「ものづくり」日本を支える中小企業庁って?




大企業は技術力で支える中小企業で成り立ち「ものづくり」日本を発展させています。そんな中小企業を支援する中小企業庁のまとめです。

中小企業庁の役割

中小企業庁 / The Small and Medium Enterprise Agency

現在事業活動を行っている中小企業、これから事業を起こそうと思っている方々を、様々な角度から支援する対策を展開
出典 中小企業庁 / The Small and Medium Enterprise Agency

中小企業を育成し、及び発展させ、且つ、その経営を向上させるに足る諸条件を確立する」を達成することを任務
出典 中小企業庁:「中小企業庁の任務」

中小企業庁の支援1:補助金


出典 www.gettyimages.com

経済産業省・中小企業庁は、中小企業の技術開発を後押しする「ものづくり補助金」として、2000億円超の予算を計上する方針を固めた。
出典 企業庁、中小支援に2000億円超−「ものづくり補助金」上限倍増2000万円:日刊工業新聞

平成24年度ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金の一次募集が行われ、1,836件の申請のうち742件が採択
出典 http://coatingmedia.com/news/archives/2013/06/post_5923.html

補助制度は中小企業がきめ細かく顧客ニーズを捉えるための試作品の開発や設備投資などを支援するもの。
出典 http://coatingmedia.com/news/archives/2013/06/post_5923.html

試作品開発や設備投資などに必要な経費について、最大1000万円(補助率3分の2)を補助する現行制度の支援上限を2000万円に引き上げる。
出典 企業庁、中小支援に2000億円超−「ものづくり補助金」上限倍増2000万円:日刊工業新聞

ただ、実現には経済産業省が例年当初予算で投じる中小企業対策費総額を上回る予算を伴うため、13年度補正での措置を視野に入れている。
出典 企業庁、中小支援に2000億円超−「ものづくり補助金」上限倍増2000万円:日刊工業新聞

支援2:経営革新等支援機関の創設


出典 www.gettyimages.com

中小企業に対して専門性の高い支援事業を行う「経営革新等支援機関」を認定する制度が昨年8月に創設されました。
出典 中小企業庁:経営革新等支援機関として新たに2,425機関を認定しました

経営革新等支援機関を認定することで、多様化する中小企業の経営課題・事業形態・事業内容への支援体制を整え、中小企業に対してより専門的な支援を行うことを目的
出典 経営革新等支援機関とは ~支援を受けるメリット~ | 愛知県名古屋市 税理士法人創経 安心と実績、専門性の高いパートナー

中小企業支援に係る実務経験が一定レベル以上の個人、法人、中小企業支援機関等を「経営革新等支援機関」として認定することにより、 中小企業に対して専門性の高い支援を行うための体制を整備
出典 中小企業庁:経営革新等支援機関として新たに2,425機関を認定しました

国が認定した経営革新等支援機関の数が、15,884機関
出典 中小企業庁:経営革新等支援機関として新たに2,425機関を認定しました

支援3:ミラサポ

中小企業庁は7月30日、中小企業・小規模事業者の未来をサポートするサイトとして「ミラサポ」を開設した。
出典 中小企業庁、中小企業・小規模事業者をサポートするサイト「ミラサポ」開設 | マイナビニュース

ミラサポ 未来の企業★応援サイト

国や公的機関の支援情報・支援施策をわかりやすく提供するとともに、経営の悩みに対する先輩経営者や専門家との情報交換の場を提供する。
出典 中小企業庁、中小企業・小規模事業者をサポートするサイト「ミラサポ」開設 | マイナビニュース

国や公的機関の支援施策・支援情報をわかりやすく提供し、一部の補助金については電子申請機能も活用
出典 中小企業庁、中小企業・小規模事業者をサポートするサイト「ミラサポ」開設 | マイナビニュース

今秋には「本格版」として運用を開始する予定。
出典 中小企業庁、中小企業・小規模事業者をサポートするサイト「ミラサポ」開設 | マイナビニュース

長引く不況にある日本が再び元気を取り戻すには中小企業の支援も欠かせませんが、中小企業庁がうまく機能することによって、技術力が促進されれば「ものづくり」日本が元気になるでしょう。大企業の下請けにもそのような技術力のある、下請け企業が支えていることを忘れないようにしたいものです。