「個室ベッドにシャワー!」まるでホテルのような【エミレーツ航空】




「こういう飛行機に一度は乗ってみたい!」の代表的存在です。文句の付けようのないできは圧巻です。

エミレーツ航空とは?

アラブ首長国連邦の大手航空会社
出典 エミレーツ航空=ドバイ—東京・羽田を開通=乗換10時間、ホテルは無料

(今年6月)3日、東京・羽田―ドバイ間直行便の運行を始めた。関西、(2002年)、成田(10年)両国際空港に次ぎ3本目の路線となる。
出典 エミレーツ航空=ドバイ—東京・羽田を開通=乗換10時間、ホテルは無料

有名クラブのスポンサー
エミレーツ航空はレアル・マドリードと2017-18シーズン終了までの5年間にわたり、クラブのユニフォームスポンサーを務める新スポンサー契約を締結。
http://p.tl/yjFh (サッカーキング)

2013年秋シーズンから北米サッカーリーグに復帰するプロサッカーチーム「ニューヨーク・コスモス」とユニフォームスポンサーの契約を締結
http://p.tl/LQ90 (トラベルビジョン)

2012-13シーズン、リーグ・アン王者のパリSGとのスポンサーシップ契約を2018-19シーズン終了まで5年間延長
http://p.tl/FBIT (サーチナ)
出典 www.gettyimages.com


エミレーツは豪華な機内サービスやきめ細やかな対応等、多岐にわたる分野で400以上の賞を受賞しており国際的にも評価が高い。
http://p.tl/I5hh(ニッケイ新聞)

圧巻なのは「エアバスA380」ビジネス、ファーストクラス

機内にバーラウンジがある
眠れなかったり、ちょっと小腹が空いたりしたら、ここにやってくればOK! 
カップラーメンやサンドイッチ、チョコレートなどおいしい軽食やお酒などのドリンクがもらえるし、気さくでフレンドリーなスタッフとフランクにおしゃべりができるので、本当にバーみたいですよ!

天井がプラネタリウムに
しばらくして機内が暗くなると、天井に変化が。なんと星が出ているのです。
なんともかわいらしい演出。
明るくなる時もまるで夜明けのよう。

個室のような座席
非常にうまく配置されているので、隣の知らない人とほとんど目が合わない設計。
まるで個室みたいです。
二人用個室になる席と、1人用個室になる席があります。

座席がマッサージチェア、ベッドになる
マッサージシステムが仕組まれていて、手元の操作で利用することができます。
しかも機内が暗くなる前にフライトアテンダントの方々が、敷き布団をしきにきてくれます。
ファーストクラスの座席は完全フラットのプライベート・スイートに、ビジネスクラスの座席もフラットベッドになるので、ぐっすり眠れます。

シャワールームもある
最もすごいのはシャワー! 
さすがはファーストクラス専用シャワー、「ものすごく狭くてお手洗いがシャワーになったようなものなんじゃない?!」という記者の想像を裏切り、かなり広々。
シャワーが付いている飛行機はプライベートジェットでもほとんどないそうなので、ここでシャワーをしたら一生の思い出にできそうです。

座席スクリーンはUSBを挿せる
USBの内容を座席スクリーンに映し出せる機能。
ビジネスマンだったら機内で商談をするとか、そういう使い方もできる
旅を目一杯楽しんだ後の帰りの飛行機で、旅行中にこっそり編集した旅の写真付きのプロポーズスライドとかを見せて、サプライズ・プロポーズすることもできちゃうわけです。
http://p.tl/S_3C (以上Pouchからの引用文)

飛行機のなかにシャワーやバー!! まるでホテルのような「エミレーツ航空」のエアバスA380内部に潜入してみた! | Pouch[ポーチ]

国際線 – 航空券予約 – エミレーツ航空 – エミレーツ航空日本
公式サイト