図書館で電子資料が閲覧できなくなった理由が切ない




IT関連の進化は歓迎される一方で、様々な問題を引き起こす。そんな問題の典型例と言えるかもしれません。

OSの刷新に置いていかれる「古い」電子資料…


出典 www.gettyimages.com

各地の図書館で、CD-ROMなどの電子媒体で保存されている資料の一部が、パソコンのOS(基本ソフト)など、デジタル環境が刷新されていく中で、見られなくなっている。
出典 東京新聞:開かずの電子資料 OS更新 図書館泣かせ:社会(TOKYO Web)

古いOSを想定して開発されているため、最新OSでは動作しないという問題が発生しているそうだ。
出典 図書館が所蔵する電子媒体、OSの更新やメディアの耐用年数経過で閲覧できなくなりつつある | IT・サイエンスその他 – スラッシュドット・ジャパン

昨年、OSを「ウィンドウズ7」に更新して以降、「資料が開けない」という問い合わせが目立つようになった。
出典 東京新聞:開かずの電子資料 OS更新 図書館泣かせ:社会(TOKYO Web)

OS刷新で「よく見れるようになる」のではなく逆に見れなくなるというのが何とも切ない…

都立中央図書館のCD-ROM閲覧コーナー
PCの画面は「Windows7」。横に立てかけてある注意書きとのミスマッチが切ない…

同館では当面の対処として、現在利用しているより前のバージョンのOSが入ったパソコンも閲覧室に置き、なるべく多くの資料が再生できるよう工夫している。
出典 東京新聞:開かずの電子資料 OS更新 図書館泣かせ:社会(TOKYO Web)

記憶媒体の劣化についていけない…


出典 www.gettyimages.com

光ディスクの耐用年数は数十年と言われており、メディア自体がダメになっているという場合も今後は発生する可能性がある。
出典 図書館が所蔵する電子媒体、OSの更新やメディアの耐用年数経過で閲覧できなくなりつつある | スラッシュドット・ジャパン ハードウェア

光メディアのバックアップについてもコストや著作権の関係で「具体的なモデルはできていない」そうだ。
出典 図書館が所蔵する電子媒体、OSの更新やメディアの耐用年数経過で閲覧できなくなりつつある | IT・サイエンスその他 – スラッシュドット・ジャパン

専門家は「電子資料を持つすべての機関に関わる問題。このままだと貴重な記録も消失する」と危惧する。
出典 東京新聞:開かずの電子資料 OS更新 図書館泣かせ:社会(TOKYO Web)

電子資料は便利な一方で、いかに長期にわたって閲覧できるようにするかについての課題が残っているようです。それにしても、幅広く、気軽に閲覧できるはずの電子資料を「古い」と形容しなければならない現状はかなり切ない。

「社会活動のほとんどが電子技術に依存する時代。デジタルデータの長期保管の問題は、図書館だけでなく、研究機関や企業も一緒に取り組むべき課題だ」
出典 東京新聞:開かずの電子資料 OS更新 図書館泣かせ:社会(TOKYO Web)

電子情報の長期保存について研究している小林敏夫氏(神奈川大非常勤講師)