Google先生が僕たちに教えてくれた「レンブラント」の秘密

2020年10月27日




レンブラント生誕407周年の記念ロゴ。この一つのロゴだけで実にたくさんの事を教えてくれるGoogle先生。最後に素敵なプレゼントがあります。

Google先生は今日僕たちにレンブラントの誕生日を教えてくれました。しかし、先生が僕たちに教えてくれたのはそれだけではないんです。ロゴをよく見てください…それは?

レンブラント・ファン・レインって?

17世紀を代表する、ネーデルラント連邦共和国(オランダ)の画家。たんにレンブラントと呼ばれることも多い。
出典 レンブラント・ファン・レイン – Wikipedia

世界三大絵画と賞される「夜警」を描いた作家
出典 レンブラント・ハルメンスゾーン・ファン・レイン 〜光と影の魔術師〜 – ねじまき鳥のみつけかた

弟子のホーホストラーテンは『夜警』を評し「展示された他の絵が、まるでトランプの図柄のように見えてしまう」と、その傑出性に眼を見張った
出典 レンブラント・ファン・レイン – Wikipedia

正しくは「フランス・バニング・コック隊長とウィレム・ファン・ライテンブルフ副長の率いる部隊」。
出典 レンブラント/幻想美術館

『夜警』(1642年)が挙げられる(画面が黒ずんでいるため、夜の様子を描いたと考えられ、付けられた名前であるが、実際には左上から光が差し込んでおり、昼の時間である)。
出典 レンブラント・ファン・レイン・エルミタージュ美術館展 10倍活用術!!エルミタージュ美術館


四方が切り詰められる前に描かれた模写。白い線の外側が現在失われた部分
http://p.tl/jwLk(夜警Wiki)

描かれてから長い年月が経ち、表面のニスが変色し黒ずんだため、夜の風景を描いた絵であるという誤った印象を与えるようになった。20世紀に入り、二度の洗浄作業でニスが取り除かれた際、絵は明るみを取り戻し昼を描いた絵であることが明らかになった。
出典 夜警 (絵画) – Wikipedia

1980年代にアムステルダム国立美術館において暴漢によってナイフで切られたことがある。12ヶ所余りを切られたが、現在では修復されている。
出典 レンブラント・ファン・レイン・エルミタージュ美術館展 10倍活用術!!エルミタージュ美術館

レンブラントの夜警 [DVD]
いったい、この絵に何が隠されているのか?
世界的名画『夜警』の謎が350年の時を経て、 今解き明かされる!
画家レンブラントの名作”夜警”に隠された謎を独自の視点から暴いた衝撃作!
(Amazon商品の説明)
映画になった事でも有名
出典 www.amazon.co.jp

自画像をたくさん描いた事でも有名

生涯を通じて数多くの自画像を描いたことでも知られる。自画像はその時々の彼の内面の変化まで伝えている。
出典 レンブラント/レンブラント ハルメンスゾーン ファン レイン 解剖学講義

レンブラント・ファン・レイン 自画像 アートギャラリー[高画質] – NAVER まとめ
年代(年齢)別の肖像画が掲載されているまとめ

絵画の特徴


出典 www.gettyimages.com

作品の一点(ないし複数の点)に暗闇に鋭く差し込むような光線が当てられ、その部分を強調すると同時に暗闇の部分を逆に強調する手法が特徴である。そのため光の画家と呼ばれることもある。
出典 レンブラント/レンブラント ハルメンスゾーン ファン レイン 解剖学講義

レンブラントは常に新たな領域へ踏み込むことに熱心であり、この頃にはエッチングに手を染め始めた。
出典 レンブラント・ファン・レイン – Wikipedia

銅版による版画・印刷技法として発展してきた歴史が長い
出典 エッチング – Wikipedia

最後にもう一度よく見てみましょう

今日のGoogleロゴは、レンブラントが1659年に描いた自画像をモチーフにしたものと思われる。
出典 今日のGoogleロゴはレンブラント・ファン・レイン生誕407周年(MdN Design Interactive) – エキサイトニュース

自画像(53歳)


数多くの自画像を描いたということ、「夜警」のような左上からの光の差し込み、「光の画家」といわれるようになったその特徴的な描き方、エッチング銅板に刻まれた「Google」の文字。
一つのロゴから多くの意味を伝えてくれる。さすがはGoogle先生です。

「…そんなGoogle先生が僕たちにプレゼントをくれた」

レンブラント・ファン・レイン – Google Cultural Institute
Googleアートプロジェクトによって見ることのできるレンブラント作品。