親善試合・初若手融合チームもウルグアイに完敗!




国際親善試合。東アジア杯後、ザックは初めて若手起用するも日本はウルグアイに2-4で敗れました。

日本代表は14日、宮城スタジアムでウルグアイ代表と対戦し、2-4で敗れた。
出典 本田が追撃の直接FK弾も…日本はウルグアイに4失点完敗 | ゲキサカ[講談社]


日本の先発は以下の通り
▽GK 川島(スタンダール・リエージュ)
▽DF 今野(G大阪)、内田(シャルケ)、吉田(サウサンプトン)、酒井高(シュツットガルト)
▽MF 遠藤(G大阪)、長谷部(ウォルフスブルク)
▽FW 岡崎(マインツ)、本田(CSKAモスクワ)、香川(マンチェスター・ユナイテッド)、柿谷(C大阪)
http://p.tl/8EVf(読売新聞)

日本は新戦力の柿谷を1トップに起用。
出典 日本、反撃実らずウルグアイに2-4 – Goal.com

日本痛恨の4失点!

フォルラン・2得点

前半27分にはカウンターからフォルランに決められ先制点を奪われると、同29分にはフォルランにFKを直接決められ、立て続けに2点目を許した。
出典 香川、本田弾も4失点!ザック日本ウルグアイに完敗:日本代表:サッカー:スポーツ報知

2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会得点王の実力を見せつけた。
出典 フォルラン さすがW杯得点王の存在感、前半だけで2発 — スポニチ Sponichi Annex サッカー

スアレスにも決められる

後半7分、吉田麻也(24)=サウサンプトン=のクリアミスをフリーのスアレスが冷静に決め3点目を失った。
出典 香川、本田弾も4失点!ザック日本ウルグアイに完敗:日本代表:サッカー:スポーツ報知

ウルグアイ4点目!スアレスのゴール左へのクロスをロドリゲスが受け、川島を誘い出すと逆サイドへパス。ゴンザレスがダイビングヘッドで決めた。
出典 日本2-4ウルグアイ/詳細 – サッカー日本代表ニュース : nikkansports.com

後半14分

カバーニはフォルラン、スアレスに次ぐウルグアイの若手点取り屋FW。ウルグアイの「柿谷」と言ったところだろうか(柿谷を褒め過ぎか…。)イタリアセリエA、2012-13シーズン得点王(29点)代表は7試合で4得点。パリ・サンジェルマン所属。

コンフェデ以降7試合19失点
DFは課題だが、性質の違う大会をなぜ「ひとくくり」として報道するのか…(個人的な感想)

「今は3点4点取れなかったことを反省した方が、チームはいい方向に行くんじゃないかと、僕はそう思っています。(吉田)麻也や今ちゃん(今野泰幸)にしてもね、責任感強い2人やし、みんながここであまりネガティブなことを書かずにね、彼ら自身、反省していると思う。失点もそうだし、考えているわけなんで、今の自分たちの実力をしっかり受け止めないといけない」と、守備陣をかばった。」
出典 守備陣をかばう本田「CBは責任感の強い2人、反省していると思う」 – サッカーキング

本田は試合後こう話し、守備陣をかばった。

後半、本田FK弾、香川で2得点

左サイドの遠藤が、エリア外中央の本田へパスを送ると、ワンタッチでDFの裏のスペースへ。走り込んだ岡崎がつぶれると、こぼれ球を香川が押し込み、1点を返した。
出典 日本、香川と本田が得点も…大量4失点で南米王者ウルグアイに完敗 2013/08/14(水) 21:34:59 [サーチナ]

「あの点に関してはごっつあんですから。その前に3点取られていたっていうのはやっぱりもったいないですし。そうですね、相手も気の緩みがありましたから、あの時間帯は。だから評価しづらいし、それ以前の問題だったと思っています」
出典 香川、守備の改善を口にするも「あくまで自分たちのサッカーを」 – サッカーキング

香川は試合後、自身の得点シーンに関しては言葉少なだった。

最後まで諦めない姿勢を持ち続けた日本は何度かウルグアイのゴールに迫り、香川、本田、岡崎などが良い形からシュートを放つ場面もあったが決めきれず。ウルグアイもL・スアレスなどが機を見て川島のゴールを脅かし、最後まで守備陣は気が抜けなかった。
出典 日本、反撃実らずウルグアイに2-4 – Goal.com

先発「柿谷」はどうだったか?


