将棋の【羽生・森内・佐藤】が駒ではなくトラックに囲まれた話




ネットでは「日光いろは坂ドライブ秘話」として語り草になっています。

森内名人と佐藤王将はライバル同士です。
歳は佐藤王将の方がひとつ上ですが、どちらも羽生世代と呼ばれています。
出典 棋士はカワイイ! : 森内俊之名人と佐藤康光王将

将棋界に新風を吹き込んだ(当時は研究は一人で行うのが普通であった。)。中でも、羽生善治・佐藤康光・森内俊之が参加していた「島研」(1986年(昭和61年)頃から1990年(平成2年)頃まで)は伝説的研究会といわれる。
出典 島朗 – Wikipedia

ライバルであり同じ研究会のメンバーでもあった3人

純粋なるもの―トップ棋士、その戦いと素顔 (新潮文庫)
この本の中で島さんもその事件を執筆しています。
出典 www.amazon.co.jp

事件は羽生さんが初めて7冠に挑戦した(王将戦)日に起こった


王将戦は冬まっさかり。
当時、2人は観に行くため佐藤さんの車で中禅寺湖の開催会場へ向かう。
佐藤さんはこの時免許取立て、しかも途中カーブの多いことで有名な日光のいろは坂は雪道凍結で、佐藤さんはチェーンを用意していなかった。
慎重派の森内さんは日光駅に車を置いてバスかタクシーで会場入りを要求。
佐藤さんは大丈夫と応戦するも、形勢は森内さん。
結局、2人は日光の駅の駐車場でバスに乗り換えて、日光中禅寺湖の会館へと向かった。

紅葉 in 日光 【いろは坂/中禅寺湖編】(中禅寺湖・戦場ヶ

トラックに囲まれた事件の始まり

対局が予定より早く(夕方)終わり、その日のうちに帰りたそうだった羽生さん、
佐藤さんの車で東京に帰ることを決断。
「佐藤さんの乗り捨てた車まではタクシーで安心していた」と森内さん
そこからが事件の始まりでした。(以下は島さん談)

東北道は雨でもすごいスピードで飛ばすトラックが多い。
最初のうちは三人で楽しく話をしていたが、
やがて佐藤の顔が硬直してきた。
それに気づいた羽生は、
「佐藤くん、高速は初めてじゃないよね」
「いや、夜、運転するのは初めてなんだけど……」
出典 Shogi Time Shift » Blog Archive » 佐藤康光、羽生善治、森内俊之のドライブ

盤上で端歩一つ突くのにも
慎重に何十分も考える佐藤のことを思うと、
信じられない運転だ、
と羽生と森内は愕然とした。
出典 Shogi Time Shift » Blog Archive » 佐藤康光、羽生善治、森内俊之のドライブ

どうにか何事もなく夜中に東京に着いたのだが、
羽生が佐藤の車に乗ったのは、
現在のところ、この時が最初で最後になっている。
出典 Shogi Time Shift » Blog Archive » 佐藤康光、羽生善治、森内俊之のドライブ

3者の言い分


佐藤康光が語る


羽生善治が語る


森内俊之が語る

つまり
・免許取り立て
・長距離ドライブ
・夜の運転はじめて
・いろは坂
・雪
・チェーンなし
免許取り立てで、友達とドライブしたいのはわかりますが、
佐藤康光先生の無鉄砲ぶりが恐ろしい。
出典 Shogi Time Shift » Blog Archive » 佐藤康光、羽生善治、森内俊之のドライブ