実は「Googleトップページ」って計算し尽くされていた

2020年10月27日




シンプルなGoogleのトップページですが、実は…。

Googleトップページ

Googleがこだわるシンプルであるということ

マリッサ・メイヤー
現Yahoo!CEO

Googleは(というか、マリッサ・メイヤーさんは)いつも「とにかくシンプルにする」と言ってます
出典 Googleから「I’m Feeling Lucky」がついに消えるらしい:海外速報部ログ:ITmedia オルタナティブ・ブログ

見やすさ、使いやすさにフォーカスする簡素化
出典 Google、検索ページやマップのデザイン変更を発表——よりシンプルに – ITmedia エグゼクティブ

Googleが掲げているコンセプト。

Googleは、同社マーケットプレイスアプリ「Google Play」を刷新した。レイアウトがシンプルになり、コンテンツが見つけやすくなっている。
出典 グーグル、「Google Play」アプリを刷新–シンプルなレイアウトやテーマ別のグループ化を採用 – CNET Japan

コンテンツを刷新するときもいつもシンプルが強調されている。

Chromecast

GoogleのChromecastの使い方はこの上なく簡単だ。テレビのHDMI端子に挿しこむだけでよい。
出典 居間の大画面に動画をストリーミングできるGoogle Chromecast―試用してみたが、圧倒的にオススメだ | TechCrunch Japan

最新のサービスの中にも「シンプル」が貫かれている。

Googleのサービスを利用する端末の多様化に対応するための弾力性
出典 Google、検索ページやマップのデザイン変更を発表——よりシンプルに – ITmedia エグゼクティブ

Googleのコンセプトの2つ目。柔軟性をもたせるのにもシンプルであることは大事。

しかし、シンプルの陰には?

川島優志氏
小さい頃にプログラミングを学んだものの大学は文系学部に入学。そして、アメリカに渡るため中退。ロサンゼルスのデザインプロダクション等を経て、2007年8月Googleに入社。現在は、アジア太平洋地域のウェブマスターチームのリーダーを務める。

「Googleのサイトは素っ気ないくらいにシンプルなので、いったいどこをデザインしているのとよく不思議がられます。デザインを見た目のカッコ良さでとらえれば、そう思うのも無理はありません。」
出典 日本独自のGoogleロゴを描く川島優志のイノベーション|【Tech総研】

「でも、ユーザーがいかに早くストレスなく目的を達成できるかを、私たちは大切にしています。インターフェースもユーザーが迷わないことだけを考え、必要のないものは徹底的にそぎ落としている。」
出典 日本独自のGoogleロゴを描く川島優志のイノベーション|【Tech総研】

「その上で、ボタンがどこの位置にあったらいいのか、大きさは、どんな色や形ならいいのか。レイアウトもそれこそ1ピクセル単位で変えて検証しています。」
出典 日本独自のGoogleロゴを描く川島優志のイノベーション|【Tech総研】

計算しつくされた結果なんですね。

追求すると…そうなるんですね。

区別のつかないところに努力が潜んでいるんですね。

「シンプル・イズ・ベスト」とはまさにGoogleトップページに良く当てはまる言葉だなと改めて思い知りました…が、シンプルの裏には、計算し尽くされた「プロの眼」が確かに存在し、ベストな状態をキープしていることを知って考えさせられました。