33分に日本は、柿谷がハーフライン付近でボールを奪い、パスを受けた岡崎が持ち上がると、柿谷に再度スルーパスを送る。柿谷はGKと1対1になったが、飛び出したGKムスレラの好守にあう。
http://p.tl/EpS6(サーチナ)

「やっぱりチームとしてのコンセプトの中で自分が崩しに関われるようにコミュニケーション取っていければ、もっとやれるという自信というのは(ありますね)」
出典 コンフェデ主力組の中心の中、先発の柿谷「違和感いっぱいあった」 – サッカーキング

初めてともに代表でプレーする選手が多い中、違和感はなかったか問われ、「いっぱいありましたよ。」
出典 コンフェデ主力組の中心の中、先発の柿谷「違和感いっぱいあった」 – サッカーキング

特にボランチとのパスのタイミングのズレを挙げていた

「迷いっていうか、いろいろ考えながらやっていた部分も多かったんですけど、そこを言われましたけどね、『迷わんとやれ』と」
出典 コンフェデ主力組の中心の中、先発の柿谷「違和感いっぱいあった」 – サッカーキング

久しぶりの元セレッソ同僚香川、初めてとなる岡崎との連携に対しての迷い


今後の抱負を語りインタビューを締めた。

「柿谷はよくやっていた。東アジア・カップに出場したといっても、代表常連の海外組と一緒にプレーしたのは初めてであることを考えれば及第点をつけられる。自分らしさは出せていたと思うし、代表定着の可能性は示せたのではないか。」
出典 【清雲栄純のチェックアイ】柿谷に学んでもらいたい世界レベルの決定力  – MSN産経ニュース

元大宮監督、法政大学スポーツ健康学部教授清雲栄純氏

後半途中出場の豊田は
後半19分、柿谷と交代しピッチに立った。

「今日出られて、どういうプレーをして、どういう持ち方をして、ということを感じ取れたのは大きかったです。次回チャンスあれば、それを参考にしながら生かしていきたい」と、収穫面を口にした。
出典 後半途中から出場の豊田陽平「まだまだ練習していかないと」 – サッカーキング

試合後、ザックのコメント

「今日の感触としては2点差がつくほどの実力差はないと思った。2点差がつく結果と内容になってしまったが、日本と比べてそこまでの差はなかった。」
出典 ザック「厳しい戦いが唯一の成長手段」|コラム|サッカー|スポーツナビ

「しかし、今日の試合に関しては、うちのミスの多さが出た。逆にウルグアイはミスが少なく、これが勝敗を分けたと思う。」
出典 ザック「厳しい戦いが唯一の成長手段」|コラム|サッカー|スポーツナビ

「世界の強豪と言われるだけあってパーソナリティを持ったチーム、フィジカルを持ったチーム、非常に豪快なチームであり、コンフェデレーションズカップの時からいいチームだと思っていたが、今晩もこの日本でいいプレーをした」と相手を称えた。
出典 ザック監督「ミスが多く出てしまった」 – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)

試合分析しているサポーター評だけを集めてみた

個人的な感想としては、本田がCBの2人を初めてかばうようなコメントをメディアに残したことが気になる。

これは言い方を変えれば、DF以外の選手も「彼らは叩かれるだろうな」と思い始めているということ。選手が選手をかばうということは個人的には良くないと思う。

「メディアはネガティブなことを書かずに…」と言ったことも気になる。「ああ、叩くだけ叩け、ただ俺達は確実に前へ進んでいる」少なくとも南アW杯前はそう考えていた。だから良い成績を残せた。まあ本田個人が、ミラン移籍問題の渦中にあるからかもしれないが…。

選手には守りに入って欲しくない。