Apple公式サイトが推奨「バッテリーはこう使えばいい」




新製品を買って説明書を見ないのと同じように「公式サイト」情報を活用している人は少ないと思います。Apple公式サイトから知って得するバッテリー情報だけを集めてまとめてみました。

▶以下はすべて「Apple公式サイト」からの情報です

リチウムイオンポリマーバッテリー

Appleのバッテリーは、他のデバイスのリチウムバッテリー技術と同じ特性を持っています。
出典 アップル – バッテリー

リチウムイオンポリマーバッテリーは電力密度が高く、軽量で駆動時間が長いのが特長です。
出典 アップル – バッテリー

元のバッテリー容量をフル充電したiPhone 5では、最大8時間の通話時間(3G)、10時間のインターネット使用(Wi-Fi)、10時間のビデオ再生、40時間のオーディオ再生が可能です。
出典 アップル – バッテリー – iPhone

iPhone 5の連続待受時間は最大で225時間です。
出典 アップル – バッテリー – iPhone

▶充電について

フル充電と放電のサイクルを繰り返す必要がなく、いつでも都合のよい時に充電することができます。
出典 アップル – バッテリー

時々完全放電後充電すればバッテリーを長持ちさせられるとは書かれていないのが面白い。

1日何時間か使用してバッテリー容量の半分を消費した後、完全充電したとします。翌日同じことを繰り返した場合、2日分の充電は2回ではなく1回分と数えられる
出典 アップル – バッテリー

充電回数の数え方。50%充電2回で1回分の充電と数えられる。

正しく整備されたiPhoneのバッテリーは、フル充電/放電サイクルを400回繰り返すと、完全に充電しても元の容量の80%までしか充電できなくなります。
出典 アップル – バッテリー – iPhone

例えば、1日半分しかバッテリーを消費していないなら、80%に低下するまで800日分使用可能ということになる。

リチウムベースのバッテリーを適切にメンテナンスするには、バッテリー内の電子を時々動かすことが重要です。
出典 アップル – バッテリー – iPhone

デバイスをあまり頻繁に使わない場合は、最低でも毎月1回は充電するようにしましょう。
出典 アップル – バッテリー

▶充電する時の注意


出典 www.gettyimages.com

iPhoneをキャリングケースに入れたまま充電すると、余分な熱が発生し、バッテリー容量に影響を与える恐れがあります。
出典 アップル – バッテリー – iPhone

充電中にiPhoneが熱くなりすぎたら、まずケースから取り出しましょう。
出典 アップル – バッテリー – iPhone

iPhoneをUSB で充電する場合、充電が完了するまでコンピュータの電源をオンの状態にしておいてください。
出典 アップル – バッテリー – iPhone

iPhoneをつないだコンピュータの電源が切られた場合や、スリープモード、スタンバイモードに移行した場合、iPhoneのバッテリーが消費されることがあります。
出典 アップル – バッテリー – iPhone

▶バッテリー寿命の延ばし方

iOS 5.0以降を実行しているiPhoneのバッテリー駆動時間を延ばすのに役立つヒントをいくつかご紹介します。
出典 アップル – バッテリー – iPhone

明るさを調整する
画面の明るさを落とすことで、バッテリー駆動時間を延ばすことができます。「設定」>「明るさ/壁紙」と選択し、スライダーを左にドラッグすると、デフォルトになる画面の明るさが落ちます。さらに、明るさの自動調節をオンにしておくと、周りの明るさに合わせて画面の明るさが自動で調整されます。

プッシュメールをオフにする
Yahoo!、MicrosoftExchangeなど、プッシュメール対応のアカウントが設定されている場合、必要のない時はプッシュをオフにしてください。「設定」>「メール/連絡先/カレンダー」>「データの取得方法」と選択し、「プッシュ」をオフに設定します。

