【ウィンブルドン速報】クルム伊達公子、錦織圭共にストレートで初戦突破!




注目のクルム伊達公子と錦織圭は共に危なげない試合運びで初戦を突破しました。試合前から試合後のインタビューまでまとめてみました(その他の日本人の結果は最後に)

大会へ向けて

クルム伊達公子(エステティックTBC)は84位
出典 【女子テニス】森田が50位、クルム伊達は84位 世界ランク – MSN産経ニュース

「2年前のヴィーナス戦で見せたようなスピードとパワーだけではなく、ボレーもうまく使ったり、ここでしかできないテニス、私にしかできないテニスをしたい」
出典 クルム伊達「私にしかできないテニスをしたい」<WOWOWインタビュー> – テニス365 | tennis365.net

復帰後はスタミナという課題を抱えているだけに、24歳も下の選手と長い勝負には持ち込みたくない。
出典 テニス「WOWOW TENNIS ONLINE」|WOWOWオンライン

試合内容

第1セットは7ポイントしか許さず、6-0で圧倒した。経験の浅い相手はサーブが入らず自滅し、ショットも力任せでミスを連発。
出典 時事ドットコム:初陣18歳を寄せ付けず=クルム伊達、隙なし完勝−ウィンブルドンテニス

「若い選手は勢いがつくと怖い。とくに一方的にリードしている方が流れが変わることがある」
出典 朝日新聞デジタル:わずか44分、24歳年下に圧勝 クルム伊達が初戦突破 – スポーツ

第2セットでは、初めてブレークされた直後の第7ゲームで力を込めた。積極的にネットへ詰めてボレー、ドロップショットで主導権を握り、ブレークバック。
出典 時事ドットコム:初陣18歳を寄せ付けず=クルム伊達、隙なし完勝−ウィンブルドンテニス

同193位で予選勝者のビットヘフト(18)に全くテニスをさせず。わずか44分で6-0、6-2で圧勝した。
出典 伊達、圧勝で初戦突破/ウィンブルドン – テニスニュース : nikkansports.com

試合後のインタビュー

「ほぼ完璧に近い。求めていた形になった」
出典 時事ドットコム:初陣18歳を寄せ付けず=クルム伊達、隙なし完勝−ウィンブルドンテニス

「思いの強い大きな舞台で、ほぼ完璧に近いプレーができた。球の弾まない芝をうまく使い、相手のパワーを利用して(打ち返す)自分らしいプレーを出せた」
出典 クルム伊達、2年ぶり勝つ/ウィンブルドン – スポーツ – SANSPO.COM(サンスポ)

1回戦突破で、自身が持つ歴代2位の年長勝利記録を更新した。勝てば常に年齢の話題がつきまとうが、「テニスは心のスポーツ。パワーやスピードだけでなく、豊富なショットも必要」。誇らしげに言った。
出典 時事ドットコム:初陣18歳を寄せ付けず=クルム伊達、隙なし完勝−ウィンブルドンテニス

錦織圭

世界11位の錦織圭(23=日清食品)
出典 錦織3-0初戦突破/ウィンブルドン – テニスニュース : nikkansports.com

フランスのスポーツ紙『レキップ』が掲載した若手特集でも、錦織は「近い未来のトップ5」として大きく取り上げられている。
出典 http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/tennis/all/2013/columndtl/201306250004-spnavi

「次の目標はベスト8入りかベスト4入りです。ウィンブルドンではまだ到達したことがないので。」
出典 トップ10目指す錦織「目標はベスト4」<ウィンブルドン> – テニス365 | tennis365.net

迎えるエブデンは、昨年の全豪オープン2回戦で2セットダウンからの逆転勝ちという苦戦を強いられた相手。ミスなく安全にラリーをつないでくる嫌なタイプ
出典 テニス「WOWOW TENNIS ONLINE」|WOWOWオンライン

「1回戦にしてはタフな相手という印象もありますが、芝ということを考えてもタフな一戦になると思いますね。エブデンも1週間くらい前に(芝の下部大会で)優勝していますし、芝でのプレーというのも分かっていると思います。難しい1試合目になると思います。」
出典 錦織圭「芝は難しい」 勝負の鍵はサーブ|コラム|テニス|スポーツナビ

試合内容

序盤から持ち味のフォアハンドが正確に決まり第1セットを6-2、第2セットを6-4で奪いました。
出典 錦織 ウィンブルドン2回戦へ NHKニュース

第3セットの第8ゲームで初めてブレークされたが、表情は変わらなかった。直後のゲームで3ポイントを連取して相手を追い詰め、3度目のブレークポイントを物にして一気に幕を引いた。
出典 時事ドットコム:錦織、示した気概=格下にくっきり力の差−ウィンブルドンテニス

マシュー・エブデン(豪)に6―2、6―4、6―3で勝ち、2年連続初戦を突破した。
出典 中日スポーツ:錦織、添田、伊達が初戦を突破 ウィンブルドン、森田は敗退:スポーツ(CHUNICHI Web)

試合後のインタビュー

「打つ球がほとんど深く入って、付け入る隙を与えないプレーをできた」
出典 時事ドットコム:錦織、示した気概=格下にくっきり力の差−ウィンブルドンテニス

「リターンが良くて、プレッシャーをかけていけた。打つ球が深く、ずっと攻める展開を続けられた。サーブも良くなってきて、いいリズムでできた」
出典 錦織、2年連続初戦突破/ウィンブルドン – スポーツ – SANSPO.COM(サンスポ)

その他の日本人の試合


添田豪はアンドレアス・ハイダーモイラー(オーストリア)を7―6、7―5、6―1で破り、2年連続で2回戦に進出。
http://p.tl/_PrT(中日スポーツ)