梅雨時期は特に注意!【降り始めの雨】の悪影響




特に降り始めた雨が体に悪影響を及ぼすことがあります。

雨のち、汚れ


梅雨といえば、来る日も来る日も雨、雨、雨。ぱらぱらくらいのちょっとした雨なら、たいして濡れないだろうと傘をささずにすませてしまうなんてこともあります。
出典 www.gettyimages.com

実は降り始めの雨には、空気中にあるホコリなど、いろいろな物質が取り込まれているんです。毎日の雨に慣れてしまい、「ちょっと濡れるだけだから」なんて軽い気持ちで雨に当たると、頭皮に汚れを受けてしまうことに……。それが、毛穴を痛める要因となってしまいます
出典 こんなに悪いぞ、この季節のいいかげんケア! 薄毛のための梅雨時ヘアケア指南 [男のヘアケア] All About

実は降り始めの雨には、大気汚染物質や花粉、土埃などさまざまな汚染物質が含まれています。これらの汚染物質は雨に吸収されて落下してきますから、降り始めの雨が一番汚れているのです。
出典 股動整体師協会よりのお知らせ: 降り始めの雨

特に有害なこと

雨は降り始めの時が酸性が強く、だんだんと弱くなると聞きましたが本当なのでしょうか?
本当です。
出典 気象庁 | 黄砂・酸性雨について

気象庁のホームページより

酸性雨のしくみ
空気中の二酸化硫黄や窒素酸化物などの酸性物質が溶け込んだ雨が酸性雨ですが、雨の元になる雲が出来る段階で、雲粒の核として酸性物質が溶け込むという仕組みと、雨粒として雲から落ちてくる途中に、空気中に漂っている酸性物質を取り込むという仕組みの二つが合わさって酸性雨になります。二つ目の仕組みは、空気中の酸性物質を雨で洗い流すようなものですから、降り始めほどたくさんの酸性物質が含まれて酸性も強くなります。

だから、酸性雨の恐れのあるときの雨には降り始めには濡れないようにしましょう。時間が立てばよほど強力な酸性雨でなければペーハー値は落ちてきますから。
出典 降り始めの雨には濡れてはいけない

この中には放射能で汚染された物質も含まれていますから、降り始めの雨こそ傘をさして、汚染物質から体を守る必要があります。
出典 股動整体師協会よりのお知らせ: 降り始めの雨

雨に濡れて大丈夫!?
専門家による雨と放射能の関係と対策。

降り始めの雨対策


出典 www.gettyimages.com

携帯用の傘は出しやすいところにしまい、雨が降り始めたらすぐにさしましょう。
出典 降り始めの雨は、体に悪い。 | 健康Q&A<健康>


出典 www.gettyimages.com

もしも降り始めの雨に濡れてしまったら、早めに水道水のシャワーを浴びて、上着などは水道水で洗濯した方が良いのではないでしょうか。
出典 降り始めの雨:イザ!


出典 www.gettyimages.com

「肌が濡れた場合、放射性物質が肌に付着し、微量とはいえ被曝することになります。傘の他にも念には念を入れレインコートを用いるなど、雨に直接触れない予防をするべき」
出典 ホットスポットで、雨に濡れて大丈夫!?:イザ!

琉球大学名誉教授・矢ヶ崎克馬氏

「放射性物質は特に髪の毛に付着しやすい。雨に濡れた場合は、帰宅後すぐに髪を洗ったほうがいいでしょう。特に子供は背が低いため、放射能にさらされやすいので、雨に濡れなくても洗髪するなど注意が必要です」

日本大学歯学部アイソトープ共同利用施設専任講師・野口邦和氏