し遂げられなかった偉業を韓国人博士が達成したとして、韓国では国民的熱狂が巻き起こった。
出典 2004年にES細胞をねつ造した韓国の教授 現在も医学会に健在 – ライブドアニュース

科学者としては異例のファンクラブが設立されたり、人となりを称える関連書籍も数十冊となく発売された。
出典 2004年にES細胞をねつ造した韓国の教授 現在も医学会に健在 – ライブドアニュース

小・中・高校用の教科書にも早くも黄の業績が大々的に掲載され、忠清南道では「黄禹錫記念公園」を造成する構想も持ち上がった。
出典 黄禹錫 – Wikipedia

カメラを前にしたファン教授は「韓国人の卓越した箸を使う技術が、ES細胞の抽出を可能にした」と、自信満々に語っていた
出典 2004年にES細胞をねつ造した韓国の教授 現在も医学会に健在 – ライブドアニュース

■しかし、捏造発覚で転落

「詐欺師」のレッテルを貼られた
出典 www.amazon.co.jp

翌年には世紀の発見がまったくのデタラメだったことが発覚。
出典 ES細胞をねつ造…韓国にもいた“小保方さん” – DMMニュース

英雄は一転、稀代の詐欺師だったとして韓国国民の糾弾の的になった。
出典 ES細胞をねつ造…韓国にもいた“小保方さん” – DMMニュース

そしてファン教授は?

鬱と情緒不安定の症状を見せて抗不安剤と睡眠薬などの投薬を受けたこと、火病を発症したことを関係者の談話として kukinews(国民日報)が報じた。
出典 黄禹錫 – Wikipedia

寝込んでしまった…。

「精神的ストレスによって」入院した黄禹錫がベッドの上で苦悶の表情を浮かべる写真を掲載するなど、社を挙げて徹底的に黄禹錫擁護を展開していた中央日報も、のちに反省文を掲載した。
出典 黄禹錫 – Wikipedia

■しかし、その後ファン教授は?

ピンピンしていた

韓国を揺るがしたねつ造事件から10年が経過した現在、ファン教授はピンピンしているそうだ。
出典 ES細胞をねつ造…韓国にもいた“小保方さん” – DMMニュース

ネイチャーに掲載された年表は「上昇、転落、そして上昇の黄禹錫」の題がついている。
出典 クローンES細胞論文を捏造した黄禹錫博士の「復活」(高橋真理子) – 個人 – Yahoo!ニュース

2014年12月には自ら韓国国会庁舎に出向き、細胞研究の規制を緩和するように臆面もなく求めたとも言われている
出典 ES細胞をねつ造…韓国にもいた“小保方さん” – DMMニュース

「韓国の学会では論文の盗用やねつ造は珍しくない。最近でも、有名な学者が論文を盗用した事件が相次いでいます。しかし、数年したら何もなかったかのように現場復帰するはずです。」
出典 2004年にES細胞をねつ造した韓国の教授 現在も医学会に健在 – ライブドアニュース

そんな現状を知ってか、韓国の小保方騒動に意見する人の中には?

「韓国に日本を批判する資格はない。韓国人がノーベル賞を受賞するのはいつ?」
などの反応も少なくなかった。
出典 小保方晴子氏がSTAP細胞の再現に失敗 韓国では批判的な声が相次ぐ – ライブドアニュース

こんな声も聞かれているという。