新しいデータの取得頻度を抑える
メールなどのアプリケーションは、特定の間隔でデータをワイヤレスで取得するように設定できます。Eメールなどのデータの取得頻度が高ければ高いほど、バッテリー駆動時間は短くなります。新しいデータを手動で取得するには、ホーム画面から「設定」>「メール/連絡先/カレンダー」>「データの取得方法」を選択し、「手動」をタップしてください。

プッシュ通知をオフにする
App Storeのアプリケーションの中には、Appleのプッシュ通知サービスを使って、アップデートを知らせるものがあります。プッシュ通知機能を利用するこれらのアプリケーションは、インスタントメッセージングアプリケーションと同様、バッテリーを消費します。プッシュ通知を無効にするには、「設定」>「通知」をタップして、選択したアプリケーションの通知をオフにしてください。

位置情報サービスの使用を控える
マップのように積極的に位置情報サービスを使うアプリケーションによって、バッテリー駆動時間が短くなることがあります。位置情報サービスの使用を控えたい場合は、「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」と選択して位置情報サービスを無効にするか、必要な場合にだけ利用してください。

サービスエリア外では機内モードを使う
iPhoneは常に携帯電話ネットワークとの通信を維持しようとするため、電波の弱い場所やサービスエリア外では消費電力が増えることがあります。このような場合は「機内モード」をオンにすることでバッテリー駆動時間を延ばすことができますが、通話はできなくなります。機内モードを使うには、「設定」で「機内モード」をオンにしてください。

▶バッテリーに最適な環境とは?


出典 www.gettyimages.com

iPod、iPhone、iPadやノートブックコンピュータを定められた動作環境より高温の場所(35度以上)で利用すると、バッテリーの容量に恒久的なダメージを与えてしまう恐れ
出典 アップル – バッテリー

ダメージを受けたバッテリーは、所定の充電で得られる駆動時間に達することができなくなるかもしれません。
出典 アップル – バッテリー

温度がとても低い環境でiPodで音楽を再生したり、iPhoneやiPadを使用する場合もバッテリー駆動時間が短くなります。
出典 アップル – バッテリー

高温環境とは異なり、これは一時的な現象です。バッテリー内の分子が温まれば、バッテリー容量は元に戻ります。
出典 アップル – バッテリー

温度が低いからといって恒久的なダメージを与えられることはない。つまり「高温」にさえ気をつければいい。

iPhoneが最適に動作する温度範囲は、0℃~35℃です。保管場所の適温範囲は-20℃~45℃です。室温(22℃)に近い温度での保管が理想的です。
出典 アップル – バッテリー – iPhone

最適な環境も提示されている。

▶2年保証のルール


出典 www.gettyimages.com

AppleCare+ for iPhoneを購入した場合は、保証期間を2年間まで延ばすことができます。
出典 アップル – バッテリーの交換

このプランの2年間の保証期間中に、バッテリー容量が当初の50%以下にまで落ちていたら、Appleはバッテリーを無償交換します。
出典 アップル – バッテリーの交換

保証期間を過ぎた場合は、6,800円で新しいバッテリーに交換することができます
出典 アップル – バッテリーの交換

▶使わなくなったバッテリーは?


出典 www.gettyimages.com

バッテリーをそのままゴミ箱に捨てると、環境にダメージを与えることになります。
出典 アップル – バッテリーの交換

長年活躍したApple製品とお別れする時が来たら、Appleはその素材を責任ある方法でリサイクルするお手伝いをします。
出典 アップル – バッテリーの交換

iPhoneはリサイクルするには契約の解約を行なう必要があります。iPhone取扱販売店にご相談ください。
出典 アップル – リサイクルプログラム – iPod、iPhoneリサイクルプログラム

ヤマト運輸(株)の着払い宅急便を利用し、AppleのiPodリサイクルセンターに送付してください。
出典 アップル – リサイクルプログラム – iPod、iPhoneリサイクルプログラム

iPodには宅配サービスも

Apple公式サイトにバッテリーについてこれほどの情報があることは正直驚きです。やはり、iPhoneの正しい使い方は、いろんな情報サイトを見る前に、まず公式サイトを確認するのが一番と言えるかもしれません。