W杯日本の相手3カ国の分析と見えた「もう一つの課題」とは?




FIFAワールドカップの抽選会が行われ日本の対戦相手は「コートジボワール、ギリシャ、コロンビア」に決定しました!対戦相手国をまとめてみました。

みんな緊張の中、抽選会を見守った。
そして…

▶▶▶コートジボワール、ギリシャ、コロンビアに決定!◀◀◀

日本現在世界ランク48位
出典 www.gettyimages.com

5大会連続5度目の出場となる日本はコロンビア、コートジボワール、ギリシャとともにC組に入った。
出典 サッカーW杯 日本、初戦はコートジボワール  :日本経済新聞

ポジティブなツイート多数。

■初戦の相手は6月14日、コートジボワール(会場:レシフェ)

世界ランク17位
監督:元フランス代表のラムシ氏
主な選手
FW:ディディエ・ドログバ(ガラタサライ)
MF:グネリ・ヤヤ・トゥーレ(マンチェスターシティ)
出典 www.gettyimages.com

初戦のコートジボワールとは通算2勝1敗。最近では2010年W杯南アフリカ大会直前の強化試合で0―2で敗れた。
出典 日本はC組 コロンビア・ギリシャ・コートジボワール:朝日新聞デジタル

チームはトゥーレ兄弟をはじめ、ジェルビーニョ(ローマ)、カルー(リール)、ドゥンビア(CSKAモスクワ)、ボニー(スウォンジー・シティー)など欧州各国で主力としてプレーする選手を揃える。
出典 初戦はコートジボワール戦!ドログバ“因縁”日本戦で発奮するか? — スポニチ Sponichi Annex サッカー

CSKAモスクワのドゥンビアは本田と同じチーム。

3大会連続の出場となるコートジボワールは、2006年のドイツ大会(2006 World Cup)と10年の南アフリカ大会(2010 World Cup)で厳しい組分けに見舞われ叶わなかった初のグループ突破を願っている。
出典 【W杯出場国紹介】コートジボワール代表 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

10年のW杯前の強化試合では、ドログバが日本と対戦し、骨折した不運もあっただけに、日本戦は燃えそうだ。
出典 初戦はコートジボワール戦!ドログバ“因縁”日本戦で発奮するか? — スポニチ Sponichi Annex サッカー

ドログバは要注意の相手。日本の守備陣の真価が問われそう。

■2戦目の相手は6月19日、ギリシャ(会場:ナタル)

世界ランク12位
監督:フェルナンド・サントス(元ポルトガル選手)
主な選手
MF:ギオルゴス・カラグーニス(フラムFC)
FW:テオファニス・ゲカス(コンヤスポル)
FW:コンスタンティノス・ミトログル(オリンピアコス)
出典 www.aflo.com

ギリシャは国内リーグ所属選手が中心に守備陣が安定している。
出典 ザック日本はC組、第1戦はコートジボワール!…ブラジルW杯抽選:日本代表:サッカー:スポーツ報知

主にディフェンスに固めた超守備的サッカー(現代サッカーで基本の守備戦術とされているゾーンで守るという事をせず、マンツーマンで守る)を展開する。
出典 サッカーギリシャ代表 – Wikipedia

南アフリカワールドカップ予選では10得点を決め、イングランドのウェイン・ルーニーなどを抑えて得点王に輝いた。
出典 テオファニス・ゲカス – Wikipedia

攻撃陣の要FWテオファニス・ゲカスは代表24得点。のせると怖い。若手の成長株188センチのコンスタンティノス・ミトログルも要注意。

日本とギリシャは2005年のコンフェデレーションズカップで対戦し、このときは日本が1対0で勝ちました。
出典 W杯日本と対戦3チーム 過去の戦績は NHKニュース

■3戦目の相手は6月24日、シードのコロンビア(会場:クイアバ)

世界ランク4位
監督:ホセ・ペケルマン(元アルゼンチン選手)
主な選手
FW:ラダメル・ファルカオ(ASモナコ)
FW:ハメス・ロドリゲス(ASモナコ)
出典 www.aflo.com

名将ペケルマン監督率いるコロンビアは圧倒的な得点力のファルカオ(ASモナコ)らの攻撃陣と組織的守備で本大会のダークホース。
出典 ザック日本はC組、第1戦はコートジボワール!…ブラジルW杯抽選:日本代表:サッカー:スポーツ報知

ペケルマンは選手の特徴に合った戦術で戦うことに長けた指揮官。
出典 2013年注目のコロンビア代表、黄金時代の幕開け – サッカーキング

その戦術を有効たらしめているのが、ようやく現れた攻撃のタレント、ラダメル・ファルカオとハメス・ロドリゲスだ。
出典 2013年注目のコロンビア代表、黄金時代の幕開け – サッカーキング

コロンビアのASモナココンビ、特にファルカオはかなり凄い。どれほど凄いかはこちらの動画で↓

ジェペスやペレア、テオフィロ・グティエレス、フアン・ギジェルモ・クアドラードといった実力者たちがその脇を固める。これはバルデラマを中心とした90年代の黄金時代と似たような状況と言える。
出典 2013年注目のコロンビア代表、黄金時代の幕開け – サッカーキング

日本との対戦成績は日本の1敗1引き分けで、日本は1回も勝ったことがありません。
出典 W杯日本と対戦3チーム 過去の戦績は NHKニュース

■見えてきた課題は「暑さとの闘い」

初戦の会場レシフェの場合
会場はこちら↓
出典 www.gettyimages.com

レシフェは今年6月のコンフェデレーションズ杯・イタリア戦(3-4)の会場でもあった。
出典 対戦相手だけではない“敵”…グループリーグ3試合は酷暑との闘いに | ゲキサカ[講談社]

赤道に近い海外沿いの熱帯性気候で、6月の平均気温は最高29度、最低22度に上る。
出典 対戦相手だけではない“敵”…グループリーグ3試合は酷暑との闘いに | ゲキサカ[講談社]

セルジオ氏も会場の暑さを指摘

■抽選会後のザッケローニ監督の談話


出典 www.aflo.com

「抽選の時は一喜一憂することなく冷静に行方を見るのが自分のスタンス」
出典 対戦相手決まった!ザック監督「まあこんなものかな」 — スポニチ Sponichi Annex サッカー

「実際に対戦相手が決まって、これよりもいい組に入れた可能性もあれば、そうじゃない可能性もあったので、まあこんなものかなという感じです」と淡々と話した。
出典 対戦相手決まった!ザック監督「まあこんなものかな」 — スポニチ Sponichi Annex サッカー

「(開催地のブラジルは)多少暑いが、アフリカ勢は慣れている。我々もしっかりとした準備が必要」と話していた。
出典 日本、コートジボワール戦へ暑さ対策必要 – サッカー日本代表ニュース : nikkansports.com

監督も暑さを対策の一つに挙げた。

W杯は初戦が一番大事。そういう意味ではコンフェデでイタリアを苦しめた会場レシフェは日本にとっては相性が良いかも。ただ、暑さ慣れしているコートジボワール相手だけに油断は禁物。3戦目にシード国と当たるというくじ運に恵まれたことは好材料(個人的感想)

「W杯、死の組はどこ?!」グループ分けまとめ – NAVER まとめ
どこの国がどのグループ入ったか、全体のまとめです。